« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

C62の運転席

Pa260021c ひと月振りに実家に帰り、いつものとおりC62を組み立てようと思ったら・・・。ここ最近到着したパーツは、運転席まわりのものばかり。屋根なんて取り付けてしまったら、内部の塗装が出来なくなる!いちいち取り外すの面倒だし・・・。ということで、急遽運転席の塗装にとりかかりました。色見本となるような良い資料がなく、かつ塗料の種類も少ないのでとりあえず黒いところだけ塗っとけ!といった感じです。上の写真は以前も登場した塗装前のもの。下地処理はしてますけど、かなりおもちゃっぽい印象です。(これが良い!という真鍮派の方も多数いらっしゃいますが、SLは黒いもの!というのが私のイメージなので。)

Pb230010c 片側の側板を取り外してつや消し黒をひたすら筆塗り。強烈な肩凝りの中、無理な姿勢で作業をしたのがたたったのか、激しい頭痛に悩まされることとなりました。冬場だったので、換気がいまいちだったこともあかも知れません。気持ち悪いです。でも見栄えはそれなりに良くなったのではないかと思います。本当に保存機のようなボテボテの塗装になってしまいましたが。それにしても、椅子の色は何色なんでしょう?革なのか布なのかわかりかねます。どなたかご存知の方、お教えいただければ助かります。

今回は、あまりの体調不良のためここで作業を断念。目が回りますので、とても細かな作業はできません・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

キハ183系をいじる

Pb170014c 今回はキハ183系をいじってみました。いじる、と言っても連結器を交換しただけですが。今回はお手軽にできる密自連型カプラーへの交換です。予算の都合もあり、車体マウント型は今回採用しておりません。入手できなかったのが大きな原因ですが。台車マウント型でもそれなりに車両間隔は狭くなってくれます。ただし、その見た目と引き替えに連結が非常にやりにくくなことをご承知ください。

Pb170015c 連結器を換装するだけでこんなに見た目がすっきりしてしまうんですよね。連結器が実感的になったのに、貫通扉の色がクリーム色の車体色のまま、というのは何とも間抜けな印象になってしまいました。(マイクロエースなら最初から色入れしてあるんですが・・・。)まあ、ここの色入れはまたの機会と言うことで今回は見送ります。

Pb170019c 先頭車のダミー連結器と比べても見た目には悪い印象を受けませんね。連結はもちろんできませんが。

今回は、数日前に親知らずを抜歯しまして右のほっぺたがおたふく状態になるほど腫れ上がっている状況で少しでも気を紛らわすことがしたかったからこんなことをしてしましました。歯茎にメスを入れたこともあり、痛みは半端ではありません。ここ数日まともに食事をとれませんでした。やっと痛みにも少し慣れ、模型をいじる余裕もできましたのでこのようになりました。まあ、いつかはやろうと思っていたので今回はいい機会でした。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

20系ブルトレがやって来た!

私の鉄道にもついに20系+EF58が登場です。

Pb130007c

KATOの20系が再生産されたので、ようやく購入できました。今回購入したのは7両基本セットとナロネ20の計8両。EF58の特急色は実は一月ほど前に先行購入していたものです。(ただし今回初公開です!)

Pb130006c EF58もこうやって接写に耐えられるほどのシャープな出来栄えです。連結器さえ写っていなければ実物みたいな感じがじます。走りも適度にフライホイールが効いている感じでスローから高速までOK!ただし、R280程度の曲線は先台車が大きく左右にはみ出すため非常に見た目の実感を損ねてしまいます。なるべく大半径の曲線で走行させたいものです。クイックヘッドマークはいいアイディアですが、分厚すぎです。その結果、曲線部で昇り勾配に差し掛かる時に握り棒がヘッドマークに接触しずれてしまいます。この辺は設計ミスでは?と思いたくなります。

Pb130010c それに対して20系は本当に良く出来ていると思います。写真を見る限り、Nですか、これ?と疑いたくなるような出来。以前模型店のショーウィンドウに並んでいたのを予算の都合で買えなかった時の悔しさが今晴れました。個人的に、20系の丸く深い屋根と最後部の丸みは大好きです。現代の車両にはないアナログ時代の暖かさがほんのりと伝わってくるような気がしてなりません。

Pb130003_2 連結すると、車両間隔が短くて実感的です。トミックスの伸縮カプラーには勝てませんが、KATOのカプラーもジャンパ栓がついていることや値段の安さ、連結のしやすさを考えればなかなかのものだと思います。

今はこの編成はやや短めの8両編成です。テールマークはあさかぜとしました。ナロが2両入っていますが、もう少し増やしてもあさかぜなら文句をいわれずに済むかも知れません。ついでにEF65-500も欲しいと思う今日このごろです。

| | | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »