« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月17日 (日)

北海鉄道建設記(占冠にて2)

今回は、模型ネタは一切ありません。前回お知らせの通り、今週は占冠にて居残り仕事です。(休み無し・・・。)でも、ただただ仕事しているのはつまらない。周りにだれもいないし、普段やりたくても出来なかったことを実行しました。ということで、占冠周辺石勝線撮影ツアー第2弾です。

まずどうしてもやりたかった、仕事場からの撮影。写真を見てもらったほうが早いでしょう。

P6170758 滝ノ沢~ホロカ間のとある場所にて。実はここは私が勤務する工事現場の中。普段工事用カメラを持ち歩いていますが、さすがに仕事中に列車を写すわけにもいかずタイミングを見計らっていた次第です。今日は天候にも恵まれ、邪魔者もおらず大変すばらしい撮影日よりでした。

まずやって来たのは、とかち2号。撮影に際して時刻表より作成したダイヤより約1分の遅れ。そして待つこと約30分。続いてスーパーおおぞら1号が通過。

P6170801 こちらは約2分の遅れ。手前の木がちょっと列車に被ってしまったのが残念ですが、まずまずかと思います。ちなみにこの撮影地点は一般の方は入れません!私は工事関係者なので、制服とヘルメットを着用して一般者と間違われないようにしました。また、大変残念ですが、この地点に高速道路が数年後に開通しますのでこのアングルからの撮影はもう時期不可能になります。橋脚はすでに完成しており、近々橋梁会社が乗り込む予定です。

P6170802 上の位置から少し移動し、気を取り直してもう一枚。こちらはとかち4号。まっすぐ綺麗な編成もので撮影できます。ここはJRの管理用道路のすぐそばなので、一般の方でも撮影は可能です。おそらく高速道路の影響は今後も受けないと思います。

P6170822 さて今度はクルマで移動。あまり時間はありません。クルマで約3分。滝ノ沢信号所です。ここは以前ブログで報告したとおり、真冬の雪の中撮影しました。今回は夏バージョン。スーパーとかち1号がやってきます。石勝線の信号所はなぜか曲線区間に存在するものが多く、かつ信号所施設や道路はカーブ外側に位置しています。この写真でもカーブ内側から写せればかなり迫力のある写真になると思いますが、位置的に不可能。今回は、道道から望遠レンズで狙ってみました。振り子の威力がよくわかる写真になりました。ここで一旦引き上げて早めの昼ご飯。占冠に撮影に来る方へのアドバイスです。日曜日は、占冠のお店は殆ど休業です。食事をしたい場合は、周辺自治体のお店で購入してから乗り込むのが無難です。ガソリン屋もセルフスタンドが1件開いているだけ。覚悟して来て下さい。ちなみに私の昼ご飯は、道の駅の屋台で買ったたこ焼きです。つい最近店を出すようになった休日営業を行う貴重な存在です。腹ごしらえしたところで、今度は約30キロ先へ。

P6170837 ここは串内信号所。トマム駅から新得側へ5キロほど進んだところです。まずやって来たのはとかち3号。ゆったりと通過して行きます。

P6170855 続いて約10分後、スーパーとかち6号が通過。まさか、最外線を通過するとは思ってなかったのでシャッターを焦って切ってしまったのが残念。分かっていれば、後追いで編成全体を狙っていました。まあ、次回への反省点ということで。

ここまで来たら、足を伸ばしてみたいのが『ぽっぽ屋』の撮影地、幌舞。地図にはありません。時刻表にもありません。本当は、幾寅駅。

P6170861 駅名看板も幌舞になったままです。ここの駅前は映画のために舗装を剥がし、砂利道になってます。セットの食堂や床屋等の建物はそのままになってます。

P6170860 鉄道ファンなら気になる映画出演を果たしたキハ12‐23。駅前に鎮座しております。ただし、胴体を半分に切られてます。機関庫から顔を出したような感じに据えられていました。乗車も可能です。内装も良好。大部分の方はご存知でしょうがこの車両はキハ40からの改造車です。映画製作者がなぜキハ12にこだわったのかわかりませんが。年代的にキハ40では合わなかったのかも知れません。素人にはどちらでもいい筈なんですがね。 これだけ幌舞の名が浸透し、観光客もそれなりに集まる訳ですから、このまま幌舞に改名してしまったほうが良いのではないでしょうか?再度話題になって集客力が増すと思いますが・・・。

仕事が思っていたより早く片付いたのでこんな遠出までできました。夜はD51の部品付けかカシオペアのステッカー貼りか悩むところだなァ。来週は札幌に行きたいなァ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

北海鉄道建設記(その18)

P6100739 6月10日の定点に近い場所からの様子です。(定点撮影、忘れました)

見てのとおりです。カシオペア登場!北斗星はトミックスですが、カシオペアはKATOにしました。とりあえず、基本セットのみの6両ということです。夜行列車に相応しいように室内灯もつけました。

P6100735 部屋を暗くするとこんな感じに見えます。まあまあの見栄えかなと思いますが、近代的な車両なので蛍光灯のような白色のほうが似合うのかもしれません。次は、車内に人形を乗せて見たいと思ってます。

 KATOとトミックスとどちらにしようか迷いましたが、中間車の連結器の形状が良かったことと、先端車両の鋼製部分の塗装処理の仕方が実物に近いかな・・・、ということで今回はKATO製です。KATO製だけあって非常にすっきりした外観。塗装もGOOD。特に文句をつけたくなるような点はありません。さすがです・・・。室内灯のちらつきもなく、安定した集電状態です。機関車は幸いにしてKATOのDD51があるので、急いでEF81を買うこともありません。ただし、今週はKATOのDD51が占冠に駐在しているため、トミックスの北斗星に付属しているDD51で試運転となりました。このDD51は片側のカプラーをTNカプラ-に換装しており、KATOのNカプラーと試しに連結。それなりに連結できました!ただ、6両編成ではOKでしたが、フル編成になった場合、編成重量が増えるので解放してしまうかも知れません。今回はあくまでも試運転ということになります。                       急遽カシオペアの入線となったのは、たまたま模型店で見たからというのもありますが、近日私から両親への北海道旅行プレゼントで両親がカシオペアに乗車するからその記念でもあります。自分が乗れない腹いせでもあるかも知れませんが・・・。正直言って、バーゲンで出ていた20系のセットとどちらにしようか悩んだのですが、やはり現代のE26系の魅力に勝てませんでした。(次は20系+EF58かなァ。) 実際にカシオペアを手に取ってみましたが、北斗星に比べてあっさりしすぎていますね。まず、車種が少ない。中間車は、食堂車とスイートを除けば外観は同一車両ばかり。今時の車両なので、極力コスト減を狙った結果でしょうけどね。マニアとしてはちょっとがっかり。寄せ集めの北斗星と比べるのは酷かも知れませんがね。でもこれなら、わざわざフル編成で揃えなくてもいいのかも知れないと思いました。編成が長いか短いかだけの問題でしかない訳ですからね。まあとりあえずは、無事就航ということで今後ステッカーやら付属パーツの取り付けにこだわってみたいと思います。

P6100740P6100741   車両の話はこの辺にして、レイアウトはこんな感じで進化してます。トップの写真で違いが分かったあなたは、相当、このブログを見ている方です。わかりやすいようにアップの写真を載せました。レイアウト中央付近に新たな花畑が出現!菜の花とその他、赤・青の花という設定です。河合モデルの花畑だと思いましたが、ボンドで貼り付けてみました。列車からも駅前からも見えるベストポジションです。ただ、この花畑を設置したことで、ちょうどカシオペアがいるあたりに設置しようと思っていた仮乗降所の設置は不可能になりそうです。駅前付近の地面にも塗装を行い、駅右側の法面にも草を生やしそれらしくなってまいりました。残るは鉄橋奥の一帯とレイアウト外周部分の処理。そして右奥の山。やり難いところばかり残ってます。こんなに完成がずれ込むとは思ってなかったのですが、あまりにも休日がすくないものでどうにもなりません。

今日も日曜のみの休み。しかも殆ど徹夜状態・・・。夜中に今度の旅行のコースを下見しながら札幌に来ました。占冠-富良野-三笠-札幌-定山渓-札幌。夜中の1時過ぎからこんなことやってます・・・。でも富良野-定山渓が2時間ちょっとで着いたのは意外でした。スピード控えめだったのに・・・。せっかくだからヨサコイソーラン祭りを見に街へ出ましたが、今日はほんとに暑かった。徹夜明けには辛すぎる暑さです。 ちなみに、何度見てもよさこいソーラン祭りの楽しさは私には理解できません。ただ、10年ほど前に比べたら、規模がとんでもなく大きなものに変わっているなと実感しました。ちゃちなもんだったんですけどね、昔は。旭山動物園の進化並に、祭りの変わりようにびっくりした次第です。

来週の日曜は出勤確実なので、ブログ更新はないかも知れません。運良く土曜日休めれば更新できるかも知れませんが・・・。早く、人並みにお休みが取れる仕事に転職したいと思う今日この頃です・・・。      

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

北海鉄道建設記(その17)

P6030708 2007年6月3日の様子です。2連休の予定が、急遽1連休になってしまいました。がっかり・・・。

気を取り直して、出来ることをやろう!

P6030712 まず車両から。

ずっと伸び伸びになっていた、キハ183系550番台の列車名が『オホーツク』に決定しました!『北海』はいずれ発売されるであろう、183系0番台国鉄色にすることにしています。この車両は基本4両は旧塗装で中間2両がHET塗装です。HETの先頭車のヘッドマークは『サロベツ』。当鉄道の中では、ファンサービスのためのリバイバル塗装車両との位置付けです。ヘッドマークはつけましたが、行き先は網走・稚内と別々のためサイドの行き先表示は手を加えていません。

P6030715 いつも特急ばかり走らせているので、たまにはのんびりと車両を走らせてみたい。ということで、普通列車ばかり集めてみました!手前から、ふるさと銀河線、キハ130、キハ150です。2種の単行列車はいずれも実車が廃車になっています。奥の2両編成は函館線仕様。中線は日高線。絶対に1駅に集まることは実物の世界ではありえませんが、北海鉄道はオーナーの権限で何でもありです。今日は、これらの車両を走らせながら札幌駅で買ってきた駅弁『かに弁当』を食べました。実際に乗車して食べる駅弁には勝てませんが、こんな遊び方もいいのでは?それなりに旅気分が楽しめます。

P6030723 999号で丘のまちまででかけませんか・・・。そんな言葉が似合いそうな1シーンです。

P6030717 今週は、駅のまわりを攻めてみました。いつものように、とりあえず紙粘土で地盤づくりから開始。天気もよく暖かいのでさぞかし乾きが良いことでしょう。連休なら、初日に造成して2日目に塗装できますが、塗装は来週にまわすしかありません。でもこのあたりを塗装してしまえば、スタイロホームが見えるのはほんのわずかな部分が残るのみです。ここまで1年・・・。長かったです。写真の駅舎の前をよく見ると気が付きますが、丸い固まりが2つ。いや2体。当鉄道のマスコット件イメージキャラクターに就任しました雪だるまの親子です。余った紙粘土で作っただけです。目も口もまだありませんが、乾燥したら付け足すつもりです。駅前で皆さんをお出迎えする予定になっています。

 今週できたのはここまでです。6月末に両親を北海道に招待しているのですがその準備に追わればたばたと一日が過ぎました。カシオペア取れたら呼ぶからね、と言ったのが始まりでした。冷やかし半分でインターネット予約と占冠駅での予約をしたら、取れてしまった・・・。両方ともスウィート!両部屋を比べて車両中央に近い1号車3番を選択。少しでも乗り心地の良いほうがいいと思ったからです。ネットで取ったほうです。占冠・新夕張両駅員さんには申し訳ないですが今回はキャンセルさせていただきました。ネットで狙うのも楽ではありません。発売日の10時きっかりでボタンを押しても全て満席!予想はしてましたがね。今回はその日の夕方、しつこく何度も同じ画面を眺めていたら、キャンセルした方がいたのでしょうね。空席ありの○印が目に飛び込んできました!実はその前にツインを取れていたのですが、即キャンセルしてスィートにした次第です。カシオペアに乗りたい方、発売初日の10時は駄目でも、昼頃と夕方にキャンセルが出る可能性は非常に高いです。あきらめないことが何よりですが・・・。今回は私は乗車できませんが、列車で出来る一番の贅沢な旅を両親に送りたいと思います。(ちなみに、北海道での案内役は私です。)

 このブログ、私の日記のようなものも兼ねています。鉄道ネタとは全く関係ありませんが、今週ショックだったことを書きたいと思います。

 それはZARDの坂井泉水さんが亡くなったこと。学生時代から社会人にかけて彼女の歌をよく聞きました。CDやDVDを持ってはいますが、唄は上手いとは思いません。でも曲を通じて心に訴えかけるものがありました。なかなか人前に姿を現す人ではなく、最期もいつの間にか死んでた、という彼女らしい生き方。美人薄命ってこういう人のことかな、とも思ったりしました。ジャケットの写真もうつむき加減のものが多かったような気がするのは私だけ?若すぎる死だけど、いい曲をたくさん残していってくれました。今時の若い厚化粧のチャラチャラした歌手達?の唄は記憶には残りませんが、ZARDの唄のいくつかはきっと、ずっと永遠に唄われるのでは?彼女は死んでしまったけど、歌というかたちで人々の中に永遠に語り継がれるでしょう。『永遠の命』ってこういうことではないかと私は思います。

 一ファンとして、心からご冥福をお祈りいたします。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »