« 北海鉄道建設記(その25) | トップページ | 北海鉄道建設記(その27) »

2007年10月14日 (日)

北海鉄道建設記(その26)

今週は連休だったのですが、札幌には行かず急遽タイヤ交換することになりました。自分で交換するわけではないのですが・・・。10月12日の未明に占冠は初雪が降りました!旧に寒くなったのでまだ早いかと思っていたのですが考えが甘かったようです。

ということでレイアウト関連での進捗はありませんが、できることを少しでもやっておこうということで、かなりほったらかしになっていたリアルラインのD51に石炭を載せました。

Pa141885 面倒だと思って放っておいたものです。意外と簡単にできました。今、ストーブでガンガンに乾燥中です。

Pa141883 そして最近のC62の様子です。今、第6号まで組んだところです。が、第一動輪に付属のロッドはヤスるのに手間がかかるので片方しか完成していません。最近ちょっと不安に思うのですが、これ本当に完成してから塗装できるんでしょうか?いくら黒一色とはいえ細部まで綺麗にムラなく塗装するのは至難の業かと思う今日この頃です。

タイヤ交換で十勝方面に出向いたので道の駅めぐりをしてきました。今回は南十勝方面の4箇所。天気は最高に良い状態でした。南十勝といえば旧広尾線の通り道。道すがら旧愛国駅に立ち寄りました。

Pa131840_2 ここでは9600が余生を送っています。駅は公園のように整備され、機関車の塗装も綺麗にされております。ただし運転席には入れません。

Pa131843 そして次に旧幸福駅。前回訪れた時はカメラの設定を間違え、とんでもない写真になってしまったので今回は注意をして撮りました。天気も良かったのでイイ感じに撮れました。

Pa131848 今回はうれしいことに、キハ22の車内に入ることができました!外から眺める機会は何度となくありましたが、中に入るのは今回が始めてです。運転席やトイレには入れませんが、これだけでも良い体験になりました。

さらにこの後南下し4つの道の駅を巡り、ナウマン温泉にとっぷりと浸かって帰路につきました。ちなみにナウマン温泉は私が行ったことがある北海道の温泉の中で一番のお勧め温泉です。とにかくツルツルになります。石鹸はほぼ必要ありません。入って10秒程度で肌の変化を確実に実感できるはずです。それもそのはず、アルカリ性がかなり強い性質なので体が溶けるのでツルツル(ヌルヌル)感がとても強いのです。近いところにあるなら毎日でも通いたいぐらいです。なお、公営のホテル(旅館に近い)が併設されていますので、観光で訪れても大丈夫です。

本格的な冬が近付いてきたので、雪が降る前に道の駅めぐりと列車撮影を優先させる予定です。来週も連休の予定なので、室蘭・洞爺方面の列車撮影にでかける予定です。天気次第ですが・・・。またレイアウト進みそうにありません。

| |

« 北海鉄道建設記(その25) | トップページ | 北海鉄道建設記(その27) »

趣味」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海鉄道建設記(その26):

« 北海鉄道建設記(その25) | トップページ | 北海鉄道建設記(その27) »