« Nゲージレイアウト建設中(その16) | トップページ | 北海鉄道建設記(その17) »

2007年5月27日 (日)

鉄道遺産めぐり?の旅

ぶらり、一人旅です・・・。

今週は、札幌に出れなかったので北十勝方面の散策に出かけました。今回の旅の目的は、

①ホロカ信号所での列車撮影

②レイアウト後方の壁に貼る遠景写真の撮影

③鉄道遺産の見学

④道の駅スタンプリレー

⑤温泉めぐり

というところです。

P5270656

まずは、ホロカ信号所。住みかから車で約15分のところにあります。今日は天気が悪く、霧雨と風の中で撮影。私のは150mmまでしかレンズがないので何とも中途半端な写真です。もっと望遠系のレンズなら、雑誌に載るような写真がとれるのでしょうけど、これで我慢しておきます。ちなみに写真はとかち4号です。9時6分の定刻にとかち2号は通過。運転手さんは、私に気づいたのでしょうか。シェルターを通過してからライトをロービームからハイビームに切り替えてくれました。ファンサービスだとしたらなかなかなものです。(ひとつ申し上げておきますが、私は線路敷地内に侵入して撮影したりしません!今回も線路から随分と離れたところで撮影してます。当然、タイフォンを鳴らされて威嚇されるようなまねはしておりませんので。)とかち2号のあと9時26分には下りのスーパーとかち1号が来るはずなのに、いくら待っても来ない!寒さに耐え切れずトマム駅に退散しましたが、57分遅れで走行中とのこと。来る訳ないや・・・。

レイアウト後方の壁に貼る写真ですが、高く見晴らしのよいところに上ると霧ばかり・・・。今回は断念。一応色々撮ってみましたが多分使い物にならないでしょう。

鉄道遺産、と買ってに呼んでいますが北海道はかつては鉄道王国。色んな遺物があるものです。

P5270668 トップバッターは、サホロスキー場近くの旧新内駅。旧根室本線です。かつての日本3大車窓のひとつですね。そんなところにSL59672となぜか20系客車(全部A寝台車)が眠っています。つい先日までは、機関車の塗装はボロボロでしたが今回は綺麗に塗装してありました。ここは、まだプラットホームも残っています。

P5270681 狩勝峠を下り、新得駅の手前で第2弾はD51-95号機。屋根つきで大事に保存されてます。ここに眠っているのはナメクジさんですね。なかなか綺麗な状態です。

ここで注目したいのは、説明看板。

P5270673_1 右下に『SLの値段』なるものが昭和49年で、33,222,000円!ほんとですか・・・。高いと思うか安いと思うかは、あなた次第です。

D51の現物を見て、リアルラインのSLもなかなか負けてない、と思いました。

P5270707_1 然別湖、糠平湖と進み、旧士幌線糠平駅跡のミニ鉄道資料館には、車掌車が眠っています。広い敷地のなかにたった一両ポツリと車掌車・・・。渋すぎる展示車両の選択です。マニア受けはするかも知れませんが、一般人には見向きもされないでしょう。あ、SLの動輪も一組置いてありましたが、形式の説明は一切なし。どの機関車の足なのか?ちなみに、北海道には、鉄道資料館がそこらじゅうにあります。多くは廃線になった駅を利用しています。

P5270701 そして糠平湖jの奥地の林道を走ること4キロ。こんな所に来る奴はいない、と思ったのは甘かった。人がいる、みんな素人さん・・・。さてここは、どこ?一体、何?と思う方が大部分だと思うのでちょっと説明します。かつて帯広から十勝三股まで士幌線が走っておりましたが、糠平湖が出来た際に、線路の一部が冠水するため付け替えを行いました。この橋はその際に沈んだ旧線です。『タウシュベツの橋』として北海道遺産にも登録されている知る人ぞしる幻の橋なのです。なぜ幻なのか?今は見えていますが6月ごろから水位が上がり、10月ぐらいには完全に見えなくなるそうです。(私は確認していませんが。)ここへ行かれる際の注意点をいくつか。①車はRV車がいいです。道が悪く、落石危険地帯も通ります。高級車で行くのは馬鹿げてます。②長靴があるとよい。駐車場から橋まで200~300m区間は徒歩です。湧き水のとおり道になっています。泥濘にはまらないように注意しましょう。③昼間に複数人で行きましょう。早朝や夕方に一人で出かけて、クマの餌食になっても知りません。④橋は絶対渡らないように!強度はもう保証できません。見てのとおりボロボロなので、心ある皆さんはそっと見守ってあげて下さい。

さて残りの目的ですが、『道の駅めぐり』。今年はじめて、挑戦しています。今日は、5箇所。これで通算6箇所です。北海道には道の駅が100箇所あるそうで、道の駅スタンプラリーを開催しています。スタンプの数に応じて記念品がもらえるらしいです。今後も月1回ぐらいは遠出して、スタンプ集めをして行く予定です。

ラストは『温泉めぐり』。今回は2個所のみです。糠平温泉と士幌温泉。どちらもモール温泉みたいですが、入った感じでは士幌温泉の方がお勧めです。道の駅に併設されており、500円と安く、肌はスベスベ。石鹸はいらないかもしれません。景色がいいのは糠平温泉。露天風呂から眺める川の風景は最高です。ちなみに、こちらには混浴の露天風呂があります。今回は入りませんでしたが、次回挑戦したいです。モール温泉ですが、世界でもドイツと十勝の2地域しかないという変わり種の温泉らしく、植物性の温泉ということで特に女性の方にはお勧めです。肌にはいいらしいです。十勝方面へ用事があったらぜひお試し下さい。湯船には色々な浮遊物が漂っていますが、汚い訳ではありませんのでお間違えのないようご注意願います。

来週は連休の予定なので、札幌でレイアウトを進めたい、と思ってます。でも、第2の趣味であるドライブにも行きたいなー。

| |

« Nゲージレイアウト建設中(その16) | トップページ | 北海鉄道建設記(その17) »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道遺産めぐり?の旅:

« Nゲージレイアウト建設中(その16) | トップページ | 北海鉄道建設記(その17) »