« 埼京線が大変でしたね | トップページ | 所沢にて »

2010年3月26日 (金)

オーシャンアロー入線

 私って馬鹿なんでしょうか?数日前にあれほど買わないつもりでいたオーシャンアローですが、通販のサイトに復活したのを見つけて、誘惑に負け、ポチっと購入ボタンを押してしまったのでした。

P3250002c

 基本+Cセットの9両編成です。私にとって初のJR西日本所属特急列車の配置となりました。マイクロエースの製品ということで、手にとって見るまで本当に不安でした。

P3250003c クロの運転席

最大の特徴でもある運転席付近の造型は良くできていると思います。全体のつくりも、カッチリと出来ていて特に不満なところはありませんでした。実車をったった1回しか見たことがないので、細かな差異は私にはわかりません。関西のファンの皆さんなら、もっと厳しい目で見るのかも知れませんね。ヘッドライトはもう少し明るくても良いかも知れません。

P3250004c先頭部横から

 私の車両だけかも知れませんが、運転席側の台車と車体の間が開きすぎている印象があります。運転席側が常にやや上向きになっているような感じとでも言いましょうか。ちょっとした調整をすれば元に戻るのでしょうか?

P3250006c モハのパンタ付近

シングルアームパンタはやや小振り。下側のアームの一部が金属パーツなので、強度も確保されています。マイクロにしては良く出来ていると思います。この形式はパンタが台車側に繋がっていないため見た目が大変すっきりとしています。

P3250008c 中間先頭車

連結器が変?と思われた方、正解です。付属のアーノルドをそのままつけておいても問題はないのですが、見た目がね・・・。ということで、手元にあった自連形のマイクロカプラーに交換しました。どうせ中間に入ってしまうのだから、小さなカプラーなら何でも同じようなものです。でもいずれ正規のものに交換しようと思います。ちなみにトミックスのカプラーはつけられませんでした。ヘッドライト消すのも忘れないでやらないと変ですね。

 最後に気になる走りですが、全く問題ありません。(今のところはですが。)スローも効いてますし、異音もありません。これで振り子装置がついていて、KATO並の値段だったらほぼ満点でしょう。振り子装置については、いる・いらないで賛否両論あるかと思いますが、私はどちらかと言えば、いる派。傾いてもらったほうが見ていて楽しいですからね。

 この列車は手持ちの車両の中でもかなり目立ちます。レイアウトに持って行ったら。子供受けいいでしょうね。塗装が何ともいえませんね。最近ステンレス車ばかりですから、塗装してある列車自体が珍しくなってきています。特急列車であれば、こういった表現も大切なのではないかと思いました。模型の塗装も細かいところまで綺麗に再現されていて良かったです。

| |

« 埼京線が大変でしたね | トップページ | 所沢にて »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

ハイブリッド振り子様、こんにちは。やっぱり設計ミスですか。711系の時は左右方向に車体の傾きがあったのを思い出しました。やっぱり何かあるんですねえ。このメーカーとは今度こそ、本当に当分の間お付き合いすることがないことを祈っております。でも欲しい車両が出るとね、買っちゃうんだろうなあ。バカですね、私・・・。

投稿: 管理局長 | 2010年3月27日 (土) 15時57分

こんにちは。
先頭車の傾きは、個体差よりも設計ミスの可能性が高いと思います(確か455系がそうでした)。管理人さんもマイクロ製品を多く保有されているようなのでご存知と思いますが、このメーカー、垂直、平行、車高の統一等がいい加減なことが多いので、塗装・印刷の美しさを評価される方も多いようですが、私はできる限り買いたくないメーカーです。でも自分が欲しい車両をだされると買ってしまうんですよね・・・。

投稿: ハイブリッド振り子 | 2010年3月26日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーシャンアロー入線:

« 埼京線が大変でしたね | トップページ | 所沢にて »