« 北海鉄道建設記(その20) | トップページ | 北海鉄道建設記(その21) »

2007年7月28日 (土)

北海道鉄道遺産の旅2

P72110351_1 2007年7月21日。南大夕張駅跡地にて。

先週のブログに載せられなかったので、今回の載せてみました。(模型のみに興味のある方は、今回はご遠慮下さい。)

先週、占冠-富良野-夕張-札幌と渡り歩いていた途中で出会ったものです。夕張の山の中の国道を走行中に出会いました。旧南大夕張駅の跡地らしいです。もちろん旧国鉄の路線ではなく、大夕張鉄道が走っていたらしいです。夕張といえば炭坑。それらしく、客車の後ろには石炭用の貨車が2両保存されていました。

P72110361 駅の跡地ですが、プラットホームはほぼ原型らしくとどまっています。なぜか除雪車が先頭になってます。塗装も最近塗りなおしたのでしょう。非常に美しい状態です。でも私が一番興味を持ったのは客車の内部。

P72110381 ご覧の通り、まさに古き良き時代の3等車。気分は銀河鉄道999です。『次の停車駅は、南大夕張。停車時間は・・・、9時間9分・・・。』と停車駅の案内をする、例のとぼけた車掌さんが出てきそうな雰囲気です。鉄郎やメーテルが座っていてもおかしくない雰囲気です。この車両は残念ながら客車内には入れません。デッキからの撮影のみOKです。座席の一部が外されているのがちょっと残念ですが、有志の方々の努力により見事に保存されております。見学の際には、ルールを守るよう私からもお願いいたします。

ちなみに、これからの夏休みシーズンに北海道へ遊びに来る方がかなり多くなると思います。関東から北海道へ来て通算5年近くになる私のお勧めコースがいくつかあります。『行きの切符は取ったけど、どこに行こう?』と迷っておられる方は参考にして下さい。

①札幌-R231(オロロン街道)北上-稚内行き。千歳空港または札幌駅周辺でレンタカーを借りて日本海沿いの国道をひたすら北上。道に迷うこともありません。景色は日本とは思えない断崖・絶壁の絶景の中をひたすら走ります。信号はとても少ないですが、警察は非常に多いのでスピード違反には十分注意しましょう。稚内手前には利尻富士が見えるポイントや、サロベツ原野が広がっています。

②千歳空港-R274(夕張・日勝峠)-十勝平野行き。R274の別名は樹海ロード。千歳-十勝間で4つの峠越えがあります。都会の喧騒に疲れきった方にぜひお勧め。マイナスイオンがあなたを優しく向かえてくれることでしょう。途中、夕張に寄り道して下さい。今ならまだ夕張メロンんに間に合います。はくあの湯に浸かってひたすら山越え。日勝峠を越えればもう目の前に立ちはだかるものはなにもありません。広い平野が眼下に広がるのみです。日本で唯一のモール温泉にでも浸かってください。

③知床。札幌や千歳空港からはとても遠いです。片道で1日と思ってもらえれば間違いありません。世界遺産に登録されましたので、観光客はやや多めです。でも行く価値はあります。個人的な感想ですが、知床には日本ではない日本がまだ残っています。ぜひ船に乗って海から半島を眺めてみてください。知床峠から北方領土を見てください。ちょっと寄り道してトドワラやサロマ湖を覗いてもいいかも知れません。丹頂鶴も見れるかも・・・。とにかく見所一杯。一日では回りきれませんので覚悟して来て下さい。ちなみに女満別空港が最寄の空港です。釧網線はノロッコ号も走ってます。(夏休みに一泊してきます!)

④洞爺湖周辺。札幌・千歳から近い!景色よし!温泉あり!有珠山はあるけどあと10年以上は噴火しないでしょう。しばらくは安全です。私もつい最近行ってきましたが、生きた火山を見たい、触れたい人にはぜひお勧め。ここに行けば、人間の力なんてちっぽけなものだ・・・と嫌でも思い知らされます。冬場は火口周辺には立ち入りが出来ないので、夏場の今しかチャンスはありません。火口付近から見る内浦湾や羊蹄山は絶景ですよ。

以上四点。比較的マイナーなガイドです。 渋滞を気にせず動けるライダーさんにはぜひともお勧めします。クルマにしてもバイクにしても夏場は警察の取り締まりが多いので他県ナンバーとレンタカーの方は十分に注意してください。狙われてます。それから、熊とエゾシカの飛び出しにも気をつけましょう!ぶつかったらまず勝てませんので・・・。

| |

« 北海鉄道建設記(その20) | トップページ | 北海鉄道建設記(その21) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道鉄道遺産の旅2:

« 北海鉄道建設記(その20) | トップページ | 北海鉄道建設記(その21) »