« ブルトレがまた廃止ですか。 | トップページ | あけおめ! »

2008年12月27日 (土)

武田菱VS振り子

12月24日のことですが、さいたま新都心へ出張にいってまいりました。いつか乗ってみたいと思っていたE351系とE257系の乗り比べを行ってきました。その結果は・・・。

Pc240020c_2 茅野駅で撮影したE257系の上りあずさ。これに乗って出発です。この車両、走行している姿は毎日のように見ていますが、デザインが私のセンスではちょっとねェという感じです。スピード感が乏しいし、風格も特急とは言いがたいように思えるからです。まあ、外観の好き嫌いは個人差が大きいのでこの辺で止めておきます。

Pc240028c 私が乗車したのは11号車。この列車の特色である『武田菱』を前面に押し出した号車標記が側面掲出されています。ちなみに、側面のブロックサインのようなカラーリングも武田菱から来ているようです。でも武田菱はこれだけではないのです。

Pc240022c_2 シートの柄も武田菱。

Pc240023c 眩しいと思ってブラインドを下げれば、ここにも武田菱・・・。洗脳されそうです。これしかないんでしょうか?ちょっと発想が乏しすぎるような気がするのは私だけでしょうか?

このE257系ですが、乗り心地は良いと思いました。中央線は急カーブが多いのでなかなかスピードを出せないのですが、この車両はスピードはやや控えめで乗り心地重視なんでしょう。座席にも、航空機並みの大きなテーブルが付いていて便利でした。なによりも車両が比較的新しいので綺麗です。ガタつきもないみたいです。

Pc240033c 続いて、帰りに乗った下りのスーパーあずさ29号です。こちらは振り子なので車体断面が丸っこくなってます。角ばったデザインが好きな方には、絶対受け入れられない形だと思います。運転席を2階に置いたこのデザインは電気釜スタイルを正常に進化させた形かと思います。ちなみに私はこの車両の見た目はあまり好きにはなれません。理由はいくつかあります。第一にカラーリングが地味。第二にクーラーがでかくて不恰好。第三にパンタ台が異様にでかくて目立つ。第四に先頭形状、もうちょっと頑張って欲しかった。と言ったところでしょうか。

Pc240034c 室内はこんな感じです。特筆できるような良い点は特に見当たりませんでした。ちょっと残念。どこでも走っているようなフツーの特急ですね。駅弁食べようと思ったら、テーブルは小さいものしか付いてなくて本当に使いにくかったです。おまけに乗り心地は・・・。やはり振り子列車に過度な期待をしてはいけないのでしょう。座っていても激しく揺れます。私の前の座席は空席のままでしたが、ブルブルと振動し続けていました。立て付けが悪かったのでしょうか。見ていてあんまり良い気分ではないです。スピードは確かに出しているようですが、新宿から八王子あたりまではずっと徐行運転ですから振り子が役に立つ区間も相当限られた区間になってしまうのでしょう。現実に、E257系との運転時間の差はあまりないみたいです。一体なにが『スーパー』なんでしょうかね?と感じてしまう列車でした。

この2列車のどちらが良いか選ぶとしたら、間違いなくE257系ですね。多少のスピードダウンはあるものの快適な設備を選びます。時間に余裕があるならば間違いなく『あずさ』を選ぶでしょうね、これから新宿方面に行くときは。

今回この2列車に乗りましたが、気に入った方をNゲージで揃えようかと思ってましたけど、どちらも×。多分永久に私の鉄道に入線することはないと思います。やはりどちらもデザインがねェ。模型は見た目が命ですからねェ。ぱっと見で、色気もときめくものも何もないんです、どちらにも。両列車のファンの方には大変申し訳ないのですが、買ってまで走らせたいとはどうしても思えないのでね。

今年中に100回目の更新までたどり着くかと思ってましたが、どうやら来年に持ち越しそうでちょっと残念。来年こそレイアウト作りたいなと思う今日この頃です。

| |

« ブルトレがまた廃止ですか。 | トップページ | あけおめ! »

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田菱VS振り子:

« ブルトレがまた廃止ですか。 | トップページ | あけおめ! »