« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月29日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その15)

P4290555 新車登場!

ついにやって来ました!183系550番台。とりあえず今回購入したのは基本セットのみの4両。なつかしの登場時のカラーリングです。10年ほど前、北海道にいた時にはまだこの塗装の車両が『おおぞら』や『オホーツク』あたりで走っていました。もうすでにHETやとかち塗装に変えられてしまっていますが。この車両を、『北海』として使用しようかと思っていましたが、付属のマークは『北斗』、『おおぞら』、『オホーツク』、『おおとり』の4種。実際に『北海』に使われていたかはわかりませんが、北海道を走った特急としてまだ当鉄道に配置されていないのは『北海』と『おおとり』です。まあ、『おおとり』も渋くていいかも知れませんが。どこかで、ヘッドマークを見つけて『北海』にするか迷うところです。ちなみに、通常は4連で使用しますが、多客期を再現する時には、以前購入した2550番台の増結2連セットを連結し、6連とする予定です。HET色との混結になりますが、塗装変更過渡期ということで納得したいところです。

P4290550 さっそく配置して試運転!

スロー運転もいい感じで走ってくれます。

P4290556 ちなみに、レイアウトのほうは今回は殆ど手をつけられずにおります。唯一やったことが、駅本屋花壇と入り口付近歩道部のレンガ模様の細工です。ずっと以前に購入した、レンガ模様が印刷されたペーパー(商品名不明)が手元に残っていたので使ってみました。両面テープで貼るだけなので、いたって簡単!作業はあっという間に終了です。次は、花壇に手を入れてみようと思います。

今週は、殆どなにも出来ませんでした。仕事で大問題が発生し、Nゲージどころではなかったのが原因です。気力で新車だけは買いに行きましたけど、それが時間的にも限界でした。

いよいよ、北斗星で帰郷する日が近付いてきました。来週は実家にいるので、おそらく更新できないと思います。次回は北斗星ロイヤル乗車レポートを主なネタにしてみたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その14)

P4220543 4月22日の様子です。

札幌に部屋を持ち、早一年が経過しました。今回も地味に製作を進めています。今回は、駅左側部分の地面の造成、右奥トンネル脇の斜面の造成、木の数を増やしたetcです。

P4220547 では順に。まず駅左側ですが、駅から花畑へつながる道路となる部分を造成しています。写真ではわかりにくいかも知れません。駅舎の部分の土地が一段高くなっているので、それに擦り付けるように道路も盛り上げています。道路は線路を横断。ここには踏み切りを設置する予定です。ちなみに当駅には自動車では近づけない『秘境駅』という設定になっています。よって道路というよりは歩道といったほうが正解かも知れません。ついでに駅の左端付近に木を2本植えてみました。これは、駅のすぐ裏手を本線が走行するという不自然さを少しでも緩和したかったからです。木はまだ固定しておらず、どんな配置にするか迷っているところです。

P4220546 次にトンネル脇の斜面の造成。以前に購入したコルクが余っていたので、設置してみました。設定としては、『トンネル掘削時にどうしても撤去できない大きな一枚岩があった。触ると危険だからそのまま放っておけ』ということになったことにしています。途中まで法面形状で仕上げていたのにここだけ不自然なのも当たり前だな、と自分に言い訳しています。でも現実にこんなことはよくある話なんです。身のまわりの風景をよく観察すると、何でここに?と言いたくなることよくありませんか?人の力では自然には勝てません。仕事柄本当によくわかります・・・。

P4220549 そして、木が増えた。今回追加したのは、KATOの針葉樹Ⅱ。もう少し背が高い木のほうがよかったかも知れません。次は高いのを追加したいと思います。今回の木はまだ固定していません。とりあえず並べてみただけですが、やはりあると無しでは雰囲気が大違い。走る列車もどこか生き生きとしているようです。

今回は、仕事が異常に忙しく、くたくたの状態での札幌入りでした。金曜夜の雨で雪がすっかり解け、道路はとても走りやすくなりました。しかし車のエアバック警告灯が点灯したままの状態になり、車屋さんに直行。点検の結果、来週部品交換になりました。ただでもあまり今週は時間がないのに、レイアウトに関わる時間が少なくなってしまいました。来週はもうちょっと頑張ろう!もしかしたら新車が加わるかも知れないので今からちょっと楽しみにしています。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

Nゲージレイアウト建設中(その13)

P4150540

4月15日の様子です。

世間は春。北海道にはまだ雪も多く残りますが、当鉄道も草木が芽生て参りました。レイアウト中央付近右側の空き地に、広大な草原を作りました。石勝線沿線の風景にたとえるなら、牧草地になるのでしょうか?草原と言っても、お手軽レイアウトのためトミックスのグリーンマットを貼り付けただけですが・・・。ついでに、以前購入した樹木(外国産:メーカー不明)を建ててみました。根の部分に両面テープを貼っただけで固定しているので、気分次第でどこへでも移動できます。

P4150541 そんなレイアウトに久々に、C62を走らせてみました。見た目はニセコですが、気分は銀河鉄道999!なぜ、そんな古い名前が出てくるのかといえば、最近まで夜中に銀河鉄道物語を放送してまして、先日ついに最終回(涙・涙)。TV版で感動したところで、見逃していたパート1のDVDを購入して見ているところです。久々に『松本ワールド』にどっぷりはまってしまいました。そんな理由で急遽C62の登場です。客車は35系3両と60系2両。35系にはブルーも1両入っています。まさに寄せ集め・・・。特急とは程遠い陣容ですが、臨時急行ぐらいなら許してもらえそうな編成です。いつかは、展望車付きの編成が欲しいと思ってます。

