« まったりした日 | トップページ | キハ22 »

2010年6月20日 (日)

原点

みなさんにとって、鉄道模型趣味の原点は何ですか?

私にとっての鉄道模型の原点といえるのがこれです。

Dsc00130 Cタイプディーゼル

今から27年ほど前になるのでしょうか。小学校6年生の時に父に買ってもらった思い出の品です。トミックスの基本セットに入っていたもので、機関車のほかに貨車2両とヨ8000のライト省略版がセットされ、C28による小判型エンドレスにパワーユニットが付いて1万円!当時としては高い誕生日プレゼントだったと思います。私と同年代であれば、このセットからNゲージを始められた方も多数おられることでしょうね。

Dsc00132

購入してもらった当時は単品でカタログに載っていなかったのですが、数年後には北斗星色も取り揃えた状態で単品販売が開始されていました。ちなみにトミックスのCタイプディーゼルには大きく分けて2タイプあったみたいで、私のものは後期型。旧製品ともいえる前期型はいかにも入れ替え用といった形のものだったみたいです。

写真のCタイプは3軸中、2軸が駆動。ライトは点かず、Mカプラーも省略。構内入れ替え用として検討したものの、Mカプラー無しということで購入しない人もいたでしょうね。運転席には窓ガラスがなく、黒く塗られた重りが外から見えます。かつてのEF81もこんな感じだったと思います。構造は簡単で、車体を外すと、モーターがドーンと一個載っているだけ。走りの質は現代の車両と比べるのがかわいそうなぐらいですが、構造が簡単なだけに故障もなく、本当に良く走りました。今でも走ります。

今回たまたま、実家の片付けをしていて出てきたのですが、同時に購入した車両たちも元気な状態で発見されました。レールだってパワーパックだってみんな今でも使える状態です。27年前のものがきちんと使えるなんて日本のNゲージって本当に優秀です。そこらの家電製品で、27年間も大した手入れもせずに持ちこたえるものあるんでしょうか?

使うかどうかわからない車両ですが、私にとっては大切な思い出の品。ボロボロですが今後も大事にしたいと思います。それに「思い出の品」がこういう形で残ってくれていて良かったです。最近の子供たちが最初に買ってもらう高価な品物って多分「プレステ」とか「DS」なんでしょうね。大人になって振り返った時に、親に買ってもらった思い出の品が「プレステ」とか「DS」じゃァ寂しいですよねえ・・・。思い出もバーチャルになってしまいそう・・・。なんか、変な世の中になってるみたいですねえ。

|

« まったりした日 | トップページ | キハ22 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBOさま。はじめまして。
今後もよろしくお願いいたします。
トミックスの旧キハ58、懐かしいですね。昔の製品は構造が簡単なので壊れにくいように感じます。
最近の子供は本当にかわいそうに思います。弟から聞いた話だと、ゲームソフトの話について行けないと学校でイジメに遭うんだとか。だから子供にWillを買ってやるんだとか・・・。趣味なんて色々あって当然じゃないか、と思うのですが近頃の子供の世界はそうではないようです。まあ、親も親ですから仕方ないのかも知れませんけどね。世の中、変ですね・・・。

投稿: 管理局長 | 2010年6月25日 (金) 08時37分

はじめまして
北海道モノを調べていてたどり着きました。
私も最初の模型は小学校2年の時にTOMIXの旧キハ58でした。
今でも現役の一両です
しかし今の子供は本当にモノいじらないというか
いじるという事を知らない(知る機会が無い)のでしょうね
近所の模型屋さんに行っても会うのは私のようなオジサンばかりで(苦笑
寂しい限りです

投稿: KEBO | 2010年6月25日 (金) 00時59分

模型に限らなくても、手に取ったものからどんな想像を膨らますかということは、本当に大事なことだと思います。鉄道模型はあまりにもはっきりした形になりすぎていて、想像を膨らますにはちょっと不向きな気もしますが、目の前に現物が形として存在することにやはり意義があるのだと思います。パソコンの中だけでケリがつくVRMのようなシステムもあります。私もやってみたことがありますが、やはりなにか物足りない気がしまして現在はまったく手をつけていません。プレステ世代の人達にとっては、鉄道を楽しむにはVRMのようなもので充分なのかも知れませんね。私のようなアナログ世代のおじさんは、手で触っていじり倒してナンボだと思っていますのでちょっとついていけない感覚です。

投稿: 管理局長 | 2010年6月22日 (火) 00時14分

Cタイプディーゼル・・・今はカタログ落ちしたのでしょうか。
自分はTOMIXの旧製品のキハ58が最初でした。当時はメンテナンスなども全く分からず、ただやみくもに走らせては故障してよく修理に出していました(^^;)
そのうち仮想鉄道を立ち上げて、自分勝手に塗色変更(それも筆塗りで)してとんでもない色になってしまいました(笑)。

Cタイプディーゼル(私の時代は前期型)はカタログの中で一番安い動力車だったけど、子どものお小遣いではやはり買えませんでした。

ゲーム機と模型の一番の違いは「手に取って触ることが出来る」ということでしょうね。これは子どもにとってはとても大事なことだと私も思います。

投稿: katsumi-k | 2010年6月21日 (月) 22時01分

当時、プラ車輪は多かったですね。基本セットのあとで追加購入したオハフ33はプラ車輪だったですね。室内灯も付けられない構造で、屋根と窓ガラスが一体構造になっていたような気がします。透明なプラにグレーの屋根色を吹きつけていたみたいです。分解しようとしてもどうしても出来なかった1両として記憶に残っています。

投稿: 管理局長 | 2010年6月21日 (月) 18時33分

小さい頃、20系客車のNゲージを2両買ってもらった記憶があります。
当時は、室内灯とかなかったから、車輪もブラだったような。
踏んじゃって、屋根にひびが入っちゃったんですよねぇ。

投稿: てんぽく | 2010年6月20日 (日) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/35373250

この記事へのトラックバック一覧です: 原点:

« まったりした日 | トップページ | キハ22 »