« 川崎にきました! | トップページ | 205系登場 »

2010年11月 7日 (日)

西武101系引退

 今朝の産経新聞を読んでいたら、『黄色い電車引退』の記事が。11月9日までだそうです。多摩川線の101系在来車のことらしい。まあ、いつかはこの日がくるのだろうと思っていたので特に驚きはしなかった。

 西武101系は昭和44年の西武秩父線開通に合わせて作られた高性能車。形は701系に似ているが、雨どいの位置やヘッドライトの位置がビミョーに違ったりする。従来の車両と大きく異なるのは、黄色+ベージュの2トーンカラーの採用。赤電天国からの脱却はこの電車からです。産経の記事では「当初、赤塗装で登場~」とありますが、あれは大間違い。最初から黄色+ベージュです。黄色一色だった701系の引退後に現在のような黄色一色に変更になりました。(ベージュのペンキ代をケチった訳ではなく、ブレーキ機構の異なる701系との誤連結の可能性があったので車体色を変えていたのですが、701系がいなくなったら手間を掛ける必要なし、との判断のようです。西武らしい合理的な考え方です。)記者さんも、もう少しきちんと取材して欲しいものです。

 私はこの電車が好きでした。塗装も好きだったですが、それ以上に前面展望がとても良かったから。運転台が低いのは、乗務員の安全確保面から好ましくないのですが、乗客としては見晴らしが大変良いのです。おまけに3ドア車だったため、運転席のすぐ後ろに座席があり、ここに座れば運転手気分になれる電車でもありました。背の低い子供でも、前が見える良い電車だったのに。以降作られた電車は高運転台になってしまい、前面展望が犠牲になってしまいました。ちなみに、M車に乗った時の騒々しさは並大抵のものではありませんでした。馬力があって関東の電車としては珍しく加速が良かったんですけどね。

 気がつけば、西武で101系の血統を引き継ぐのは新101、301系と3000系だけ。3000系はしばらく安泰でしょうけど、新101系はいつまでもつことやら・・・。東京近辺で20m級3ドアロングシート車に気軽に乗れるのももはやこの車両達だけです。乗るならお早めに・・・。

| |

« 川崎にきました! | トップページ | 205系登場 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBOさま
国鉄80系のおでこにでかい行き先表示器を載せ、ステンレスの腰板をまわして塗装変更するとあんな顔つきになります。あの当時の電車は各社個性があってよかったと思います。今の車両はどれを見てもラインカラーが違うぐらいしか違いがないように思えます。性能は良くなりましたが、趣味的にはつまらなくなっているようです。

投稿: 管理局長 | 2010年11月 8日 (月) 12時26分

こんばんわ
関西にいたので引退の記事はさっぱり知りませんでしたが
というよりワタシの頭の中では
西武の車両が関東にいた20年ぐらい前までで
完全に進化止まってるので(苦笑
実家は東上線沿線なんですが
大昔はバスで豊島園へ抜けたりもしてたもんで

西武の車両といえば101系のあの顔でしたしね
出っ張った行先表示がインパクトありました

投稿: KEBO | 2010年11月 8日 (月) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武101系引退:

« 川崎にきました! | トップページ | 205系登場 »