« 北海鉄道建設記(占冠にてその4) | トップページ | 北海道鉄道遺産の旅(道北編) »

2007年9月16日 (日)

北海鉄道建設記(その24)

    今回は先週日曜に行った列車撮影と今週日曜のレイアウトの様子が主なネタです。まずはレイアウトの方から。

P91615561_2 9月16日時点の様子です。今回はレイアウト自体の進捗は殆どありません。唯一、トミーテックの『白樺』のキットの幹の部分だけ組んでみたことでしょうか。今、駅前広場で接着部分を乾燥させています。列車の運転をガンガンやるんだい!と思ってキハ183系を3本並べてみました。この写真に写る以外にも当鉄道には183系2550番代(HET:旧製品)6連が在籍しています。計24両の最大派閥です。とりあえず走らせるとこんな感じ・・・。

P91615601

気分は狩勝峠と言ったところでしょうか。約10年前の塗装変更過渡期にはこんな編成が走っていました。気分良く走らせたのもつかの間、トラブル発生。室内灯とヘッドライトのちらつきが一部の車両で多発。また550番代のM車で片方向への走行が出来ない。ということで、原因究明も兼ねて分解清掃となりました。2550番代の先頭車2両のライトのちらつきは、車輪の分解清掃で落ち着きました。同様に550番代のグリーン車と中間車も清掃。こちらも無事完了。最大の難関がM車。まず車輪を清掃。しかし動かない。車体を分解し、座席を外して確信部分へ。まず、目に付いたのが、グリスの汚れが金属プレートの接点にべったりとついていること。トミックスのレールクリーナーでとりあえず清掃。グリスを自分で追加した覚えはないので、明らかに当初からつけすぎです。猛暑の影響で溶け出してきたのかもしれません。さてこれで走るかかなと思いきや、走らん!ナゼ?と嫌な予感を感じながらもう一度台車部分に注目・・・。車輪との接点に油汚れを発見。今度は台車を全て分解し清掃。指が痛いです。ここまでやって、ようやく通常走行が可能になりました。結局、この作業に手間を取られてレイアウトには手が付けられませんでした。

P91015251 もうひとつ、今回いじってみたのが西武の701系。カプラーをカトーのものに交換してみました。

P91015271 アップにするとこんな感じです。レッドアローにはマイクロカプラーを付けましたが今回は台車マウントのカトーのもの。中間車なのに電連付き?の見た目の疑問点はありますが、電気の配管が表現されているので実感的です。車両間隔が詰まらないのが残念なところです。レッドアローと並べると明らかです。以前買ったカシオペアの中間連結器がこのタイプだったので試しにつけてみた次第です。値段を考えると相当イケているかと思いますがどうでしょうか。このタイプだとかなりの急カーブでも走行可能になるという、よい点もあります。

P91015311 秩父線を快走している701系といったところでしょうか?架線柱がないのが残念。秩父線にはトラス橋も無かったなァ・・・。

P91615661 ようやく車両の整備が完了し、のんびりと夜行列車を運転。つい先日撮った『はまなす』を思い出しながら・・・。急行はまなすを待つ特急スーパーとかち。

P91015511

そうこうしているうちに、久々にカニ列車が登場。しばらくしてカシオペアが通過・・・。この時点で午前2時。この日の営業は眠気とともに終了しました。

1 さてここからは実物の世界の話です。全て9月9日に撮影しました。まずスーパーおおぞら1号。前回ホロカ信号所で待てど暮らせど来なかったやつです。今回は占冠村内の別の場所で撮影。ちょっと後ろが見え難いのが残念。

3 ちょっとアングルを変えてスーパーおおぞら3号。これで天気がよければ文句ないのですが・・・。

6 今度はちょっと上に上ってスーパーとかち6号の後追いです。予想した時刻よりちょっと早く来たのでいまいちのタイミングです。

Df200 こちらは1枚目と同じアングルでDF200 0番代。すぐ手前の信号所から出発したばかりなのでいくら空荷とはいってもゆっくりやってきます。ちなみに私の鉄道に配属されたのも0番代車です。

4 そしてここからは今回初登場となる東占冠信号所にて。やって来たのはとかち4号。直線なので撮りやすいと思いきや手前のポールが非常に邪魔。また、線路に近付きすぎるのも危険です。反対側の側線を通過してもらえるといい絵になるんですが・・・。

4_2

同じ列車を振り向き後追いで撮ったもの。いかんせん天気がねェ・・・。

1_2 同じ場所でスーパーとかち1号。短い編成ですが、ポールが掛かってしまったのが無念です・・・。

今回の撮影は天気に恵まれませんでした。曇り空の中の白っぽい列車は最悪です。見事に空に溶け込みます。前日まで台風が来ていたのでやむをえないところでしょう。ただ次回につながるものとして新たな撮影スポットを発見。今度は線路の上から俯瞰する形になります。いい編成ものが撮れると楽しみにしているところです。(熊出没注意と看板が出てましたが・・・。)

| |

« 北海鉄道建設記(占冠にてその4) | トップページ | 北海道鉄道遺産の旅(道北編) »

趣味」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海鉄道建設記(その24):

« 北海鉄道建設記(占冠にてその4) | トップページ | 北海道鉄道遺産の旅(道北編) »