2020年2月 8日 (土)

KATO旧115系をさらに可愛がる

年末にブログを更新して以来、更新が途絶えたまま1月が終了していました。

仕事もさほど忙しかったわけではないのですが、その分昨年できなかった模型いじりに精を出しておりました。

ここしばらくいじり続けているKATO旧115系ですが、さらに進化しました。

色々調べたところによると、高崎線の115系は上野方から7+4+4両の最大15連で運用されていたようです。

今回再現するのは7+4の11連です。

しかも付属4連はサハとクモハが入った上野近辺ではあまり見かけなかった編成です。

写真や動画を見る限り、高崎方となる先頭車に貫通幌とジャンパー線が付いていますのでこれを表現してみました。

Img_0095

高崎方の先頭車となるクモハ115です。

加工は簡単で、貫通幌は手元に余っていた幌をゴム系接着剤で接着しました。

ジャンパー線は、近年カトーから分売されているパーツを使う手もありますが、今回は車体側についている3つの栓を活かし、これにピンバイスでΦ0.3㎜の孔を開けてステンレス線をぶら下げ接着しました。

とりあえずここまで加工が済んだ状態が上の写真です。

 

Img_0098

ステンレス線の固着後、実物の写真を参考にしてステンレス線を曲げて黒く塗装すれば出来上がり。

ジャンパー線の長さが揃っていないところはご愛敬ということで…。

コレだけでもグッと雰囲気が良くなるものです。

4両の先頭車を並べてみました。

Img_0104

左が上野方の先頭車、右側が高崎方の先頭車になるよう、順番に並べています。

細かなことを言うと、左と左から3番目の先頭車の栓は必要ありませんので、削り取るのが正解です。

緑色の塗料が手元になかったので、現時点では未施工となっています。

中間に閉じ込められる基本7両編成の先頭車にも貫通幌を取り付けています。

しかし、ジャンパー線はカーブで障害となるため取り付けていません。

ヘッドライトについても、中間に来る2両についてはLED化せず豆電球のままです。

上野方先頭車の屋根はウエザリングを濃い目にしています。

屋根の緑色の部分が他車と違って汚れています。

行き先表示のあるなしなども加わって、4車4様の顔付きになりました。

Img_0108

この時代のカトーの115系は先頭車同士を連結するのに台車の交換が必要となります。

さらに台車側にスカートを取り付けて、カーブでスカートも首を振るという完全に昭和の仕様…。

機能性に徹する考えとしては間違いではないと思うのですが、令和の世にさすがにそれはどうなんでしょう?

ということで、手元にあったトミックスのTNカプラーに無理やり換装してみました。

結果は上の写真のとおりで、結構いい感じに連結できています。

というより、模型としては間隔が狭すぎか?と思えるほどになりました。

反対側の先頭車にも幌を付けていたら完全にアウトでしたね。

両面テープとゴム系接着剤を併用して無理やり取り付けたTNカプラーですが、今のところ強度的にも問題ないようです。

完成したわけではありませんが、11連としてレイアウトデビューさせてみました。

Img_0109

屋根を汚した手前の7連と綺麗なままの奥の4連の違いが目立ちます。

それにしても、11連は長いです。

11連ですが、1モーターで難なく勾配を登り切りますから、古い製品とは言っても当時のカトー製品の動力性は素晴らしいと思います。

まだまだ進化するカトーの旧115系。

近年の仕様には遠く及びませんが、どこまで寄せられるかな?