P4150519

そして今回、マイクロエースより室内灯が発売されたので早速取り付けてみました。カメラを手持ちで写したためあまり写りは良くないかも知れません。まず、キハ400系利尻に取り付け。こちらは間違って買ってしまった『狭幅』のものを無理やりつけていますが、よく光ってます。今のところ不具合は見られません。続いて、キハ281系スーパー北斗です。こちらは、正規の『広幅』を取り付けたのですが、走行させると車両によりちらつきが多発。車輪の清掃やら、バネ長の調整を行い多少良くはなりましたが安定感は今ひとつです。室内灯をつけて感じることは、やはり座席の塗装がとても効果的であるということ。特に窓などの開口が多く中がよく見える車両は歴然としています。このあたりのマイクロエースの判断は正しいものであり、他社も見習って欲しいところです。以前キハ80系のシートカバーの色差しをやったころがとても懐かしく感じます。

 ちなみに281系には、同時期に発売になったマイクロカプラーも取り付けました。車間は確かに短縮されます。が、幅がイマイチ合わないのか車体側にうまくついてくれない場合がありました。連結・解放をしようとすると、片方の車両の連結器が車体から外れてしまうという有様。性能的にイマイチです。こらからマイクロカプラーの取り付けを検討される方には、多少値段は高くてもトミックスのNカプラーをお勧めしておきます。見た目もトミックスのほうが上だと思いますし、今回のようなトラブルは一切ありませんでした。

P4150523 室内の照明をちょっと落として夜汽車のムードです。最新鋭の特急車両でも赤いテールランプが走り去る風景は何とも言えないぐらいロマンチックです。北斗星の照明取り付け工事がまだまだ残っているので今後が楽しみです。

北斗星といえば、今度のGWに北斗星に乗って帰省することになりました!私が乗るのは4号のロイヤル!本当はJR北海道編成の2号が良かったのですが、空きがなくて4号になりました。4号はハイシーズンには個室数が倍増になるとかで余裕があったのでしょう。私は某駅とインターネットの2通りで予約しましたが、4号のロイヤルはいずれも取ることが出来ました。(ネットの分はキャンセルしましたが。)約10年ぶりの乗車となる北斗星。今から楽しみです。車内の様子等はいずれこのブログで紹介したいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 1日 (日)

Nゲージレイアウト製作中(その12)

P4010514 4月1日の様子です。

あまり代わり映えがしない・・・。奥の方から攻めてますので、見難いかと思いますが地面の範囲を広げてみました。

P4010516

施工範囲を拡大するとこんな感じです。手前の畑の周りから橋脚付近まで広げてみました。紙粘土は塗ってみたものの、塗料が切れてしまい、何とも中途半端な状態で中断しています。それでも、レール周りの塗装部分が増えたことで、走る列車もずっと実感的に見えるようになりました。今回はこれで手詰まりになってしまったので、車両をグレードアップしてみました。

P3310512 北斗星の室内灯を2両追加して合計4両になりました。(写真では見難いかもしれません。)電源車を除く残り6両についても、徐々に追加施工していきたいと思います。なお、マイクロエースからも、ついに室内灯が発売になりました。とりあえず6両分買いました。キハ400系あたりに取り付けてみて夜行列車気分を味わいたいと思います。どんな具合になるかは、いずれ報告したいと思います。

さて今回はレイアウト関連はこのへんにして、別件を少々。今週は土曜出勤?と勘違いしていたため占冠に残るつもりだったのですが、連休だったため予定が狂ってしまいました。(ラッキーだけど)急に時間を持て余してしまったので、プチ旅行に出かけました。旅行と言っても、片道31分・・・。行き先はあいの里公園。

P3310506 なぜ札沼線かと言われれば、『乗ったことが無かったから』としか答えようがありません。よく見かけるキハ140系やキハ40系ですが、これまで一度も乗ったことがありませんでした。期待に胸を躍らせながら札幌駅で待つと、やって来たのは新鋭のキハ201系・・・。がっかりして1本待ち、やって来たのはキハ141系2両+キハ40の3両編成。1度で2度おいしいというのはこのことでしょう。旅のお供はこんな編成です。

P3310509 

キハ141。元50系客車ですね。よくここまで変身したものだ。

P3310507札幌を11時過ぎに出発した列車は、高架の上をのんびりと進みます。まずびっくりしたのは、客の多さ。札幌乗り入れ路線の唯一の非電化線区だったので馬鹿にしてましたが、現実はとんでもないです。あいの里教育大までは家が立ち並び、更に教育大駅前には大規模な団地ですか。これほどまでにベットタウン化しているとは予想していませんでした。私が思っていたローカル線のイメージと合致したのは終点のあいの里公園駅だけ。何にもない原野の中を突っ走るのかと思っていたのですがあてが外れてしましました。これより先に進めばド田舎になるのはわかっていたのですが、時間の都合で今回はあきらめました。それにしても、初めて乗った車両たち、余りにも加速が悪すぎです。最高速度も50~60キロ程度でしょう。電化して100キロぐらい出せば、この路線はかなり有望な通勤路線になるでしょう。乗客の数は、昼間の苗穂や白石あたりより多く感じる駅が多く見られることだし。いずれキハ201系化されるのでしょうけど、ロングシートの車両ばかりではイマイチでしょうし。

愛称:学園都市線とはよく言ったもので、土曜だったせいか学生さんらしい姿が多いこと。春休みのはずだから部活か何かなんですかね。自分にもそんな時代があったのを思い出しました。

来週は占冠に居残りになる予定です。レイアウト製作はお休みの予定です。近場の温泉めぐりかなァ。(そういえば、選挙もある・・・)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »