« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月25日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その8)

P2250440 2月25日(日)現在の北海鉄道です。

約2週間があいてしまいました。先週は埼玉の実家に急遽帰郷することになってしまいましたので、レイアウトどころではありませんでした。が、転んでもただでは起きたくない性分なもので、帰郷したついでにマイクロエースのNRAを入手してきました!

P2250443 私が、埼玉に住んでいた大学生時代までは、初代 のレッドアローとNRAが混在する時期でした。当然どちらにも乗ったことがあります。NRAが登場した当初、随分地味な塗装で出たな、と思いました。実際に模型を手にしてもやはり地味・・・。でも、落ち着いていていい感じかなとも思いたいです。造形的に特に目立った特徴がないから、JR西日本のオーシャンアローのような派手な塗装でも良かったのではないかなァと個人的には思います。(子供には人気が出るんじゃないですか?西武鉄道さん!)今回帰省した際にも、夕方の池袋発のちちぶ号に乗車しました。予想の通り満席!昼間、あれだけ空気を運んでいるのに・・・。でも、乗って気づきましたが、10年ほど前とは速度が格段に違う!西武沿線の方はご存知でしょうけど、桜台~練馬高野台間の高架複々線化工事が完了したとのことで、池袋と所沢の間が元通り20分になっていました。10年ほど前には工事最盛期のため2~3分余計にかかっていました。関東の私鉄にしてはそれなりに頑張っている方だと思います。(特別料金を徴収する価値があるかは疑問ですが。)さて、入手したNRAですが、非常に滑らかに走ります。この間の『スーパーおおぞら』と同じメーカーが出しているとは思えないほどです。塗装も綺麗だし、問題ないですね。西武701系と並べても遜色ないです。次は、6000系アタリを出してもらえるといいなと思います。(メーカーさん、見てたらよろしく!)ちなみに、今回増備したのは、3次形です。1次形もありますが、登場時の姿を残す3次形を選びました。パッケージも『ちちぶ』となっていますし。新宿線沿線に住んでいますが、やはりレッドアロー=ちちぶではないかと思いますので。

P2250448_1 レイアウト本題に戻しますが、今回の進捗としては、レイアウト左奥の丘陵地帯に紙粘土で造成を加えたことです。トップの定点写真では、まずわかる人はいないだろうと思いますので、アップにしたものが左の写真です。白地に白い紙粘土・・・。目立つ訳がありませんが。うすーく塗ってます。100円ショップで見つけた手につかない・軽い紙粘土ですが、非常に使い勝手が良かったです。(正直言って、馬鹿にしてました。ダイソーさんごめんなさい。)一個では足りなかったので2個追加で買いました。追加分は次回以降の施工となりますが。乾燥した時にどうなるかが見ものですが、以前使用したものより多分いい結果になるのではないかと思っております。それと、定点写真でもわかるかと思いますが、電柱を仮に建ててみました。『はえたたき』と言われる木柱ですが。津川洋行の余った奴が出てきたものでとりあえず建ててみました。ついでに馬も2頭ばかり置いてみましたが、わかりますか?今回帰省した際、ポポンデッタ等で材料をある程度仕入れてきましたので、今後の展開が楽しみです。

それにしても、久々の秋葉原、正直言ってびっくりしました。メイドさんがあんなに多いとは・・・。それ以外も変なコスプレが多くいましたけどね。ほんとに、オタクの街になってしまったみたいです、秋葉原は。

このブログも、11月に立ち上げて早4ヶ月が経ちます。地味ながらもアクセス数も増えているみたいですし。仕事柄、さすがに毎週の更新は難しいですが、今後もレイアウト完成を目指して頑張りますので当レイアウトに興味のある方、お暇な方は今後も覗いて見てください。ちなみに来週は連休ではないので、占冠に残って車の手入れかなァ。春も近いみたいですし。雪国の皆さん、車の運転には気をつけましょう!今日も、間近でスピンする車を2台ほど見てしまいました。スピード出していたし、やるだろうなァとは思ってましたけどね。怖いです、雪解けの道路は。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

Nゲージレイアウト建設中(その7)

P2110401 2月11日の様子です。雪祭りに行ってしまってレイアウト製作は進行せず・・・。しかし、車両には変化あり。

当鉄道にもついに『北斗星JR北海道仕様(現行編成)』がやってまいりました!この列車は当鉄道の特別列車ということもあり、少しずつグレードアップして行きたいと思います。