引き続き、もうちょっと頑張ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

KATO旧115系を可愛がる

気が付けば今年も今日で終わりです。

11月中旬まで忙しすぎた私は、1年ぶりに10連休というまともな休暇を楽しんでおります。

実は1年数か月前にやりかけの作業がありました。

それがKATO旧115系の再生作業でした。

基本編成の屋根の塗装あたりまでは済んでいたのですが、諸般の事情があり作業中状態が続いていました。

12月初旬から、少しですが作業を復活させてみました。

この製品でまず気に入らないのはヘッドライトの暗さ。

正真正銘の豆電球ですから仕方ないのですが、色々なメーカーからLEDタイプのヘッドライトユニットが発売されていますので換装してみました。結果は下の写真の通りです。

Img_2662

左が換装後、右は豆電球のまま。

肉眼で見ると、写真以上の見栄えの差があります。

続いては、ドア下の靴ズリの塗装と戸袋窓および側ドア窓縁のグレー塗装を行いました。

旧製品の中でも初期の製品は、戸袋も側ドア窓も縁が銀塗装になっており不自然なんです。

これを削り落としてグレー塗装したものがしたの写真。

Img_2656

目立つところでは何のですが、よく見るとわかります。

それより目立つのは、ドアの靴ズリの銀塗装ですね。

トミックス以外では塗装されているのがほぼ標準仕様というこのご時世です。

このグレー塗装と銀塗装については、ガンダムマーカーを使用しました。

匂いが控えめで大変助かります。

 

続いて内部の塗装を室内灯の設置とセットで行いました。

室内の配色については、ネット上に散見される写真と自分のいい加減な記憶をあてにしております。

そのため、正確ではありません。あくまでも自己満足の世界です。

が、基本的には落成時の室内の雰囲気に近づけたいと思っております。

Img_2669

上の写真のように、テキトーに塗装しています。

室内灯を点灯した時に目立つのは座席と床のはず。

特に座席は目立つので、極論から言えば座席さえそれなりに塗装してあれば雰囲気はつかめるはずなんです。

車体を被せて室内灯を点灯させると下の写真のような感じになりました。

Img_2673

いいんじゃないか、これで。と、勝手に自己満足の世界に浸る私。

ちなみに、床はグレー、座席はブルー、座席側面背面はよもぎ色を使用しました。

床と座席の塗装には、ここでもガンダムマーカーを使用しました。

塗装のにじみがあったところで、ほとんどの人には分かりませんからね。

雰囲気重視ならこれで十分だと割り切っています。

忘れましたが、室内灯はグランライトプレミアムのナチュラルホワイトを使用しています。

H・Lの切り替えが可能ですが、実車の雰囲気を重視して通常はL(減光)側にしています。

レンタルレイアウトなどの場で自己主張をしたい時にはH側に切り替えればイイやと思っておりますが、その機会があるかは不明です。

これを夜景で見ると、下のような感じです。

Img_2670

写真ではわかりにくいのですが、明るすぎない雰囲気が大変気に入っております。

Nゲージの室内灯はLED化された時にかなり明るくなってしまいました。

私もそれが正しいものとばかりずっと思っていたのですが、ここ数年電車通勤をするようになってそれが間違いであることに気付きました。

メーカーなどから発売されている室内灯は明るすぎです。

実車であんなに明かすくされたら、眩しくて乗っていられたものではないでしょうね。

私が理想とする室内灯は、日中の走行であれが『少し室内が明るいかな』と外から眺めてギリギリわかる程度で、夜間走行ではきちんと明るいことが分かるぐらいの照度です。

この点、グランライトプレミアムは丁度よいと思っており、最近はこの室内灯を好んで使いようになりました。

 

とまあ、年内は115系7両基本編成の工作で精いっぱいです。その他にも夢空間再生も並行してやっております。

115系については、付属4両も残っているのですが、こちらは年明けのお楽しみとしておきます。

 

とりとめのないお話にお付き合いいただきありがとうございました。

皆さんも、どうぞよいお年をお迎えください。

 

| | コメント (2)

2019年11月25日 (月)

トミックスDD51動力換装

動力換装、と言えば聞こえがイイですが、単に『調子悪いからモーター交換!』と言うことです。

Img_2620

 

 

 

 

 

 

 

