« キハ22 | トップページ | 明日は・・・ »

2010年6月25日 (金)

馬鹿騒ぎ・・・

Dsc00023c SLやまなし号小淵沢到着・・・

 上の写真は、馬鹿騒ぎとまでいかないもののSL到着で大騒ぎの小淵沢駅です。一応、『騒ぎ』つながりということで載せてみました。

 鉄道ネタは以上だけで、後はお暇な方のみお付き合いいただければ結構です。

 今朝、テレビを付けて思ったのですが、どこ見てもサッカーばっかり。サッカーに全く興味のない私としては大迷惑な一日の始まりでした。サッカー情報なんて見ても無駄なので天気予報だけ見てテレビを消しましたが。(今回は、ただ運が良かっただけだよ・・・。せめて韓国にまともに勝てるようになってから世界と対等と言って欲しいです。こんな解説する人、今のところ誰もいないみたいです。)

 ワールドカップ開催前には、『岡ちゃんクビ!』とか『予選突破確率ゼロ』とか散々ボロクソに言っておいて、ちょっと調子が良くなったらニコニコ顔の解説者やテレビの司会をする人たち。彼らの頭の中には『恥』という言葉はないのでしょうね。台本に書いてあれば何でも読んじゃうそんな人たちばかりなのでしょう。結局、数字と人気には勝てない日本の報道機関。局として今回のワールドカップに期待なんかしていなかったのなら、試合の結果がどうであろうとそのまま受け流すような局がひとつぐらいあっても良いと思うのです。たとえば、大々的な報道は一切せずに、ニュースのスポーツコーナーで結果だけちょっと伝えて終わりとか。数字はとれないかも知れないけど、局の意思がはっきり伝わって私としてはそういう局のほうが信用できるような気がします。今はどの局も『万人受け』を狙いすぎで、だれのために何を放送しているのだかさっぱりわからない状態です。結局今の報道機関がやっていることは、『長い物に巻かれろ!弱いものは徹底的にいじめろ!』ということなんだと思います。色々な記者会見とかで記者が質問する場面を見るとよくわかりますね。質問する記者に向かって『お前、何様だ!』と怒鳴ってやりたくなることが結構ありますから。テレビの人気が落ち目になってインターネットにお株を奪われるのも当然だと思います。近い将来、情報はインターネット、映画やドラマは有線かDVDレンタルで、テレビなんかいらない、というような時代が来るのかも知れませんね。どこかの番組の街頭インタビューで言っていました。『今のテレビ番組の内容ではもうテレビは必要ない』と。テレビ局の視聴率競争のパイとしか思われていないのなら、テレビなんか見ないほうが良いのかもしれませんね。時間の無駄でしょうから。

| |

« キハ22 | トップページ | 明日は・・・ »

趣味」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿騒ぎ・・・:

« キハ22 | トップページ | 明日は・・・ »