当鉄道は全景等を写真や言葉で紹介してきましたが、実際に一周したらどんな感じなのか、今回は北斗星とともに一周旅行に出たいと思います。

P2110426 北斗星が3番線に入線して参りました。当駅の3番線は6両分しかホームがないのではみ出して停車となります。

P2110408  P2110397          

定刻どおり3番線を出発した列車は徐々に加速し本線へと進みます。

P2110412 駅外れのカーブポイントを抜けると列車はすぐにトンネルに吸い込まれて行きます。

P2110413 P2110414

トンネル延長は実物換算で約110m。あっという間に抜けた列車はトラス橋の下をくぐり急勾配に向けさらに加速します。

P2110416 P2110420           

当線一の急勾配・急カーブを走行し列車はトラス橋を通過。トミックスのDD51単機ではウエイトを積まないとちょっと牽引力が不足のようです。(カトー製は単機でも問題ありません。)

P2110421 トラスを通過した列車は、当鉄道の最高地点を通過し長い下り坂に突入します。

P2110423 長い下り坂を走り終え、列車は駅構内に差し掛かります。3番線への進入は多くのポイントを通過するので最徐行で行います。

レイアウトを一周するとこんな感じです。風景が出来ていないのであまり雰囲気がありませんが・・・。ぼちぼち進めて行きたいと思います。

来週は、実家に帰ることになるかも知れないのでブログの更新は無理かも知れません。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その6)

P2040391 今週は占冠に居残りということで更新しないつもりでした。が、このところせっかく毎週更新する癖がついてきたので、ここでやめたらだらけてしまうと思い更新します。

レイアウトは札幌にあるし、何か小ネタはないかなァと探して目についたのが、写真のセクションレイアウト。普段は3段のカラーボックスの上に鎮座しているもので、単なるディスプレイ用のものです。ベースはそこらで売っている木材。40cm×15cmぐらいだったと思います。外周にプラスチック製の飾り板と巻き、ほこり対策として塩ビ板にてカバーを作り載せています。作品のイメージは小清水原生花園、のつもりです。実際の小清水原生花園をご存知の方には笑われてしまうと思いますが・・・。レイアウト手前に見える原生花園部分には木道を設置し、記念写真を撮る観光客を配置しました。

P2040396 こちらの写真はプラットホーム側から写したもの。砂利のプラットホームの表現がイマイチですが、その先の延長部はバルサ材を使用して作成しています。当初、単行のみ停車可能でしたが、余りにも入線する車両が限られてしまうので、急遽延長した次第です。実物の鉄道にも有り勝ちな話ですが。名も知れぬローカル線の終端駅という設定です。待合室も無く、ちょっとした広場があるだけです。広場には観光客の車(ケンメリの白いスカイラインだった気がします)を配置しました。駅に平行するようにポプラのつもりの並木を立てました。当時この木しか手に入らなかったので妥協しました。そして電柱。懐かしのハエ叩き形の木柱です。今でも田舎の方ではまだ見かけます。エナメル線にて電線も張って見ました。並木の脇には砂利道があり、それに面してなぜか牧場・・・。白馬や栗毛のサラブレットを配置し、道端には観光客がいます。この頃から、馬好きだったみたいです。

以前にも紹介した壁面設置型のディスプレイに比べてはるかに小規模ですが、シーナリーがある分つくり応えがあります。レイアウト製作の練習にもなりますし。失敗してもこの規模なら、たかが知れてますから。都会でレイアウト設置場所がどうしても取れないとお悩みの方にはこの規模のセクションレイアウトをぜひお勧めします。もう少しまじめに作りこんでサイドボードの中に入れて重厚なSLでも飾った時には、もう立派にインテリアの一部です。(私、将来やりたいと思ってます。レイアウトを肴にワインでも傾けながら仲間と語らう、なんておしゃれだなァと)

ちなみにモデルとして配置したキハ22。実物が引退してずいぶんと経ちます。私は活躍の場をこの目で見ることは出来ませんでしたが、今でもあちこちで保存されています。私が知っているのは旧広尾線の幸福駅。朱色一色の塗装になってしまっています。駅舎と静態保存されております。興味のある方は尋ねてみては如何でしょうか。場所は帯広空港からとても近いところです。

P3050039 (幸福駅にて)

さて来週ですが、いよいよ札幌雪祭りのシーズンです!当然札幌に行きます。そしてついに北斗星フル編成が手元にやってきます!(セントラルホビーさん、連絡ありがとうございます。)レイアウト製作も進めるつもりなのでお楽しみに。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »