« 夏休みの工作3 | トップページ | 485系1000番台に室内灯を! »

2010年8月30日 (月)

夏休みの工作4

夏休みの工作もこれで最後でしょう。今回は工作という訳ではないですが、オーシャンアローの集電不良による室内灯のチラツキの改善です。
いつものように車輪をひとつずつ無水エタノールで清掃しても良いのですが、時間がない今そんなのんきなことをやっている暇がない!というのが実情。そこで、久々にLOCOの登場となりました。無水エタノールを使うようになってからは、このオイルの使用は封印していたのですが、今回ばかりは仕方なし、との判断でやむを得ず使いました。その効果のほどは、文章でも写真でも表現しくれないので、画像で紹介します。
どうでしょう、ほとんどチラツキは感じません。(決して、買ってきたばかりの新車に室内灯を付けたわけではありません。)レールの一部の区間にオイルをチョンチョンつけて5~6週走らすと、新車同様の室内灯の輝きがよみがえりました。当然のことながら、ややギクシャクし勝ちだった走行性能も向上しました。何でこんなことで集電効果がアップするのかいまだにわかりませんが、とりあえずはヨシとしましょう。LOCOって、不思議・・・。

| |

« 夏休みの工作3 | トップページ | 485系1000番台に室内灯を! »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBO様
私のところではオーシャンアローは見れませんが、スーパーあずさとあずさを夜中のジョギング中に見ることができます。田舎ですから、比較的真っ暗な中を長編成の列車が走って行く様はとても綺麗です。ある意味、昼間よりも綺麗に見えるかも知れません。グリーン車は照明の色が何となく違っていることが多いので、オーシャンアローもちょっと手を加えてみたいと思います。

投稿: 管理局長 | 2010年9月 1日 (水) 01時42分

katsumi-k様
LOCOはベトツキさえなければ、文句なしなんですが、これが他車へも派生してしまうのでしばらく使用をやめておりました。今回は、たまにはいいか、という割り切りで使ってみました。やはり、高いだけあって効果は抜群です。でも車輪が真っ黒なのになぜ集電効果が向上するのか、いくら考えてもわからないんですよねえ。

投稿: 管理局長 | 2010年9月 1日 (水) 01時38分

やはり室内灯つきは綺麗ですね
仕事帰り(夕方)に
オーシャンアローやくろしおよく見るんですが
夕暮れ時でまさにこんな感じです

投稿: KEBO | 2010年9月 1日 (水) 00時52分

LOCOは不思議ですね。なんであの1滴でちらつきが改善するのかいまだに分かりません。
うちも以前はよく使っていたのですが、ついつい塗り過ぎてしまってレールがベタベタになって、かえって汚れを誘うような気がして封印しています(^^;)。
LOCO専用の直線レールを用意しておいて、そこで車輪に染み込ませた後でレイアウトに乗せた方がよいという話もききました。もう1つ似たような製品で「トレインリフレッシャー(快速電流)」というのがあり、こちらのほうがベタつきが少ないようです。

投稿: katsumi-k | 2010年8月31日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの工作4:

« 夏休みの工作3 | トップページ | 485系1000番台に室内灯を! »