« DD51のプチHG化 | トップページ | モーター交換 »

2010年10月 6日 (水)

885系白いかもめ登場

転勤(転職?)を控えてバタバタとしたこの時期に新車が登場しました。

Dsc00541c_2 885系白いかもめ

以前から欲しかったんです。白いソニックも持ってますが、本当に欲しかったのは、かもめの方。ジョーシンさんの通販で安かったので買ってしまいました。

Dsc00542c_2 先頭部

ドーン!と弩アップの先頭部。ドーン研究所のデザインだけあって非常に印象的。でも見方によってはICEのパクリですね。日本車にはないデザインということで私は好きですけどね。カトーも細かなところまで表現しています。残念なのは、エンブレムが印刷なこと。実物はかもめマークがクルマのエンブレムようになっているのですが、模型での再現は困難だったのでしょうか?ちなみにこのマーク、マツダのパクリなんでしょうか?どう見ても、似すぎている。

Dsc00544c_2 パンタまわり

屋根上は全体的にすっきりとした車両なのですが、パンタまわりはごちゃごちゃです。交流電車ですから、これは仕方のないことでしょう。特徴あるパンタ台も綺麗に再現。台車と連動して動くことはありませんが、そこまでは必要ないでしょう。この写真でも目立つのがかもめマーク。自分のクルマがマツダ車なので余計に気になります。ちなみにソニックは「S」マーク。スーパーマンかい?

Dsc00545c_2 2色並んで

そっくりですが、微妙に違うんです。ライトの大きさが。ちゃんと作り分けています。

Dsc00546c 屋根上

屋根上も微妙に違います。上がソニックで下がかもめです。前から気になっていたのですが、ソニックの後部クーラーのそばにある穴は何なんでしょうか?左右の白いフードの長さが違っているのも気になるところなのですが、穴の位置がなんとなくフードの固定用の穴に見えるのは私だけでしょうか?

外見は特に問題もなく、テストランも無事終了。走行はいたって好調でした。ただ、最新の動力ではなく、当然フライホイールもない一昔前の仕様。モーター音は最近のカトー製と同じく、ややうるさい印象があります。振り子は最大7度とのことで、やや大げさ気味の表現。車体断面が四角に近いので余計に大げさな傾きに見えてしまいます。スーパーおおぞらの実車でさえ6度が最大ですから、かもめはかなりの傾きになります。カントレールで走らせたら大変なことになりそうですね。

| |

« DD51のプチHG化 | トップページ | モーター交換 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBOさま
九州の列車は面白いです。と言いながらも、私は九州に行ったことがないので、実物をことがないのです。でも、評判が良いですよね。見たことなくても、『乗ってみたい』と思わせてくれる数少ない列車です。日本は北と南にキワモノが多いようで、正直言って本州の列車にはあまり魅力を感じないのです。見たことがないものに憧れているだけなのかなあ。

投稿: 管理局長 | 2010年10月 8日 (金) 09時13分

ワタシも色意外にそんなに違うとは
初めて知りました(笑
九州モノも個性が強くて(^^
面白そうですね

投稿: KEBO | 2010年10月 8日 (金) 00時48分

てんぽくさま
お久しぶりです。
かもめとソニックは車体の窓配置等も実は異なっているのです。今回での紹介は止めましたけどね。
トミックスのキハ40は買ってみたいです。マイクロの出場機会グーンと減りそうな気がしますね。ウェザリングの対象とするのも良いかも知れません。

投稿: 管理局長 | 2010年10月 7日 (木) 07時59分

白いかもめとソニックって、そんなに違うんだ。
全然知らなかった。
むーん・・・お財布が><。

TOMIXから、JR北海道色のキハ40が出るらしいです。
マイクロソフトのてっかてかがお役御免になるかもw

投稿: てんぽく | 2010年10月 7日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 885系白いかもめ登場:

« DD51のプチHG化 | トップページ | モーター交換 »