« 新車登場! | トップページ | キハ183系初走行! »

2008年5月31日 (土)

真打ち登場!!

500系新幹線に続いて新車が本日手元にやってまいりました!

P5312371cトミックスよりリニューアル発売されたキハ183系です。私がこのたび購入したのは0番台の基本セットと3両増結セットの計7両。比較的単調な車種構成のキハ183系の中でも、キハ184やキロも混在した賑やかな編成です。同時発売となっているキハ183‐100番台も購入しようかと悩みましたが、実車のあのデザインは特急型としてはイマイチか?という個人的な主観により購入に至りませんでした。実車の車種構成に詳しい方なら、この規模んぼ編成で発電装置を積んだキハ184は必要ないとすぐにお分かりでしょうが、そこは模型の世界と思ってご容赦ください。

P5312372c 先ほど宅急便で届いたばかりなので、何も手をつけていません。ヘッドマークだけは漢字の北斗が予め取付られております。今回の製品から、シールではなくはめ込み式のヘッドマークに変更になっております。(先に発売されたHETも是非この仕様にして欲しかった。)はめ込み式はやはりきっちり収まっており、見栄えが違います。先頭車を見てひとつ気になった点といえば、運転席全面ガラス上の屋根との隙間です。2両ある先頭車の両方とも隙間がありました。車両の顔とも言える部分なのでちょっと残念です。屋根上の機器類の表現は、保有している10年ほど前に購入したスーパーとかちよりもシャープになっているような気がします。車体は、車端部分がやや低く感じます。実車同様に雨樋の水勾配を考えての183系2550番台と同様のモデル化だと思いますが、トミックスの場合やや大げさ過ぎる感じがします。編成にして並べた場合やや目立ち過ぎかと思いますが、リアル差を追求した結果のひとつの答えがこれでしょうね。好みが分かれるところでしょう。塗装は、全体的に綺麗な仕上げだと思いますが、やはりドア周りの窪みではカスレが目立ちます。リニューアルされても、塗装に関しては昔のままのようです。塗装に関しては、あっさりカサカサ気味のトミックス、コッテリツヤツヤのマイクロエース、シャープで綺麗だけど細かな文字表現等が苦手なKATO。三者三様、競合となった場合はっきりと好みが分かれる部分でしょう。なお、本当に届いたばかりなので試運転もまだです。よって一番気になる走行性能はまだ確認しておりません。(同じキハ183系HETのM車のようなハズレ品でないことを祈ります。ちなみに現在HETのM車は修理のため入院中です。もう1ヶ月以上になるけどまだ退院して来ません・・・。)

今回入線したキハ183系国鉄色は、当鉄道名である『北海』を名乗るに一番相応しい列車だと思います。キハ82系でも良いのでしょうが、30代半ばを過ぎた私の世代ではやはりキハ183系ではないでしょうか。セットには北斗のヘッドマークのほかにおおとりがなぜかひとつだけ付属。北海は別売りのヘッドマークを購入しないとだめなので、同時に購入しました。北斗の陰に隠れてイマイチぱっとしたところが無かった北海もこれで見事復活です。

今後、ナンバーのレタマークの取付や細かなパーツを取り付けることになりますが、面倒くさいですね、相変わらず。値段が高い割に、ユーザーに手間ばかりかかります。トミックスはいつもこう。先日購入した500系新幹線は、行き先表示と席表示のシールを貼っただけで済んだのにこの差は何?と首を傾げたくなります。メーカーそれぞれの考え方があるのでしょうが、今ひとつトミックスの考え方には納得が行きません。それに一番不思議なのは、行き先表示や号車表示のシールが一切付属していない点。『付けたければ他社製品を勝手に付けろ!』というトミックスの主張がはっきりと聞こえてくるようです。北斗星を買った時もそうだったし、HGモデルでも同様です。値段だけがハイグレードなんでしょうか?そうだとしたら会社として目指すところが間違っていると思います。もう少しユーザーの声に耳を傾けたほうが良いと思いますが・・・。せめて、別売りでも結構なので純正品の行き先表示のシールを販売して欲しいものです。

この車両については、今後グレードアップを行ってからブログに再登場させたいと思います。

| |

« 新車登場! | トップページ | キハ183系初走行! »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真打ち登場!!:

« 新車登場! | トップページ | キハ183系初走行! »