« ある日の北海鉄道 | トップページ | 真打ち登場!! »

2008年5月28日 (水)

新車登場!

当鉄道に久々に新車が登場しました!今回登場する車両はコレです。

P5282369c_2 500系新幹線のぞみです。はっきり言って一目惚れの衝動買いです。まさに走る戦闘機!従来の白い車体に青い帯とはかけ離れたカラーリング。ほぼ円形の車体断面。最大の特徴である先頭車両の尖り具合。300㌔を出すためとはとはいえ、ここまで尖らす必要はないのにやってのけたJR西日本に拍手を送りたいです。私はあまり新幹線は好きではなく、これまで保有することも考えませんでしたが、この500系だけは別格です。人によって好き嫌いがはっきりと分かれるであろう500系は私にとっては№1の新幹線車両です。

P5282367c 今回購入したのはKATO製です。屋根上のカラーリングがトミックスと異なり、好みが分かれるところでしょう。今回は確実な走行性能を確保したかったことと、フル編成になった場合トミックスは2M編成となってしまうことからKATO製を選びました。キハ183系でハズレのM車に当たってしまったこともトミックス製を敬遠した理由のひとつです。

KATOの500系を走行させた感想は次の通りです。カタログでは最小半径R315以上となっていますがR280でも走ります。車体がかなり内側にはみ出て変ですが。おおむね良好に走行します。スケールスピード300㌔と思える速さでも特に問題ありません。が、R541のポイントを分岐側に通過する場合に問題が発生。脱線します。スローであっても駄目です。私のポイントは旧製品のためグレー道床の製品とレール断面(特に高さ)が若干異なり、やや段差が生じています。これが影響しているのかも知れません。その他の部分を走行する際もレールジョイント部で上下方向に折れ目が生じているとまれに脱線しました。

動力はスムーズ。最近の製品にしてはやや走行音がにぎやかなほうかも知れません。車体の塗装は綺麗に仕上がっていますし、行き先シールも付属しており親切です。先頭車のライトは適度な明るさです。今後ぜひ室内灯を取り付けてみたいですね。今回購入したのは4+8両セットの12連。レイアウトの規模から言ってもこの辺が妥当だと思います。欲を言ったら切りがありませんので。

P5282368c

テールライトが赤々と光っております。カーブをくねくねと曲がる姿は円形断面のおかげでまるでヘビのよう。現代の車両の中でも、印象に残る美しい車両の部類に入るのではないでしょうか。

| |

« ある日の北海鉄道 | トップページ | 真打ち登場!! »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新車登場!:

« ある日の北海鉄道 | トップページ | 真打ち登場!! »