« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

遅まきながら、キハ48

6月半ばに購入してから約ひと月半、ちゃぶ台の上に放置プレイ状態になっていたキハ48をやっと整備することができました。

トミックスのハイグレード仕様の後付パーツの多さには閉口するばかりですが、着けないと様にならないものばかりなので仕方なく施工しています。

Dsc00276c 正面

北海道のキハの特徴とも言える正面の車番。丁度手すりの下部になるため面倒この上ないです。それでも無難に転写完了。多くの方が、この部分の転写に手こずるようですが、意外とあっけなく完了しました。昔のGMのインレタに比べたら、近年トミックス製品に付属するインレタの転写は数倍楽になったと言えると思います。それしても、こんなインレタを付属するぐらいなら、正面でさらに目立つ区名表記類のインレタやオデコに着ける『架線注意』のステッカー類を付属して欲しいものです。幌枠は1300番台車のみにとりあえず取り付けました。

Dsc00278c 側面

側面のインレタも一体物なので、どこかが車体と張り付いていれば、ゆっくり剥がせば全体が綺麗に張り付きます。昔の1文字ごとのインレタに比べたら楽勝です。好きな車番を選べるのは良いですが、インレタまわりの余白の部分は何とかならないものでしょうか?ハイグレードな車体に、このモヤモヤとした余白部分は似合わないと思うのは私だけでしょうか?見る角度によっては、異常なぐらい目立つんですよね。いい車両が台無し、とまでは言いませんけどね。

Dsc00279c 下回り1

運転席側の台車には排障器を取り付け。T車は簡単に付きます。が、M車は台車をはずす必要がありました。下回りの見栄えが良くなって有難い装備なのですが、ちょっと面倒。T車は許せますが、M車はね・・・、バネがどこかに行っちゃいそうでした。

Dsc00281c 下回り2

台車脇のタンクも別パーツで後付。他の下回りのパーツと一体成形できないのかな?スイッチが近くにあるから無理か?と夜中に独り言をブツブツと言いながら施工。T車はイイ感じで付きますが、M車は孔が緩いようで、ポロッと取れてしまうため、ボンドで接着する必要がありました。

Dsc00282c 屋根上

一番悩んだのが頭の上。国鉄時代にしようか、JR化後がイイのか・・・。先に購入していたキハ40がJR仕様としていたので、列車無線アンテナを取り付けることにしました。ピンバイスで孔を開けていたら、折れました!ドリルが・・・。ちょっとひねりが加わってしまったみたいです。それにしても、信号煙管ぐらい取り付け済みにしてくれないものか?孔まで開けてあるのだから、大した手間はかからないと思うのですが。1両5000円近い値段を取ってるくせに、こんなことまでユーザーにやらせるのかい?自動車に例えたら、500万円の高級車のくせに、バックミラーはユーザー取り付けです、と言っているようなものだと思うのですが。

Dsc00275c完成!

やっとできました!カトーやマイクロならこの状態で発売となるわけですが、『作る楽しみいっぱい(かつてのGMの合言葉。今は知りません。)』化しているトミックスは、走行可能状態まで持って行くのに労力を要します。お店で買って、すぐレンタルレイアウトで走行、といった遊び方を同社製品に期待するのはもう無理なのかも知れませんね。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

暑いので爽やかに…

北海道祭り開催!

Dsc00264 北海道の青い軍団参上!

見た目だけは涼しげです。ほかにも数種類持って行きました。今日最も期待外れだったのがカトーの283系。昨夜遅くまでかけて室内灯を組み込んだのに、脱線の連続。今日は2線借りれたので路線を変えても駄目。今までこんなことなかったのに。室内灯付けて何かまずかったんでしょうか?原因不明のまま、283は早期に撤収。がっかりです。逆に絶好調だったのは281。いつもはこちらの方が脱線の常習犯なのですがどうしてしまったんだか。

動画も載せたいのですが、画像の編集がうまくいかないので、別の機会に載せさせていただきます。

今日は泳ぎすぎで体力の限界。もう寝ます・・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

虫干し・・・

秋口には引っ越しが決まっているため、少しずつ荷物をまとめ始めている今日この頃。ずっと下の方にあるケースを引っ張りだしてみるとこんな車両が出てきた・・・。

Dsc00260c キハ400-500番台

実車を見たことはないけど、どうですこの柄。JR九州のデザインにも負けていないと思います。私は側面の花札の柄を思わせるようなデザインが好きです。

実車は宗谷方面の急行で使われた使われている車両を急行廃止後にお座敷車両に改造した車両。他のキハ400はキハ40に再改造されたりしているため今となっては最後のキハ400系らしいです。一度で良いから見たかったなあ。

この車両、今は無き実家近くのラオックスでバーゲン品に出ていたもので、格安で買いました。もうずいぶん前の話ですけどね。ややロケットスタート気味なのはいただけないですが、飾っておくだけでもよろしいかと思って買ってしまったもの。たまにはケースに飾ってやるとします。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

暑中お見舞い申し上げます

お暑うございます。夏が本格的に始まる前ではありますが、私は既に夏バテ状態。関東の出身ですが、社会人になってからは北海道や群馬の山の中や長野の田舎等比較的涼しい場所で働いていたので、暑さにめちゃくちゃ弱いのです。脳ミソが溶けて耳や鼻から出てきそう・・・。

ということで、今週は1か月ぶりの2連休だったのにも関わらず、土曜日は夏バテで体調不良。今日も調子に乗りきれずおとなしくしておりました次第です。

時間があったので、体を使うことなく簡単にできる作業として、所属車両の写真をここ数日で鋭意追加中です。写真だけ追加して形式名だけとなっているものもありますが、中身ついても順次記述を行っていきたいと思います。お暇な時にでも覗いてやって下さい。

所属車両は、少なく見積もっても450両を突破しています。中規模の私鉄並みの車両数と言っても過言ではないでしょう。この中には数年走らせていないものもあります。ギャラリーを造って展示できれば良いのですがね・・・。そんな中で仲間を語り合ったら楽しいでしょうね、きっと。

※タイトルが『書中』となっておりました。正確には『暑中』です。暑さで頭がバカになっております。失礼いたしました。(2010年7月20日訂正)

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

485系1500番台をいじる4

前回塗装してクーラー部分の続編です。今回はファン部分に墨入れしてみました。Dsc00240c 施工前の状況

これにエナメル系の艶消し黒を筆塗りして綿棒で拭き取るだけです。

Dsc00241c 施工後の状況

実物の列車の写真はこんな感じに写っている場合が多いと思います。空気の出入り口ですから自然と汚れてしまうのでしょうね。ビジュアル的には、のっぺりした感じからメリハリのある感じになってよろしいかと思いますがいかがでしょうか?今日はあまり時間がなかったので、とりあえず1両だけの施工です。この程度の施工なら空き時間を見つけて気楽に行うことができますので、のんびりと焦らずにやることにしましょう。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

飛び入りでキハ183

485 系1500番台をいじっている最中ですが、キハ183の乱入です。というのも、エアブラシを買ったので試しに使ってみたかっただけですが。

エナメル塗料の艶消し黒を薄ーく溶いて吹きつけますとこんな感じになりました。

Dsc00232c_2

排気口周りやクーラーのファンの周りをやや強めに吹き付けたつもりです。初めてなのでこんなもんかな?と思っています。

この2両はすでにウェザリングを終えている6両に混じって北斗の運用に就く予定です。実際に入れてみると・・・

Dsc00239c 何両目が編入車でしょう?

正解は手前から2・3両目が今回の編入車です。違和感はないものの、ウェザリングマスターで仕上げた車両とは違いが明らかです。ウェザリングマスターも悪くはないですが、面を塗るならエアブラシのほうが良いようです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

485系1500番台をいじる3

日曜日、時間があったので作業を進めることができました。

先日から手を掛けている485系1500番台。今日は、分散型クーラーの塗装です。クーラーを屋根から外して、スプレーで一気に塗装!と思ったら、取れない・・・。無理に取ろうとしたら、はめ込み箇所を一箇所折ってしまいました。仕方なく筆塗り塗装に変更。まあ、この程度でしたら手塗りの守備範囲内なのでよしとしましょう。

Dsc00228c どっちがお好み?

写真のように奥の2両は塗装済みで、手前2両は未塗装。個人的には奥の2両のライトグレー仕上げの方が実感的なのではないかと思います。屋根の銀色塗装にも馴染んでいるように思えます。写真では色加減がつかみにくいかと思いますが、実際にはもっと屋根色ともコントラストがはっきりとしているのでプラ地むき出しで妙な艶がある手前の2両はかなり違和感があります。

次に問題となるのがパンタ付きM車の集中型クーラー。最近の電車に載っている集中型クーラーはみんな銀色に輝いています。当時の485系がどうだったのか?製品のまま、ギンギラで行こうか、それとも私の個人的な好みでライトグレーに塗ってしまうか。悩みます・・・。こういうので悩むの、結構好きだったりします。(仕事の悩みはイヤです・・・。)

さらに悩みが!トミックスからキハ183の新塗装が発売されるらしい!しかも11~12月ごろ。それって西武2000系の発売時期と被ってる!どっちでも良いから発売時期をずらして欲しい!年末になって、金欠病になっている自分の姿が目に浮かびます・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

連結器カバー2

取り付けたカバーに色入れしました。

Dsc00224c

車体と同色のクリーム色を塗って、まさに東北特急!これで雪が降っても着雪の心配がなくなりました。

ついでに色入れしたのがコイツ…

Dsc00225c

ランボードに水色を入れてみました。実車にもこのような車両があるようで、屋根上のアクセントとしては良いかもしれません。今回は試験の意味も含めてとりあえず2両の施工にとどめました。マイクロエースの北海道型の車両もこんな感じで仕上げてありますね。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

連結器カバー

先日、上京した時に買ってきた連結器カバーをクハ481に取り付けてみました。

Dsc00202c 銀河モデルの連結器カバー

私の『やまびこ』は東北特急なのにコレが付いていなかったので今ひとつ雰囲気に欠けるところがありました。

Dsc00203c 奥:取り付け後、前:取り付け前

並べて比べるとわかりますが、やはり付いていたほうが良いような気がします。とりあえずボンドで接着しただけなので、後日クリーム色に塗装しようと思います。

現在のHGグレード版には連結器カバーが付属パーツで付いていたような気がしますが、20年も前の製品にそんなもの期待するほうが無理があるのでしょう。パーツを買ってくっつけるだけなので、非常に簡単に見栄えが変わります。あと2個残っているので、583系にも取り付けたいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ノー残業デー

平日でありながら、今日は仕事が早く終わったのでちょっと走らせてみました。

Dsc00200c_2今をときめく北海道の看板列車達

基本的な形状は一緒なんでしょうけど、カラーが違うだけでガラッと印象が変わるものですね。

久々に引っ張り出して走らせた訳ですが、やはりマイクロ製はしばらく間を開けると不調になりやすいようです。電気関係が弱いみたいですね。ぎくしゃくした走りは相変わらず・・・。ちょっと残念でした。

さて、私は埼玉出身だけあって西武ファンでもあります。JNMAに行った帰りに秋葉のGMに寄ったのですが、冬に西武2000系の初期型更新車がでるのだとか。完成品の値段を見てびっくりしたのですが、6両で2万7000円超え!ってどんな高級車なんでしょうか?私はここ数年のGM製品は買っていません。したがって搭載されると思われる2モーター式の動力性能が全く未知数・・・。評判を聞くと、あまりよくないようですね。実際のところどんな具合なんでしょうか?大枚をはたいてまで購入する価値があるものなのでしょうか?2000系は地元の車両で子供のころから大変馴染みがあります。できることなら購入したいところなんですが、予約販売の通販では怖くて手を出せそうにありません。最近のGM製品をお持ちの方、情報をいただけると幸いです。

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

久々に東京に出てきました

  JNMAが開催されるということで久々に東京にでてきました。

東京に出かけるにはまず茅野から電車に乗ります。スーパーあずさに乗る前に、下り普通電車に出会いました。                          

Dsc00179c115系長野色(茅野駅)

上りのスーパーあずさに乗って走ることしばし。大月で出会ったのはスカ色の115系。

Dsc00180c 115系スカ色(大月駅)

この電車、ピカピカでした。検査明けだったのでしょうかね?手前の場内信号が邪魔ですね。車内から撮ったので仕方ないのですけどね。

新宿ではお決まりですが・・・

Dsc00181c E351系(新宿駅)

ヘッドマークを消されてしまいました。見れば見るほど変な形に思えます。でもNゲージの模型になるとそれなりにカッコよく見えるのが不思議です。

Dsc00182cホームドア(目黒かな?)

今回、電車の中から眺めていて一番の発見がこのホームドア。新幹線の駅では当たり前なのですが、ついに在来線でもここまでやるようになってしまったのですね。国交省の御達しとは言え、やりすぎのような気がしないでもないですけどね。それにしてもこのホームドア、撮り鉄さん達にとってはやっかいなものになりそうですね。

そうこうしているうちに電車は田町に到着。

Dsc00187c E217系(田町駅)

田町のホームでちょっと待っていたらE217系の東海道色がやってきました。何編成もないはずなのにラッキーと思ってシャッターを切ったらブレました。E217系はやっぱりスカ色が似合っているのかな?なんとなく違和感のある塗装のように思えるのは私だけかな。

続いて登場したのは東海道の主とも言えるE231系。

Dsc00192c E231系

通勤電車なんだか近郊電車なんだかわからないこの車両。今は見慣れてしまったこのデザインも登場当初は、なんじゃこりゃと感じたものです。でもこの車両で私が好きなのは、ドア付近の座席の仕切りです。本当に上手く設計してあると思います。ドア脇の立ち客のい腰の位置と座り客の腕の位置を上手く処理しており、どちらにとっても快適な設計になってますね。西武線にも取り入れて欲しいなあ。

そして浜松町に到着。暑い!長野と全然違うじゃない!死にそう・・・。でもJNMA開催地まで歩きましたよ。このクソ暑い中そんなところに向かっているのは鉄道ファンだけ。本来ならここで会場の写真でも一枚入れたいところですが、会場の熱気と人ごみに正直言ってうんざりしました。写真撮っても仕方ないか、と思って止めました。私は田舎者なので、何しろ人混みが大嫌いです。こんなにいるとはねえ・・・。会場内を一回りしてさっさと引き上げました。色々売ってましたけど、何が何でも欲しいというものはなかったし、なによりも落ち着かない雰囲気が嫌でした。多分もう行くことはないでしょう。

気分転換に秋葉原へ。模型店めぐりをしましたがまあ、どこも混んでいること。ポポにも行きましたけど、レンタルレイアウトは満員御礼。あんな小規模なエンドレスのレイアウトでも時間あたり数百円取られるのですね。都会のNゲージャーって可哀想です。レールパルで1周数十メートルもあるレイアウトを2時間800円で遊んでいるのが申し訳なく感じてしまいます。ポポでは銀河モデルのパーツを買いました。色々揃っているのは都会ならではと言えます。

次に寄ったのは、神保町。私が状況した際にかなりの確率で立ち寄る街です。ここの書泉という本屋さんに学生のころから通っております。専門書の取り扱い量が半端ではないのが売りで、もちろん鉄道関連本もおそらくないものはないでしょう。

ということで今回の戦利品はこんな感じです。

Dsc00198c_3 たったこれだけ・・・

8000円の交通費をかけて購入したものはこれだけ。Nゲージ大レイアウトは通販で探しても見つからなかったのでやっと見つけることができました。エアブラシの本もここでやっと見つけました。いずれも、長野にくすぶっていては見つけることができない本です。銀河のパーツにしたって、長野で扱っている店なんてあるんだか・・・。

せっかく本買ったからエアブラシの勉強でもしよう!

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

485系1500番台をいじる2

前回ブログでアドバイスをいただき、北海道の車両のガイシは緑ということが判明しましたので、ガイシを塗装してみました。確かに手元の781系も721系も緑でした。

Dsc00175cガイシを緑塗装したものと未塗装の対比

とりあえず1両だけやってみました。見た目は写真の通りに変わります。実物の写真ではもっと濃い緑のようですが、私は明るい緑にしています。このあと屋根上のウェザリングをすることを考えると、やや明るめの緑を使っていたほうが良いと思います。濃い緑にウェザリングしてしまうと、ガイシの見栄えがイマイチになったことがあるのでわざと明るい色にしています。銀屋根をこのまま楽しみたい人は、濃い緑での塗装をお勧めいたします。

さて、日曜日はJNMAですね。私はこれまで行ったことがないのですが、今年は鉄分補給も兼ねて初めて行ってみようと思います。何か掘り出し物でもあったらいいなあ。ついでにいっぱい鉄道写真も撮ってきたいですが、天気が心配です。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »