« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月26日 (火)

特急ふじかわ登場

通い慣れたレールパルさんとはしばしお別れとなるため、お店近くを走る身延線の特急列車を購入しました。

Dsc00612c JR東海373系(トミックス)

特急ふじかわは身延線の特急です。先日甲府駅でたまたま見かけました。3両編成と短く、小さなレイアウトにはぴったりの存在。しかもこの373系は特急から普通までこなせるように作られた万能車。かつてもこんなコンセプトの電車がありました。それは、185系。今でも踊り子号などで使われています。185系は本当に中途半端な電車でした。373系は実車を外から覗いた限りでは、なかなか良い作りをしていると思います。グレーン車がないのは寂しい限りですが、多分利用する人もいないのでしょう。側面の両開き扉も特急車としてはどうでしょうか?デッキもない構造なので寒冷地に使用することは考えていないようです。この電車、身延線内を走る姿を目撃したことがありますが、何とゆっくりなことか。そのノロさは西武秩父線を走るレッドアローとイイ勝負でしょう。車両が近代化されたから急行から特急へ格上げされる、というのはどうかと思いますね。実質的な料金の値上げですからね。

さて、製品です。実車通りの3両セット。上の写真を見てもわかるとおり、ベンチレーターはユーザー取り付けです。

Dsc00613c 屋根とインレタ

車体ナンバーは同社お得意のインレタ。しかも旧仕様なので、最近のインレタのように簡単に失敗なく貼れるものではありません。車体側もビートが入っているため、インレタを貼りにくかったです。ヘッドマークは当然シールが付属。身延線なので当然のごとく「ふじかわ」を選択。ヘッドライト類は一番上の写真のように明るく点灯するので好印象。ただしこれは、常点灯対応のパワーパックの場合なので、それ以外のパワーパックでこんなに明るく灯るかはわかりません。

Dsc00616c 完成!

HG仕様ではないので中間部の連結器は従来のまま。いずれカトーのカプラーに交換しようと思っています。

Dsc00617c 面構え

先頭の連結器はTNとなっており、増結に対応しています。JR東海の車両に共通するこの面構え。よく表現できていると思います。個人的にこの形状は嫌いではなく、親しみやすい形状だと思います。

最後に、気になる走行性能。パンタ付きのクモハがM車となっています。走らせてみると…、完全に数年前のトミックス製品です。超スローや走行音のガサツさは近年のマイクロエースのM車も負けているような気がしました。う―ん、トミックスって何でこんなに騒がしい唸り音がするのでしょう?最近トミックスのモーターに交換したマイクロエースの789系とそっくりな走行音です。モーター回転自体は素直で良いと思うのですが。不思議です。まあ、通常に走らせる分には何ら問題ないことですから、今回は何もいじることはしません。はやくレイアウトの上で走らせたいものです。写真のように畳の上じゃ、列車が可哀想…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

お別れ運転

長野を立ち去る前に、通い慣れたレンタルレイアウトでお別れ運転です。(永久にお別れという訳ではありません。)
私がいつも通っているのは、山梨の鰍沢にあるレールパル351というお店。山の中にありますが、立派な鉄道模型専門店です。
ここは、大きなレンタルレイアウトがあるのが名物です。どんな感じかと言えば…、
Dsc00610c でかい!
でかいでしょ!お店の奥に潜んでいるのです。現在は6線まで走行可能。日々製作を継続中とのことで、行くたびにどこかが進化している状態です。完成を見れないのが残念でなりません。写真だけでは、どれだけ大きいかよくわからん!と言われそうなので、実際の走行シーンを。今回はスーパーあずさに頑張ってもらいました。
 
 どうでしょう?変換の都合で画像が悪くて大変申し訳ありません。あずさは12両編成ですが、ゆったりと走行できます。何と行っても、運転台手前にある直線区間の長さは圧倒されます。正直行って、向こう正面を走行している時には、自分の列車がどこにいるのかわからなくなることもしばしば。これは私だけではなく、隣で運転している人も「どこ行った?俺の北斗星?」なんて言っているのを聞きますので皆さん共通の悩みかも知れません。
Dsc00606c シーナリー付き区間
発展途上ではあるものの、レイアウト手前の目立つ部分を中心にシーナリーが完成している区間もありますのでご安心を。写真の右上のほうにレイアウトの規模について看板が出ています。読むと判りますが、完成した時の規模のすごいこと…。いつか見に行きたいものです。
 お名残り惜しいですが、転勤なので止むをえません。まったく来れない距離ではないですが、中央道の大渋滞が大きな障壁となりそうです。毎週のように30キロも渋滞されたんじゃ、クルマを走らせる気にもなりませんよね。
 さて、私は最近通販を多く利用しています。転勤が多く、行きつけのお店がなかなか作れないから、というのが大きな理由です。今住んでいる場所には、まともにモノが揃う模型店がないことも理由の一つです。レールパルさんは地方のお店でありながら、本当にモノがよく揃っております。そして何よりも、知識の豊富な店長さんがおります。通販は博打みたいなものですから、商品が手元に届いてから「何コレ?」というようなことが多々ありますが、こういった専門店では相談しながら購入できるのでそのようなことは皆無です。交通費もかかるし、通販より割引は少ないけど、色々なアドバイスをもらえることはお金には変え難いものだと思います。最近は廃業される模型店も結構多いみたいなので、こういったお店に長く頑張っていただきたいものです。
次に住むのは川崎市内になりそうです。今度は近場に良いお店があればいいのですが…。              

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

IPod touch

 最近お疲れ気味の私です。

 鉄道模型以外にも、体を動かすことが趣味でもある私は水泳やジョギングもそこそこやっております。

 水泳はプールがすいている時なら、3キロほどぶっ通しで泳ぐ。55分ぐらいかかります。1000m最速は17分6秒。40歳を前にして今でも記録を更新中です。時速にしてたった3.5kmなのですが、私にとっては結構ハード。ちなみにこの速さは本気で水泳をやられている方からみたら決して速くもなく、自慢できるような速さではありません。ですが、素人さんが決して追いつくことはできない程度の速さ、と言えるでしょうね。(無理して真似すると心臓麻痺で死にますので、素人さんは決して真似しないでください。あくまでも自分のペースを守るのがスポーツの原則です。)

 ジョギングは週に2~3回程度5kmぐらい。速さは時速9~10km。これも決して速くない。走っているとスーパーあずさやあずさが遠くを走り抜けて行くのが見えます。今日も定刻に通過…、私も定刻通りの走りか…。などと、ひとり呟いております。

 上の二つのうちひとつを実施して、さらに最近日課にした散歩(時速7kmで2.4km)を加えると、結構体に良かったりします。少なくとも、太ることはありません。これだけやれば「鉄道オタク」呼ばわりされることはないでしょうね。

 冒頭から、話がいきなり脱線してしまいました。申し訳ないです。今日はIPodについて書きたかったのです。

Dsc00585c IPod touch(カバー付けてみました)

ついに買ってしまったのです。8GBはすぐに中身がいっぱいになってしまうらしいので、32GBにしました。今回のモデルからカメラが付いたのが購入の決め手ですね。デジカメには敵いませんが、上の写真で見る限りはチョイ撮り程度の使い方なら問題なさそうです。動画も簡単に撮れることもあり、鉄道趣味の世界でなにかと役に立ちそうな気配です。今のところ、大した使い方はしていませんが、良い使い方があったらぜひご一報下さい。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

ラストラン

ついにこの日がきました。ラストラン…。このブログでラストランを語るのは2度目です。Dsc00570c 仮設レイアウト2号お別れ運転

ひと仕事終わって、飯場も解体。今日、引っ越ししてホテル暮らしの開始です。4.5畳一間の暮らしから、6畳2間の暮らしにグレードアップしました。しかも2食付き。でもレイアウトは廃線となりました。しばらくは、車両だけ保有し線路を持たない鉄道として活動することになります。

今回のレイアウトの解体はとても簡単でした。何しろ、ふすまにプラスチックの建材を貼り付け、その上に芝生シートを貼って線路を部分的に針金で固定していただけなのですから。仮設ですからね、15分もあれば解体完了です。

お別れ運転は写真のようにマイクロエースの789系と283系で実施。789系はトミックスのモーターに換装した例の車両です。動きは快調そのもの。久々に動いた283系はそこそこでした。

仕事とは言え、解体作業は寂しいものです。早く落ち着いた仕事を見つけたいなあ、と思う今日この頃です。部屋借りて、ギャラリー開くか…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

やっと決定

 決定、と言ってももつれている私の転勤先ではありません。何が決まったかと言えば、『リニアのルート』です。

 大多数の方の予想の通り『南アルプスルート』で決まるとのこと。まあ、良かったと思いたいです。

 なぜ私がこんなことをネタに挙げるかといえば、現在長野に住んでいてリニアの話題が新聞に頻繁に載るからなんです。諏訪湖の近くなんですが、ご存知の通り伊那や木曽経由でリニアを通らせたかった人がおりまして、長野県内でももめていたのです。よそ者の私としては、飯田に停まってくれる(正確に言えば、駅が出来る)だけ有難いと思ったほうがよいのではないかと思うのですが、一部の地元民の主張はそうではないようです。

 新聞などでルート図を見るとわかりますが、南アルプス経由はほぼまっすぐであり、誰がみても納得がいくルートです。これが諏訪湖経由となると・・・、なにコレ?バカじゃん?新幹線でも有り得ないようなルートの出来上がりです。遠回りになるばかりか、カーブがきつくなりスピードもロクに出せないリニアなんて必要かい?と諏訪経由支持者に聞いてみたくなります。リニアを呼ぶ前に、中央東線の全線複線化と高速化のほうがずっと先のような気がするのですが・・・。

 もともと、リニアはいずれパンクすであろう東海道新幹線の救済が第一の目的のはず。中央本線の救済なんて順序からすればずっと下の方でしょう。しかも今回はJR東海が一企業として行う事業なんだからJRの思うとおり好きにやらせてやれよ!と思うのです。それを、『少し金が余計にかかっても自分のところにリニアを通せ!』という訳のわからん主張を繰り返してきた方々が少なからずいるのです。それが選挙の公約になっているような田舎の政治家も多数おられるようです。『少し金が余計にかかる』と言っても、とても『少し』とは言えない額なんですよね。自分たちの言っていることが判っているんだろうか?と良識を疑いたくなります。もっとも、『少し余計にかかる金額』を沿線住民の自分たちで負担してくれるのならまだ話し合いの余地もありそうものですが、その意思もなさそう。それじゃ、ただのタカリじゃない?

 もう少し、世の中全体のことを考えらるような人がリーダーシップを取っていれば、こんな無謀な主張は出ないと思うんですけどね。人間、私利私欲が絡むと、ロクなことを考えないものです。

 『リニアを諏訪へ!』の看板を見続けて早3年。これもあと半月ほどで見納めです。やっと卒業できます、この土地を。ホント、長かったア。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

話題のメーカー

 私のブログの検索文字をよーく見てみると面白い傾向がわかりました。以下に過去4ヶ月のメーカーごとのアクセスランキングを示します。

1位:マイクロエース 112票

2位:KATO 56票

3位:トミックス 38表

4位:リアルライン 31票

 1位マイクロエースは2位にダブルスコアのブッチギリ体制を築いています。集計期間を変えても、不動の1位の座は変わらず・・・。2位・3位の入れ替えは新製品の発売によりよくあるようです。リアルラインも色々と問題ありですが、D51しかなくあまりにもマニアックですからこの位置が定位置となっています。

 それにしても、さすがマイクロエース。品質では1位の確保は困難ですが、ブログネタとしては事欠くことがないのでしょうね。皆さん同社製品への対処法を探して彷徨っておられるのが良くわかります。かく言う私もそのひとりだったりします。私のブログでは入手した製品について感じたことを、独断と偏見により好き勝手に書いておりますので、どこまでお役に立てるかは定かではありません。あくまでも『ご参考までに』ということをこの場でも再度強く申し上げておきます。

 先日、マイクロエースの789系のモーター交換を行っている時に思ったのですが、『マイクロ製品対処方法』だけで立派なホームページが出来そうな気がします。動力系、台車、カプラー、パンタグラフ、屋根上機器、床下機器、テカテカ塗装etc・・・、キリがない。グレードアップのためなら良いのですが、標準グレードに近づけるための手入れですからね・・・、誤解のないように。

 国産のカトーが安くて良いものをきちんと作れるのに、中国産なのにとても高価で品質イマイチのマイクロエースってどんなメーカーなんでしょう?他社が手を出さない車両を意欲的に発売する気持ちは買いたいのですが、ちょっと企業として力の入れ所を間違えているような気がしてなりません。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

モーター交換

私は今、引っ越し準備に追われています。3連休のうち2日は荷造りといらない物の選別でした。びっくりしたのは鉄道模型の荷物の多さ。車両だけで段ボール8箱。1箱には10ケース入っています。いつの間にこんなに増えたんだろう…。これ以外にも鉄道関連の雑誌や資料が山のようにあります。よく4畳半ひと間に収まっていたものだと、ある種のミラクルを感じてしまいました。そんな忙しい中を縫ってできることは大したことではありません。とりあえずモーター交換をしてみました。みなさんお持ちのマイクロエースの車両は走りの悪い車両はないですか?最近のフライホイール付きはかなり良くなりましたが、今回対象となるのはそれ以前の車両。その症状はまさにロケットスタートそのもの。私の所有車両では、789系や721系等がこれにあたります。とにかくひどいの一言。買った当初はもう少しましだったような気がしますが、いつの間にやらこんな状態になっていました。こりゃイカン!ということでやってみましたよ、モーター交換。今回も色々なサイトを参考にさせていただきました。その中でも多かった方法がトミックスのM-5モーターへの交換。通販サイトでこのモーターを見つけたので、試しに1個購入してみました。

まずは車両の分解から。

Dsc00552c もう、後戻りできません

上の写真のように車両をバラバラにします。モーターが二つ見えますが、上がトミックスのモーターで下がマイクロエースのモーターです。大きさはほぼ一緒。構造も変わらないように思えます。多分モーターのメーカーも一緒ではないでしょうか?モーターを取り出したところで、ひとつ実験です。どちらのモーターがより低い電圧で稼働するか?交換するトミックスのほうがマイクロより高い電圧で稼働を始めるようならば、交換する意味がないのでこの実験を実施する意義は大きいのです。その結果は…、トミックスの方が、マイクロより若干稼働電圧が低いです。しかも動き出しの動き方がスローなので、よりスロー走行が可能と考えられます。ということで、交換を実施。モーター両端の黒いジョイントを外して交換するだけです。ジョイント位置に注意が必要ですが、さほど難しい作業はありません。

Dsc00551c_2 上がトミックス、下がマイクロ

せっかく分解したので、台車もバラバラにして大掃除をしました。余分なグリスを除去。新たにタミヤのセラグリスHGを塗布しました。車輪や、集電装置も綺麗に清掃。なんでこんなに汚れているの?と不思議なぐらい汚れていました。それにしてもこの台車構造、何とかならないのだろうか?

Dsc00569c歯車がどこかへ行ってしまいそう

清掃を終えてテストランをした結果ですが、以前よりは良くなったと思います。フライホイール付きと違って超スローは無理でしたが、ロケットスタートは卒業できました。こんな簡単にできるなら、ほかの車両もやってやる!ということで、M-5モーター2個をすかさず追加発注したところです。

なお、今回実施したモーター交換を行う場合はあくまでも自己責任ということで行うようにしてください。失敗しても当方では一切責任を負えませんので…。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

885系白いかもめ登場

転勤(転職?)を控えてバタバタとしたこの時期に新車が登場しました。

Dsc00541c_2 885系白いかもめ

以前から欲しかったんです。白いソニックも持ってますが、本当に欲しかったのは、かもめの方。ジョーシンさんの通販で安かったので買ってしまいました。

Dsc00542c_2 先頭部

ドーン!と弩アップの先頭部。ドーン研究所のデザインだけあって非常に印象的。でも見方によってはICEのパクリですね。日本車にはないデザインということで私は好きですけどね。カトーも細かなところまで表現しています。残念なのは、エンブレムが印刷なこと。実物はかもめマークがクルマのエンブレムようになっているのですが、模型での再現は困難だったのでしょうか?ちなみにこのマーク、マツダのパクリなんでしょうか?どう見ても、似すぎている。

Dsc00544c_2 パンタまわり

屋根上は全体的にすっきりとした車両なのですが、パンタまわりはごちゃごちゃです。交流電車ですから、これは仕方のないことでしょう。特徴あるパンタ台も綺麗に再現。台車と連動して動くことはありませんが、そこまでは必要ないでしょう。この写真でも目立つのがかもめマーク。自分のクルマがマツダ車なので余計に気になります。ちなみにソニックは「S」マーク。スーパーマンかい?

Dsc00545c_2 2色並んで

そっくりですが、微妙に違うんです。ライトの大きさが。ちゃんと作り分けています。

Dsc00546c 屋根上

屋根上も微妙に違います。上がソニックで下がかもめです。前から気になっていたのですが、ソニックの後部クーラーのそばにある穴は何なんでしょうか?左右の白いフードの長さが違っているのも気になるところなのですが、穴の位置がなんとなくフードの固定用の穴に見えるのは私だけでしょうか?

外見は特に問題もなく、テストランも無事終了。走行はいたって好調でした。ただ、最新の動力ではなく、当然フライホイールもない一昔前の仕様。モーター音は最近のカトー製と同じく、ややうるさい印象があります。振り子は最大7度とのことで、やや大げさ気味の表現。車体断面が四角に近いので余計に大げさな傾きに見えてしまいます。スーパーおおぞらの実車でさえ6度が最大ですから、かもめはかなりの傾きになります。カントレールで走らせたら大変なことになりそうですね。

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

DD51のプチHG化

あっという間に10月になりました。9月前半までとても忙しかったので、暇になった後半はひたすら遊び。鉄道模型に触れる時間もずいぶんと増えました。久々に週休2日制を味わって思ったのですが、世間の一般的なサラリーマンはこんなに自由な時間が取れるのですね。貧乏暇なしを地で行く私としてはうらやましい限りです。

さて、今回はトミックスのDD51ネタです。2両在籍していますが、1両は量販品で残りは北斗星増結セットに付いていた限定品です。今回いじったのは、量販品ほう。なぜなら、失敗しても買いなおすことができるから。なにをやったか言葉で書くよりも、写真で見た方が早いでしょう。ということで、

Dsc00531c ちょっと暗いですが…

左が限定品、右が今回手を付けた車両。とりあえず、キャブやエンジンルームの上を黒く塗って汚しています。でも、出来がイマイチのようなので、折を見て修正することにします。大きく変わったのは正面です。

Dsc00537c before

HG仕様なんですけどね、実物の写真と見比べると、どこかが中途半端でイマイチなんです。そこで…、

Dsc00538c after

色々な雑誌を見比べて今回は施工しています。ぱっと見ておかしいと思うのが手すりに付随したジャンパー栓収め?やその他の部分。青いはずなのに白いまま。これは目立ち過ぎなので、即青色塗装を実施。実物のヘッドマークの上には必ず半円形の部材が付いていますが、模型にはこれは再現されていません。メガネをかけている人が、かけていないようなものでこれも非常に目立ちます。ということで、φ0.5㎜のステンレス線を加工して取り付けました。これはヘッドマーク側に接着しています。実物は手すり側に取り付けてあるようです。下回りは、グレーの部分を艶消し黒で汚してジャンパ線類を取り付けました。真鍮線が手に入らなかったので、ステンレス線を使用しました。下部4本についてはφ0.3㎜を、向かって右側の上まで立ちあがっているものはφ0.5㎜を使用しています。いずれもピンバイスで穴を開けて取り付けました。ドリル2本折りました…。最後にジャンパ線を艶消し黒、コックを白で、スノープロ―もテカテカだったので艶消しを塗って今回の作業は完了です。

言葉で書くと非常に簡単に聞こえますが、やってみるとこれが大変。とりあえず、一番目立つ札幌行き北斗星の先頭に立つエンドだけの限定加工です。残る反対側エンドについては時間に余裕ができたら施工したい思います。材料もあり合わせだし、技術も未熟なこともあり、こんな程度が精いっぱいですが、少しは見栄えするようになったかな?と思っていますけどどうでしょうね?

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »