« ミニレイアウトの製作1 | トップページ | 西武351系入線 »

2009年9月27日 (日)

C57がやってきた

以前の予告の通り、トミックスのC57がやって参りました!その雄姿はこれ!

P9270007c 良いではありませんか!とてもトッミクスのSLとは思えません。かつてのC57、9600等と比べると数段グレードアップしていると思います。超精密モデルが主流のこのご時世に前回の9600レベルでの製品化は考えられませんが、これならSLファンからも文句を言われずに済むことでしょう。

私はカトーのC57も持っているのでこの機会に比較してみました。

P9270002 まず2台を並べてにらめっこから。左がカトー、右がトミックスです。プロトタイプが違うので単純に比較することはおかしいかも知れませんが、あくまでもご参考までにということで。一目見て、高さの違いが歴然です。そして、キャブからはみ出したカトーのモーター。カトーのC57は10年以上前の製品であり、当時としてはこのモーターサイズが限界だったのでしょう。それに合わせるようにして車体全体が馬鹿でかい訳ですね。こうして2台並べると、別の形式の機関車に見えます。

P9270005 横から見てもさすがHG仕様だけあって精密です。赤いロッドも奇麗です。キャブとテンダーの間も狭くて実感的です。

P9270004 こちらはカトー。発売当時はこれでもGOOD!だったのですが、トミックスのC57を前にしてはさすがに見劣りします。まあ、いたしかたのないことでしょう。しかしながら、同社はちょっと前に発売したC62のような素晴らしい技術がある訳ですから、早急なリニューアルを期待したいところです。ちなみにこの車両、大した整備もしていませんが今でも素直に走ります!さすがカトー!

さてNゲージ車両は走ってナンボの世界です。今回のトミックスのC57はどうか?

スロー走行はいい感じです。走り出しもロケットスタートにはならず蒸気らしくゆったりとスタートします。スケールスピード60~70キロ程度でもギクシャクせず快調に走りました。少し気になるのは走行音。ギアの音なんでしょうか?シャッ、シャッ、といううような音がします。よくいえば蒸気らしい音、悪く言えば何かがこすれているような音です。走行には何の支障もないのですが・・・。

ヘッドライトも奇麗に光ります。電球色のLEDでしょうか?そして後ろのヘッドライト?も今回は光ります。ただし、前進している時もチラチラと光って見えるのは如何なものかと思います。電気系統何かトラブルでも抱えているのでしょうか?目立つだけにちょっと残念。

プロポーションは典型的な北海道型をうまく表現していると思います。腰の高さも低く抑えられているため、横から見ても違和感はありません。灰箱あたりも赤く色差しがなされており、実感的です。配管類も強度があり、車両の出し入れの際どこを掴んだら良いの?というようなことはないでしょう。

この製品で数少ない気に入らない点は、やはり後付けパーツの多さ!メーカーの考え方によるのでしょうけど、やはりトミックスは多すぎです。カトーのC62は後付けパーツはほとんどありませんがあの値段です。マイクロエースに至っては、後付けパーツは皆無です。それに比べて、トミックスは値段は高いし手間はかかる。値段を下げるからお客さんで付けてね!と言うのなら理解できるのですがね。トミックスの目指す『ハイグレード』というものがどこに向かっているのか私にはイマイチ理解できないところがあります。

こんな具合ですが、今回のC57に関しては私はおおむね満足しています。トミックスのSLに対する造形技術もここまで到達したのかと安心しました。ターンテーブルをラインナップしていながら肝心のSLがない!という訳のわからない状態にようやく終止符が打たれた訳ですね。おそらくこの製品は本年を代表するトミックス製品になるでしょう。多分売れると思います。今後は、C57のバリエーションを増やして欲しいことと、SL自体のバリエーションを増やして欲しいと思います。細身の車体にモーターを押し込める技術があれば、C62やD51は楽勝でしょう。カトーで出すと言いながら数度流れているC59あたりを出してやったら面白いでしょうね。

ダイヤモンド・ベスト 蒸気機関車よ永遠なれ ベスト Music ダイヤモンド・ベスト 蒸気機関車よ永遠なれ ベスト

アーティスト:効果・特殊音
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2006/09/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 蒸気機関車の記録 1 昭和32〜38年 蒸気機関車の記録 1 昭和32〜38年
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| |

« ミニレイアウトの製作1 | トップページ | 西武351系入線 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C57がやってきた:

« ミニレイアウトの製作1 | トップページ | 西武351系入線 »