北斗星系牽引用に2両在籍するトミックスのDD51JR北海道カラー。

1両は北斗星JR北海道仕様Ⅱに付属していた車両で、数年後に重連用としてもう一両購入しました。

最初に当初から在籍していたDD51の調子が悪くなりました。

走って止まってを繰り返した挙句ショート、といういつものパターン。

しまいには、完全に動かなくなってしまいました。

続いて2両目も数年後に同じ運命をたどりました。

修理に出そうかなあ、と思ってネットで色々調べると、出るわ出るわの同じ症状…。

この車両で使用されているM-9モーターがどうやら粗悪品らしいですね。

モーター丸ごと洗浄している人や、論文をメーカーに送り付けて戦っている人とか、世の中色々な人たちがいるものです。

電気的知識に疎い私ですが、これでも一応理科系大学卒です。

先に記した欠陥モーターである旨の論文はおそらく内容が正しいのだと思われます。

でも残念ながら、分解して清掃する技術もありません。

今できる最善の策は、分解清掃してダメならモーター交換以外には考えられませんでした。

そこでまず分解。

Img_2623

先日の485系もひどかったですが、今回も中華油がコッテリ・べっとりです。

ダイキャストの部分を通り越えて、サイドのラジエーター?の部分まで流出している状態でした。

本当にここまでグリス塗って出荷する意味ありますか?トミックスさん!

更に分解してみます。

Img_2625

シャフト~ウォームギアにかけては悲劇的なコッテリ状態。

これでよく走っていたなあ、と逆に感心してしまいましたよ。

モーターまわりを清掃して、通電テストを行ってみましたが、完全にご臨終でした。

Img_2627

M-9モーターは、つい先日に2個購入していました。

485系の分解清掃前にイヤな予感がしていたからです。

写真の上のモーターがご臨終のもので、下が新品のモーター。

見た目は変わらないのですけどね。

モーターを変えるついでに、ライトユニットも交換しました。

クリエイト工房の製品で、単に載せ替えるだけの簡単作業!

片側のLEDの数が2灯になっているので、明るくなるはずです。

Img_2628

2両の整備が終わったところで試運転。

Img_2629

多少のスピード差はありますが、重連運転は何とかこなしてくれそうです。

連結順序は固定としていますので、先頭に来る車両はライト交換車としています。

トミックスのDD51のライトは本当に暗いですが、写真のように明るくなりました。

機関車の後ろに続くのは特急つばめの13両編成の客車。

北斗星12両より1両多い編成を牽いて坂道を駆け上がりましたから、牽引力も確保されていることも確認できました。

ひとまずは、メデタシと言うことで。

 

今回の教訓。

トミックスのM-9モーターは、想像以上に評判が悪いみたいですね。

数年前にキハ182がダメになった時もM-9モーターで症状が全く一緒でした。

近年の製品に非常に多く使用されているようで、私も多く所有するキハ183系・キハ40系・485系などが該当します。

というより、大半がM-9モーター使用のようです。

ということは、さらに予備のモーターを用意していなければならないということなのでしょうね。

同じトミックスでも昔の製品のモーターは今でも平気で動いています。

見た目は良くなっていますが、性能は退化しているということなのでしょうか?

これなら、競合車種はカトーを購入したほうが安心できるということになってしまいますね。

コアレスモーターがこれからの標準になるみたいだけれど、品質を信用してしてよいものやら…、不安ですね。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

トミックス485系が不調になりました

数年前に購入した485系RED EXPを室内灯取り付けのために久々に引っ張り出してきたのですが、

レイアウトを数周回っただけで動かなくなり、パワーパックに赤ランプが灯りました!

 Img_2612

 

 

 

 

 

 

 

こいつがその動力車。まあ、とりあえず分解清掃してみましょう。

Img_2615

分解前から予想はしていたのですが、粗悪な中華油がコッテリです。

この夏の暑さもあって、あちこちで溶けて流れ出してしまっていました。

更に分解してみましょう。

Img_2616

モーターとシャフトを取り出してみました。

シャフトの周りに白っぽく見えるのがグリス。

ここまで塗りたくる必要があるのだろうか?

カトーの動力を分解しても、こんなにグリスが付いていることはないと思うのですが、

何のために付けているのやらさっぱり不明です。

あまりにもはみ出し過ぎているグリスはすべて除去。

座面裏に付いた集電金具にもグリスべったりだったので、綺麗にふき取り接点改良剤を塗布しておきました。

これで組みなおせば走るはず…。

結果は良好で、新車の走りが蘇りました!グリスを除去しても異音も発生しませんし、ギクシャクした動きもありません。

過去の経験からも、トミックスとマイクロエースの車両は夏を過ぎると調子が悪くなる傾向がありました。

車両の保管場所にもよるのかも知れませんが、暑さでグリスが溶けだし、それが電気的に良くないのではないかと思います。

この辺、もう少しメーカーの方でも考えて欲しいものです。

この車両への室内灯の取り付けの話は、諸般の事情で別の機会にいたします。

時間が余ってしまったので、はこだてライナーに手を加えました。

Img_2618

連結器をTNに全車交換し、室内灯を取り付けました。

この写真では室内灯が点灯しているかわかりにくいですが点灯しています。

室内灯にはグランライトプレミアムの白色を採用しました。

点灯モードの切り替えがあり、明るさをH・Lの2段階で切り替えることができます。

実車の明るさを考えるとLモードが適しているようで、私もこちらの方が明るすぎないため好んで採用しています。

レンタルレイアウトなどで、室内灯の存在を強調したい場合にはHモードにすればよいので、その時の気分で使い分けが可能です。

組み込み手間は多少増えますが、純正品に比べ安価であること、室内の隅々まで照らせること、コンデンサー付きでちらつきが少ないこと、明暗切り替えが可能などの利点を考えると、私のもとでは今後この室内灯が主力になっていくのかなと感じています。

| | コメント (2)

2019年10月27日 (日)

ナハネフ22を助けてあげて!

突然ですが、ナハネフ22の話題です。

下の写真の車両です。以前、このブログで取り上げた私の所有車両の写真です。

Image Img_7535-2   

 

 

 

 

 

ナハネフ22は最後部が特徴ある丸いアタマになっております。

Img_7536

あさかぜなどのブルトレの最後尾を優雅に飾ったこの車両が、九州のとある公園に保存されているらしいのですが、

これがもうボロボロ…。

この車両をなんとか修繕し保存しようとして、クラウドファンディングで協力を求めている方がいます。

目標300万円に対し、本日時点で210万円。残り33日で90万円、何とかしてあげたい!

当然私も、少額ですが協力させていただきました。

興味のある方は、READYFORのサイトでプロジェクトの詳細をご確認ください。

鉄道ファンの方、特にブルトレファンの方、ご賛同いただける方、お財布の方からほんの少しで結構です。

御一考の上、ご協力いただければ幸いです。

 

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

カトー 小田急ロマンスカーが入線しました

超久々の更新です。

忙しすぎです。

今更ですが、小田急ロマンスカーが入線しました。

結構前に入線していたような気がしますが、ブログに挙げていませんでした。

他にもそんな車両があります。

Bb748f01395e42f282d260414afcc9c9  

数年前にはレジェンドシリーズとして登場時のタイプを購入していますが、今回は冷房増設後の姿です。

多くの人が共感出来る形状ではないかt思います。

見た目も走りも良いので、良い買い物をしたと思っております。

ぜひ室内灯を点けて楽しみたいものですが、連接車の集電能力ってどんなものなんでしょうかね?

1台車で1つの室内灯を安定して点灯させることは難しい気がします。

そうなると、新世代室内灯の出番になってしまうのでしょうか?

そうすると、予算が結構かかってしまうことになりますね。

うーん、悩ましいです。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

トミックス キハ183系2550番台をさらにグレードアップしてみる①

ここ数年にわたって時々いじり続けているキハ183系2550番台。

最新の製品と比較すると、まだ見劣りする箇所があることは事実であり、その差をいかに詰めていくのかがまた面白いところであったりします。

今回もひたすらグレードアップ!ということで、まずはヘッドライトのLED化から。

Img_2337 

左はライトユニット交換後、右は交換前。

違いは一目瞭然です。豆電球はやはり暗いです。

トミックスから交換パーツとして発売されているLED仕様の基盤に交換するだけのお手軽改造です。

これでやっと、昭和の光から令和の光になりました。

でもいいことばかりではないんですね。

見ての通り、製品の構造上ヘッドマークの縁の部分まで輝くようになってしまいました。

実車ではありえない状況なんですが、分解してみてもよい是正方法が思い当たらなかったので、

とりあえずこのままにしておきます。

続いては、貫通幌の取り付けです。

キハ183系2550番台が発売された当初は、貫通幌がまだついていないのが当たり前の時代でした。

Img_2349

手元にあったグリーンマックスの貫通幌をとりあえず付けてみました。

よく見ると、幅が狭くて合っていませんね。

連結して編成にしてしまえば、ほぼわからなくなりますので細かいことを気にするのは止めましょう。

これでまた少しですが、現代の製品に近付きました。

次は室内灯をグレードアップしたいと思いますが、ブログの更新も含めていつになることやら…。

 

| | コメント (3)

2019年8月18日 (日)

近況報告

残暑お見舞い申し上げます。

去年もそうでしたが、今年も暑すぎです。

気が付けばお盆も過ぎました。

前回の更新は5月18日ですから、約3か月空いたことになります。

サボっていたわけではなく、忙しすぎで鉄道模型どころではなかったから。

それでも細々とやってはいたのですが、ブログにアップする余力は私にはもう残っていませんでした。

お盆休みも。昨日と今日だけ…。どこにも遊びに行けません。

今日、久々に運転してみました。

Img_2415  

部屋の明かりを落として夕闇の雰囲気です。

左から、185系踊り子号、小田急GSE、東武スペーシアを出動させてみました。

なぜこの車両達を引っ張り出したかには意味がありまして、

踊り子号で伊豆の温泉に行きたかったなあ・・・

ロマンスカーで箱根の温泉に行きたかったなあ・・・

スペーシアに乗って鬼怒川温泉に行きたかったなあ・・・

という、怨念にも似た意味がこもっております。

今年に入ってから、どこにも遊びに行ってません。

埼玉と東京を毎日往復しているだけです。

Img_2418

反対側から見ています

それぞれ室内灯をつけているのですが、185系とスペーシアはトミックス純正の室内灯でGSEはグランライトの電球色を付けています。

グランライトは明るすぎですね。

これだけ明るい列車であれば、ホームの照明はいらないです。

実物らしい照度となれば、トミックス純正室内灯の方が正しいような気がします。

模型映えするのはグランライトでしょうけどね。

レイアウト製作も遅々として進みません。もうとっくに完成していてもおかしくないのですけどね・・・。

11月ごろまでは、このままの状態が続きそう。

早く自由になりたいです。

| | コメント (2)

2019年5月19日 (日)

グリーンマックス 西武新2000系に手を加える

5月初の連休を取ることができました。

3月ごろに手を加えた西武新2000系についてアップします。

まずは、手を加える前の状態。

Img_2070_1

まあ、コレでもソコソコの雰囲気です。

一応、優先席・行先表示・乗務員室のステッカーを貼っています。

でも、本物の車両と比べると何かが足りないです。

そこで、その何かを加えてみました。

Img_2077_1

その何かは、ドア窓のドア挟まれ(引き込まれ?)注意の表示です。

某社のインレタを貼り付けました。何が書いてあるのかわからないぐらいのレベルの品物ですが、

そこに何かが貼ってあること自体が大事なんだと思います。

数が多いですから、小さなインレタでも結構目立つものです。

そしてよーく見ると気が付くかもしれませんが、優先席のシールも現在使用されているものに交換しています。

GMのシールは以前使われていたものなんでしょうか?いつも乗っている西武線の電車では見かけません。

6両に施工し、レイアウトで走行!

Img_2120_1

戸袋窓まであって、もともと賑やかな側面の雰囲気を持つ西武新2000系ですが、

今回の施工でさらに賑やかさを増した気がします。

ちなみに、6両編成の各停本川越行きは先日のダイヤ改正でなくなってしまいました。

国分寺~本川越間を往復していた列車だったのですが、東村山駅の工事にともなって休止だそうです。

本線上では6連の各停は見られないようですが、東村山~国分寺間ではいつも通り走っていますので、

6連運用の2000系に興味のある方は早めに撮影された方が良いでしょうね。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

トミックス185系200番台に魂を入れる

忙しい、忙しすぎる。

4月があっという間に過ぎていました。

今年のゴールデンウィークは休みが飛び石で3日しかありませんでした。

どこにも行けず、何もできず…。空しいです。

その3日間のうち、2日間で何とか鉄道模型をいじることができました。

『魂を入れる』とは大げさな言い方かも知れませんが、車両にステッカーを貼ったり室内灯を付けたりすることを私はそのように称しています。

お題目にあるように、前回ブログの続きでトミックスの185系200番台が今回の対象車両です。

まずは室内灯の取り付けから。

Img_2140

純正室内灯の狭幅の白色を素直に取り付けました。

多少値が張りますが、忙しすぎる私のような者にとってはポン付けできることが何よりも有り難いです。

新車でもありますので、今のところちらつきもなくきれいな状態で走行しています。

続いて行先表示などのシールの貼り付け。

コレをやるやらないで、模型の生死が分かれると言っても過言ではないと私は考えます。

どんなにキレイな車両でも、側面の行先表示がポカーンと開いていたら何とも間抜けな回送電車にしか見えません。

なのに、トミックスはハイグレード仕様の車両であっても行先表示が付いていることは稀です。

今回の185系も従来通りの仕様であり、非常に残念としか言いようがありません。

かといって、指をくわえて見ているのは何とも悔しい限りなので、いつも愛用させてもらっている美軌模型店さんのルクス185系用を用意しました。

7両編成を仕上げるには2枚必要でした。

まずは、シールを貼る前の状態をチェック。

Img_2144

号車表示も行先表示もなし…。ヤードに留置してある回送電車だってもう少し生気があるような気がします。

これにシールを貼ると…

Img_2145

見栄えが良くなった!

うん、私には見える!白い車体に白いシールなので非常に見辛いですが、行先表示に『特急踊り子号指定席伊豆急下田行き』の表示を貼り付けました。また、号車表示には1号車である『1』を貼っています。そしてさらに目立たないところですが、トイレの明かり窓の裏側にも白いシールを貼りました。これは、ルクスの切れ端の部分の空白地帯を適宜切りだ出して裏側から貼ったものです。簡単に透明感を無くすことができます。

アップで見ると鮮明です。

Img_2146

なお、号車表示の下にあるサボの部分ですが、最近の踊り子号では使われていないようです。

シールには『特急』や『指定席』といったサボが付属していますが、今回は実車の使用具合に合わせて貼り付けを見合わせています。

編成全体としてはこんな感じに仕上がります。

Img_2147

空白感がなくなる、と言うのでしょうか。

とりあえず、人前に出しても恥ずかしくない状態になりました。

最後に、室内灯を点灯させて出来をチェック。

Img_2149

行先表示もソコソコ隙間なく貼り付けられており、光漏れもないようなので一安心です。

よく見ると側部ドアのドアレールや靴ズリにシルバーが入っていないこともあり、今一つハイグレード感に乏しいこの車両。

塗装してあげたいのは山々ですが、何しろ時間が有りません。

以降の作業は、まとまった休みが取れて落ち着いて作業ができる日までお預けのようです。

| | コメント (0)

«185系200番台が入線しました