« キハ22登場 | トップページ | 仕事中・・・ »

2010年11月28日 (日)

キハ22を本物らしく!

先日届いたキハ22タラコ色。前回紹介したままでは、まったくのおもちゃの様。幸福駅に留置してある車両だって、もっと汚れています。そこで、いつものように軽ーく汚してみます。

Dsc00742c 手を付ける前の状況。

まずは、いつものように屋根から行きましょう。

ベンチレーターを取り外し、ウェザリングマスターを擦りつけます。煤っぽくなるまで微調整を繰り返します。凹凸となるものが、なるべくない状態にした方がやりやすいです。ここまでやって終わりでも良いのですが、手にべたべたと付いてしまいますので、トップコートの半艶を吹いて保護しています。そこまで完了したのが下の写真。

Dsc00744c屋根だけ汚れた状態

模型は上から見ることが多いので、とりあえず屋根だけ汚れれば見た目はかなり変わるものですが、側面がピッカピカの状態ではやはり変ですよね。

Dsc00750c ピカピカの新車状態

エナメル塗料の艶消し黒を薄く溶いて、筆に取って雨どいやドアの溝などに沿って流すだけのお手軽作業。そのままではおかしなことになってしまうので、溶液を吸った綿棒で拭き取るとこんな感じに。

Dsc00749c 生活感のある汚れ方かな?

ここまでやったら当然前面も。

Dsc00751c どうでしょう?

Dsc00754c 再組み立て

本当は、下回りも汚すとイイ感じになるはずなのですが、時間がないので今日はここまでです。

Dsc00757c タラコ3兄弟

キハ40が集う運転所の脇を通り過ぎるキハ22。汚れた車体にピカッと光るヘッドライトが良い感じです。

| |

« キハ22登場 | トップページ | 仕事中・・・ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

今回、1両しか購入しなかったので墨入れもたった1両だけ。さすがに1両だけのためにエアブラシを準備するのも大変だ、ということでウェザリングマスターの出番となりました。やるたびに思いますが、自然な感じのスス汚れの表現は本当に難しいですね。わざとらしくならないように注意しても、なかなか思うようにはならないものです。

投稿: 管理局長 | 2010年11月30日 (火) 00時34分

うちもようやく墨入れ、床下ウェザリングしました。
やっぱり墨が入ってないと引き立ちません。

ウェザリングマスターでの汚しは手軽でピンポイントで出来るのでよいですね。エアーブラシ使うとセッティングだけで疲れてしまいます(^^;)

投稿: katsumi-k | 2010年11月29日 (月) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キハ22を本物らしく!:

« キハ22登場 | トップページ | 仕事中・・・ »