« レンタルレイアウトにて | トップページ | オーシャンアロー入線 »

2010年3月24日 (水)

埼京線が大変でしたね

 毎度のことながら、JRの対応って遅いですね。見ていてあきれ返ります。各方面の安全確保をしていたのかも知れませんが、復旧までに数時間もかかると判断した時点で線路閉鎖を行なって乗客を最寄駅まで案内するのがスジだと思うのですが、JRの考えはそうではないようですね。設備の復旧を最優先にして乗客の開放は後回し。目白駅で車両のドアに階段を設置して降ろしていましたけど、10両編成でたった2箇所だけですか?閉じ込められた乗客は何人いるの?JRの職員が沢山画面に映ってましたけど、あれだけ人数いたら、2両に1箇所ぐらいはドアを開けて降ろすことができたのではないでしょうか?車両の安全やJR東日本という会社の保護を最優先に考えるのでなく、乗客のニーズをもう少し優先してもらいたいものです。

 最後に、車両に長時間閉じ込められた皆様方、大変お疲れ様でした・・・。

| |

« レンタルレイアウトにて | トップページ | オーシャンアロー入線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

毎度どうもです。職業柄、私は『JR工事管理者』という資格を保有しております。線路脇や場合によっては軌道内に立ち入って工事を行なうことがあります。そのときの講習で真っ先に言われるのは、『列車保護』なんです。今回の件も『列車』は確かに保護しているのですが、『乗客』の立場は完全無視ですね。多くの人が時間を無駄にされたことでしょう。原因はJR側にあるようですが、いまだにお詫び会見もありませんね。会社保護のための『お詫び文書の安全確認』でもしているのでしょうか?通勤電車には確かにトイレがないですね。そんなところに何時間も缶詰じゃ、このご時勢、乗客を人間扱いしていないのも同然でしょう。ちなみに私はそんなことを繰り返すJRの体質が許せないので、平行路線があり、運賃に大きな差がない場合には極力JR以外の私鉄各社を利用するようにしています。サービスの良さはやっぱり私鉄が一枚上だと思います。

投稿: 管理局長 | 2010年3月26日 (金) 08時14分

こんばんは。
東日本はこの手のニュースが多いように感じますが、全国ニュースで必ず取り上げられるからでしょうかね。
毎回電車の中に何時間も缶詰ってことになってるのは、もう少し何とかならないのかと思います。
安全軽視で重大事故を起こした西もあまりいい話はききませんが、事故などの影響で長時間止まる場合は、トイレのない通勤型電車は必ず最寄りの駅まで行って止めるようにしているらしいです(現場から遠い列車のみですが)。
東はこのような事故が起きた場合に、関係ない区間に関しては早く復旧させる対策を考える必要がありそうですね。何のために路線別複々線があるのか分かりません。

投稿: katsumi-k | 2010年3月25日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼京線が大変でしたね:

« レンタルレイアウトにて | トップページ | オーシャンアロー入線 »