« 続500系新幹線 | トップページ | 汚してみました »

2008年6月15日 (日)

室内灯が点きました

P6152429c 500系新幹線に室内灯をつけてみました。明かりをつけた部屋の中では、写真の通り目立ちません。

P6152430c 部屋の明かりを落としてみると・・・。いい感じに光ります。今回取り付けたものは、KATOのLED照明です。初めて取り付けましたけど、新幹線の場合、先頭車を分解するのがとても面倒。おまけに照明ユニットの組み立ても12両分となるとかなり面倒です。値段が安いのは結構なんですけどね。トミックスのように、簡単にポン付けできるのが一番良いです。(ただし、値段が高いですが。)KATOの照明でひとつ気になる点は、車端部の発光部が異様に明るく見えてしまうこと。これは従来の電球照明でよく発生し、いまひとつ実感味に欠けるものでした。今回のLEDでは、光源自体が明るくなったこともあるようですしかなり改善されているように思いました。写真のように光源と反対側の車端部の明るさもさほど差がなく照らされている様子がわかります。

P6152433c スケール速度300キロで走るのぞみはまさに光の矢そのものです。ブルートレインのような夜汽車を再現するのもよいですが、新幹線もなかなか良いと思ってしまいました。速く走るだけしか能がないと思っていたのは大きな誤解だったようです。

| |

« 続500系新幹線 | トップページ | 汚してみました »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室内灯が点きました:

« 続500系新幹線 | トップページ | 汚してみました »