« 北海鉄道建設記(その18) | トップページ | 北海鉄道建設記(その19) »

2007年6月17日 (日)

北海鉄道建設記(占冠にて2)

今回は、模型ネタは一切ありません。前回お知らせの通り、今週は占冠にて居残り仕事です。(休み無し・・・。)でも、ただただ仕事しているのはつまらない。周りにだれもいないし、普段やりたくても出来なかったことを実行しました。ということで、占冠周辺石勝線撮影ツアー第2弾です。

まずどうしてもやりたかった、仕事場からの撮影。写真を見てもらったほうが早いでしょう。

P6170758 滝ノ沢~ホロカ間のとある場所にて。実はここは私が勤務する工事現場の中。普段工事用カメラを持ち歩いていますが、さすがに仕事中に列車を写すわけにもいかずタイミングを見計らっていた次第です。今日は天候にも恵まれ、邪魔者もおらず大変すばらしい撮影日よりでした。

まずやって来たのは、とかち2号。撮影に際して時刻表より作成したダイヤより約1分の遅れ。そして待つこと約30分。続いてスーパーおおぞら1号が通過。

P6170801 こちらは約2分の遅れ。手前の木がちょっと列車に被ってしまったのが残念ですが、まずまずかと思います。ちなみにこの撮影地点は一般の方は入れません!私は工事関係者なので、制服とヘルメットを着用して一般者と間違われないようにしました。また、大変残念ですが、この地点に高速道路が数年後に開通しますのでこのアングルからの撮影はもう時期不可能になります。橋脚はすでに完成しており、近々橋梁会社が乗り込む予定です。

P6170802 上の位置から少し移動し、気を取り直してもう一枚。こちらはとかち4号。まっすぐ綺麗な編成もので撮影できます。ここはJRの管理用道路のすぐそばなので、一般の方でも撮影は可能です。おそらく高速道路の影響は今後も受けないと思います。

P6170822 さて今度はクルマで移動。あまり時間はありません。クルマで約3分。滝ノ沢信号所です。ここは以前ブログで報告したとおり、真冬の雪の中撮影しました。今回は夏バージョン。スーパーとかち1号がやってきます。石勝線の信号所はなぜか曲線区間に存在するものが多く、かつ信号所施設や道路はカーブ外側に位置しています。この写真でもカーブ内側から写せればかなり迫力のある写真になると思いますが、位置的に不可能。今回は、道道から望遠レンズで狙ってみました。振り子の威力がよくわかる写真になりました。ここで一旦引き上げて早めの昼ご飯。占冠に撮影に来る方へのアドバイスです。日曜日は、占冠のお店は殆ど休業です。食事をしたい場合は、周辺自治体のお店で購入してから乗り込むのが無難です。ガソリン屋もセルフスタンドが1件開いているだけ。覚悟して来て下さい。ちなみに私の昼ご飯は、道の駅の屋台で買ったたこ焼きです。つい最近店を出すようになった休日営業を行う貴重な存在です。腹ごしらえしたところで、今度は約30キロ先へ。

P6170837 ここは串内信号所。トマム駅から新得側へ5キロほど進んだところです。まずやって来たのはとかち3号。ゆったりと通過して行きます。

P6170855 続いて約10分後、スーパーとかち6号が通過。まさか、最外線を通過するとは思ってなかったのでシャッターを焦って切ってしまったのが残念。分かっていれば、後追いで編成全体を狙っていました。まあ、次回への反省点ということで。

ここまで来たら、足を伸ばしてみたいのが『ぽっぽ屋』の撮影地、幌舞。地図にはありません。時刻表にもありません。本当は、幾寅駅。

P6170861 駅名看板も幌舞になったままです。ここの駅前は映画のために舗装を剥がし、砂利道になってます。セットの食堂や床屋等の建物はそのままになってます。

P6170860 鉄道ファンなら気になる映画出演を果たしたキハ12‐23。駅前に鎮座しております。ただし、胴体を半分に切られてます。機関庫から顔を出したような感じに据えられていました。乗車も可能です。内装も良好。大部分の方はご存知でしょうがこの車両はキハ40からの改造車です。映画製作者がなぜキハ12にこだわったのかわかりませんが。年代的にキハ40では合わなかったのかも知れません。素人にはどちらでもいい筈なんですがね。 これだけ幌舞の名が浸透し、観光客もそれなりに集まる訳ですから、このまま幌舞に改名してしまったほうが良いのではないでしょうか?再度話題になって集客力が増すと思いますが・・・。

仕事が思っていたより早く片付いたのでこんな遠出までできました。夜はD51の部品付けかカシオペアのステッカー貼りか悩むところだなァ。来週は札幌に行きたいなァ。

| |

« 北海鉄道建設記(その18) | トップページ | 北海鉄道建設記(その19) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海鉄道建設記(占冠にて2):

« 北海鉄道建設記(その18) | トップページ | 北海鉄道建設記(その19) »