« 北海鉄道建設記(その19) | トップページ | 号外! »

2007年7月15日 (日)

北海鉄道建設記(占冠にて3)

 今週は居残りで仕事でした。日曜居残りの日はなぜか晴天率が高く、今日も夏晴れ・・・。気持ちはブルー・・・。本当は朝から富良野にラベンダーを見に行きたかったのに、今年も夢は叶いませんでした。(余りにも自己の自由が犠牲になる仕事なので近々転職することを考えているぐらいですから・・・。)P7150965

仕事が済んでから占冠車両工場で手を入れた車両達です。カシオペア、DF200、D51。

P7150971 順に説明します。まずカシオペア。DD51のヘッドマークが落ちないように両面テープで固定。E26系は『SAPPORO』のローマ字標記の行き先表示を全車に貼り付けました。また、電源車に付属パーツの取り付けを行いました。これで行き先不明の特別列車ではなくなりました。

P7150972 次にDF200。前回の写真ではまだ付属パーツは一切取り付けていませんでした。今週、全て取り付けを行っています。頭につけるホイッスルは取り付け治具が付いているにも関わらず、なかなか上手くつきません。予備の部品を全てなくしました。(飛んで行っちゃった!)後は、コキを増備してイマドキのコンテナ列車を仕立てるだけです。模型屋さんの在庫を調べましたが、貨車の在庫は意外と少ないので困ってしまいました。

P7150976 最後は問題児のD51。触るのも恐ろしや・・・、といった感じのデリケートさ。ナンバープレートや付属パーツを付けてみました。が、まだ石炭とタブレットキャッチャーは付けてません。木工ボンドを占冠に置いてなかったこと、キャッチャーはつけてもすぐ取れていまいそうに思えたからです。石炭は早急につけたいと思います。

さて本日は仕事で居残りだったので大半を事務所の中で過ごし、パソコンとにらめっこ。仕事はほどほどにして、ひたすらJR北海道の予約画面と格闘してました!そう、今日は帰省先から帰って来る日の切符発売日!勝負は2日前から始まっています。占冠駅に予約の予約を入れました。過去2回の占冠駅での勝率は100%!!正確に言うと占冠にはマルスがないため新夕張駅に頼んでいるとのこと。それでも過去2回ともロイヤルとスイートを狙い撃ちにしている実力は大したものと言えるでしょう。今回は臨時の北斗星81号のロイヤルを本命にしました。なぜ81号にしたか?理由はマイナーな存在だから。また、臨時列車はインターネットを通じて自分のパソコンから予約が出来ないため、多少なりとも競争率が下がるだろうと思ったからです。結果がわかるのは17日とのこと。ちなみに、10時に自分のパソコンから狙ったのは1号のロイヤル。前回4号に乗ったので今回はJR北海道所属車を狙ってみました。9:55には全て準備完了。一押しで検索が始まる画面にしていよいよ10時ジャスト!押してみると、空席ありの○印が画面にあるではないですか!すかさず予約開始。確認画面までは素直に動いたのですが、切符をどこの駅で受け取るか一瞬札幌?トマム?富良野?えいっ!札幌だ!と思って押したら、タッチの差で売り切れになってしまいました。一瞬にして目の前が真っ暗になったことは言うまでもありません。その後、3号ロイヤル、1号・3号のソロとあたりましたがその時点では当然満席。痛恨のミスでした。一日ずらして明日も挑戦しようかなァ。と思いながら悔しくて仕事もろくにせずキャンセル待ちを狙ってパソコンをにらめっこすること半日。チャンスはあるものです。前回のカシオペア同様、夕方になって1号のソロをゲットしました。あとは、占冠・新夕張駅コンビの結果を待つだけ。あまり期待はしてませんが。なぜなら、新夕張駅の窓口は日曜・祝日はお休みだそうです。どこか獲物が獲物だけにどこか他の駅に頼んでくれていればよいのですが。まあ、キャンセル待ちは宝探しのようなものなので、あきらめずに気長にやります。まだ一ヶ月ありますからね。ロイヤルが取れたら、とりあえずその旨だけ報告したいと思います。

富良野に行けなかったので日高の温泉に行ってきました。ごらんのとおり、ここには9600が鎮座しています。

P7150948P7150949_1   P7150947_1

見ての通り、保存状態は悪く、ペンキは剥げてます。さびもそこら中に発生していました。折角屋根まで設置しているのに保存する気があるんだか疑いたくなります。ちなみにここは日高町の沙流川温泉の宿のすぐそば。というよりも日高国際スキー場の下と言ったほうがわかりやすいかも知れません。お近くに来られたらぜひ覗いてみて下さい。

| |

« 北海鉄道建設記(その19) | トップページ | 号外! »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海鉄道建設記(占冠にて3):

« 北海鉄道建設記(その19) | トップページ | 号外! »