« 車両ケースその2 | トップページ | 北海鉄道建設記(その34) »

2008年3月31日 (月)

北海鉄道建設記(その33)

皆様、大変長らくお待たせいたしました。本日より北海鉄道第2弾の開始とさせていただきます。以前から計画を発表しておりましたレイアウト第2弾がとりあえず運行できる状態になりましたのでご紹介いたします。

P3292278c_2 今回のコンセプトは以下の通りです。①4.5畳の部屋に置く為サイズは定尺とする。壁と3段ボックスの隙間に立てかけて収納するため、立体交差は作らず平面的なものにする。当然建物も作らない。③突然の転勤にそなえ、すぐに壊せるものとする。④線路配置は極力単純なものとするが、14両編成が交換できる設備を備え、かつ比較的長距離走行が可能なものとする。

 以上を踏まえて作成したレイアウトは写真のようなものとなりました。以前に掲示したプランと若干ことなる点(S72.5⇒S99と変更した部分がある。)がありますが、ほぼ同じものです。アクセントとしてS140の部分にリレーラー付きレールを挿入してみました。なるべく大半径のレールを使用するようにしました。(SLをなるべくスムーズに走行させたいためです。)内側のレールにはR280を使用しましたが、R317あたりでも何とかなりそうです。

 また、河合商会のレイアウトマットを敷きました。緑のものを3枚。これはプラダンの上に両面テープで仮止めしただけですが、今のところ問題ありません。真っ白な雪原のようなレイアウトになるはずだったのでしたが、真夏の草原になってしまいました。この方が多少なりとも実感的になり、車両も生き生きとするはずです。

 レールの固定は、道床に開いた既設の孔からボードに孔を開けステンレス線を通してボードに縛り付けています。縛り付けるには近場に2孔必要なので、足りない1孔はピンバイスを使って開口させます。レイアウト全体で10箇所程度固定すれば、レイアウトを立てかけた時にも線路はしっかりと固定されています。

 ポイントコードは今のところ上面を這わせていますが、見た目上良くないので、孔を開け背面に回す予定です。フィーダーはどこでも差せた方が使い勝手が良いと判断し、背面に回す予定はありません。

 こうしてとりあえず完成した超仮設レイアウト、製作時間は正味2時間程度でしょうか。あまりにも簡単に出来上がるため、製作過程の写真は省略させていただきました。毎回レールを繋ぎ合わせる手間から解放されだけでも有り難いです。見ての通り21m級車両の14両編成同士の交換もギリギリでクリアしました。交換施設は信号所と思えばそれなりに見えるものです。

 Nゲージのレイアウトを本当に真面目に作られている方々からは笑われてしまうようなものかも知れませんね。こんな物のどこがレイアウト?と怒られてしまいそうです。しかしながら、根無し草のような転勤族にとってはこの程度が限界一杯といったところです。同じような境遇にありながら、レイアウト製作をあきらめている方に参考にしていただければ幸いです。なお、このレイアウトはまだ完成ではありません。立体的には出来ないので、平面的は表現を徐々に増やして行きたいと思っております。

| |

« 車両ケースその2 | トップページ | 北海鉄道建設記(その34) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海鉄道建設記(その33):

« 車両ケースその2 | トップページ | 北海鉄道建設記(その34) »