« Nゲージレイアウト製作中(その12) | トップページ | Nゲージレイアウト建設中(その14) »

2007年4月15日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その13)

P4150540

4月15日の様子です。

世間は春。北海道にはまだ雪も多く残りますが、当鉄道も草木が芽生て参りました。レイアウト中央付近右側の空き地に、広大な草原を作りました。石勝線沿線の風景にたとえるなら、牧草地になるのでしょうか?草原と言っても、お手軽レイアウトのためトミックスのグリーンマットを貼り付けただけですが・・・。ついでに、以前購入した樹木(外国産:メーカー不明)を建ててみました。根の部分に両面テープを貼っただけで固定しているので、気分次第でどこへでも移動できます。

P4150541 そんなレイアウトに久々に、C62を走らせてみました。見た目はニセコですが、気分は銀河鉄道999!なぜ、そんな古い名前が出てくるのかといえば、最近まで夜中に銀河鉄道物語を放送してまして、先日ついに最終回(涙・涙)。TV版で感動したところで、見逃していたパート1のDVDを購入して見ているところです。久々に『松本ワールド』にどっぷりはまってしまいました。そんな理由で急遽C62の登場です。客車は35系3両と60系2両。35系にはブルーも1両入っています。まさに寄せ集め・・・。特急とは程遠い陣容ですが、臨時急行ぐらいなら許してもらえそうな編成です。いつかは、展望車付きの編成が欲しいと思ってます。

P4150519

そして今回、マイクロエースより室内灯が発売されたので早速取り付けてみました。カメラを手持ちで写したためあまり写りは良くないかも知れません。まず、キハ400系利尻に取り付け。こちらは間違って買ってしまった『狭幅』のものを無理やりつけていますが、よく光ってます。今のところ不具合は見られません。続いて、キハ281系スーパー北斗です。こちらは、正規の『広幅』を取り付けたのですが、走行させると車両によりちらつきが多発。車輪の清掃やら、バネ長の調整を行い多少良くはなりましたが安定感は今ひとつです。室内灯をつけて感じることは、やはり座席の塗装がとても効果的であるということ。特に窓などの開口が多く中がよく見える車両は歴然としています。このあたりのマイクロエースの判断は正しいものであり、他社も見習って欲しいところです。以前キハ80系のシートカバーの色差しをやったころがとても懐かしく感じます。

 ちなみに281系には、同時期に発売になったマイクロカプラーも取り付けました。車間は確かに短縮されます。が、幅がイマイチ合わないのか車体側にうまくついてくれない場合がありました。連結・解放をしようとすると、片方の車両の連結器が車体から外れてしまうという有様。性能的にイマイチです。こらからマイクロカプラーの取り付けを検討される方には、多少値段は高くてもトミックスのNカプラーをお勧めしておきます。見た目もトミックスのほうが上だと思いますし、今回のようなトラブルは一切ありませんでした。

P4150523 室内の照明をちょっと落として夜汽車のムードです。最新鋭の特急車両でも赤いテールランプが走り去る風景は何とも言えないぐらいロマンチックです。北斗星の照明取り付け工事がまだまだ残っているので今後が楽しみです。

北斗星といえば、今度のGWに北斗星に乗って帰省することになりました!私が乗るのは4号のロイヤル!本当はJR北海道編成の2号が良かったのですが、空きがなくて4号になりました。4号はハイシーズンには個室数が倍増になるとかで余裕があったのでしょう。私は某駅とインターネットの2通りで予約しましたが、4号のロイヤルはいずれも取ることが出来ました。(ネットの分はキャンセルしましたが。)約10年ぶりの乗車となる北斗星。今から楽しみです。車内の様子等はいずれこのブログで紹介したいと思います。

| |

« Nゲージレイアウト製作中(その12) | トップページ | Nゲージレイアウト建設中(その14) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージレイアウト建設中(その13):

» 石勝線 [いま人気のコトバとは?]
石勝線 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年4月17日 (火) 20時40分

« Nゲージレイアウト製作中(その12) | トップページ | Nゲージレイアウト建設中(その14) »