« 2009年第一弾 | トップページ | 新車登場! »

2009年2月22日 (日)

室内灯をつけました

当鉄道の999号に室内灯を付けてみました。効果のほどは・・・?

P2210004c_2 マイクロエースの電球色を付けてみました。稀代の駄作でも室内灯を付けるとそれなりに綺麗になりました。このまま展示しておきたいなァ。これで真っ暗な宇宙空間を走行(飛行?)しても問題ありません。まさに「汽車は、闇を抜けて~♪」の世界です。

でも、11両に室内灯を取り付けると1万超え!確かにマイクロの室内灯は綺麗だけど、この費用を考えると如何なものかと思います。こんなことしてないで、他社のまともな車両製品を1セット買ったほうが良い、と考える人も多いことでしょうね。私もどちらかと言えば、車両を増やしたい派です。

さて今回、室内灯を付けて気がついた点がいくつか。まず、マイテの屋根と車体の間にスキマがあり、光が漏れてかっこ悪い!ボロが出ましたね、マイクロさん。そのうちアルミテープで塞ごうと思います。普通車の車内のシートが青?室内灯で目立つようになってしまいました。メーテルや鉄郎が座っていたシートは木枠に緑のモケットだったような気がしますが・・・、私の記憶違いでしょうか?目立つだけに造り込んで欲しかったです。それに、室内の青と光が混じるとどう見ても電球色に見えず、白っぽい蛍光灯の光に見えてしまいます。マイテと食堂車はいい感じなのに残念ですね。

ついでに連結器をカト-のNカプラ-に交換しました。車両間隔がほんの少し縮まったみたいです。だけど、C62と客車の連結は、機関車側のカプラ-の高さが合わず、走行中の開放を頻発する羽目に。結局、客車側のカプラ-ポケットに細工して高さを合わせて事なきを得ました。カプラ-の件ではもう1件問題が発生。マイテの展望室側のカプラ-をマイクロカプラ-に交換したかったのですが、無理なことが判明。3軸ボギー台車にマイクロカプラ-の受けが接触してしまうんですね。車体側には、ちゃんとマイクロカプラ-取り付け用のくぼみもあるんですけどどうなっているんでしょう?ダミーカプラ-代わりにして。少しでも見栄えを良くしようと思った思惑が外れてしまいました。仕方なく、Nカプラ-で妥協してます。

色々あったけど、やっと手入れが終わって出発進行!と思ったのもつかの間。この製品にとって最大とも言える難点が発覚!フル編成で緩い勾配に差し掛かったら登坂できない!室内灯がそんなに重いのか?!このC62、かなり非力です。ちなみに私のレイアウトは年明けに無水エタノールで綺麗にレール磨きをした状態であり、汚れは一切ないと言っていい状態です。もちろん他車での空転も見られないのですがね。宇宙に飛び出すどころか、地上もまともに走れないなんて・・・、「ナサケナイ、ウ、ウ、ウ」と言う機関車の嗚咽にも似たような声が聞こえてきそうです。

P2210005c こちらは、気を取り直して走行させた789系とキハ261系。261系はスローからいい走りをします。789系はスロー発進が出来ないのが悩みの種。外面は良いのですが・・・。

こうしてみると、今日のネタはマイクロエースばかり。いいんだろうか、これで。(私は決してマイクロエース信者じゃないのですが。)とうい訳ではありませんが、月末にトミックスからキハ40がやっと発売になります。タラコ色のキハ40を見るのが今から楽しみです。

| |

« 2009年第一弾 | トップページ | 新車登場! »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 室内灯をつけました:

« 2009年第一弾 | トップページ | 新車登場! »