« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

キハ183-100をいじる 2

 不安だ…、原発。多くの週刊誌が言うように、政府や東電は何か隠しているんでしょうね。それを公表したらパニックになるんでしょう、きっと。まあ、川崎に住む者としては今の時点で逃げていなければおそらく手遅れでしょうから、今のうち楽しめるだけ楽しんだ方が良いのかも知れません。多分枝野さん、そのうちきっと言うんだろうなあ、『関東地区の皆さん、ごめんなさい、手遅れです…。逃げられる人は逃げてください、自主的に…』って。言っている本人はいつの間にか 大阪当たりのテレビ局で記者会見しているのだろうなあ。絶対当たって欲しくない、私の独断と偏見による予想です…。頼むからこうならないでね…。

 ちなみに私は以前、東海村の現場で働いていたことがあります。JCOの事件から2年ぐらい経ったあとだったと思います。期間は1年半ほどでしょうか。東海に赴任する前から原因不明の蕁麻疹に悩まされており、某大学病院にまで通って検査を受けたのですが、それでも原因不明。キツイ薬をひたすら飲む羽目になりました。東海に赴任すると、どうでしょう。いつの間にか、蕁麻疹が治った!その後、現在までこの原因不明の蕁麻疹は発症していません。諸般の事情により他の地域より強い放射線が効いたのでしょうか?さらに不思議だったことがもう一つ。カブトムシもクワガタもオスを見かけることが無かったのです。どこかで交尾しているから生まれてきているのでしょうけど、オスはみんなどこに行ってしまったの?造成工事でひと山つぶしたのに1匹も出会わないのはオカシイでしょ?東海村はそんなところです。気味が悪いので私はもう2度と立ち寄りたくはありません…。

 つまらぬ話を長々としても仕方なし。ここからは本題ということで。

キハ183-100のその後です。

Dsc00988c施工前

これが・・・

Dsc00990c 施工後

こうなりました。ここまでで使ったのは、ガンダムマーカー黒(墨入れ用)とティッシュペーパーのみ。塗っては拭き、の繰り返しです。肩も凝らない軽作業でした。現在2両目まで施工完了。屋根上も適度に汚しています。

Dsc01004c 一番右が今回施工

183系を並べてみました。上から眺める機会が多いNゲージにとって屋根上の汚しはやはり効果的です。

さて今回はお題がもう一つあります。それは…、

Dsc00993c F MODELS製室内灯

雑誌に宣伝記事が出ていましたが、その名も『イルミ』というLED室内灯。10本セットで5千円チョイとはトミックスの半額ていどではないですか!ついに出たこの室内灯を試してみました。

Dsc00996c キハ183-0への取付例

うーん、綺麗だ。明るさ問題なし。色は電球色としてはちょっと黄色が強いかな?と感じますが見れない色ではありません。構造はマイクロエースと同様に車体中央から両側に向けた2灯のLEDが照射するのでとにかく均一に明るい。これはとても良いことです。

Dsc01001c トミックスとの比較

言葉ではわかり難いので実際に比較してみます。後ろはトミックスの電球色室内灯組み込むの車両。手前が今回施工のF MODELS製室内灯組み込み車。こうやって比較すると、自然に見えるのはトミックス製かなと感じます。

今回組み込みの室内灯、走らせるとどうなるか?正直言ってこれはちょっとがっかりでした。チラつきがとにかく激しいのです。車輪もレールも結構綺麗にしています。トミックスの室内灯のチラつきはほぼゼロに等しいのすが、F MODELS製はどうしたことか。これ、コンデンサーは付いているのだろうか?それとも取付が悪かったのか?現時点では明確な理由がわからないのですが、『安かろう、悪かろう』でないことを切に祈るのみです。白色タイプも買っているので、別の車両にも取り付けてテストしてみたいと思います。

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

キハ183‐100をいじる

決して難しいことではありませんが、せっかくやったので。

Dsc00981c 施工前

Dsc00986c 施工後

連結器まわりの小加工です。配管に黒と白を入れただけ。平日の帰宅後でもすぐできます。場所が場所だけに、グレーのプラ地むき出しよりずいぶんと見た目がアップすると思いますが如何でしょうか?しばらくはこの編成のウェザリングや整備に追われそうです。その様子はまたいずれ報告します。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

明るく、明るく・・・

 世の中、暗い話題ばかり・・・。私のまわりも、自分の力ではどうにもならないような不可解な出来事ばかり起こります。先日の肺炎でトドメを刺されたと思った私は、先日、川崎大師に厄払いに行ってきました。考えてみれば前厄でした。人間、節目には何かあるようです。ちなみに、この日ひいたおみくじは『凶』…。厄払いに来た人間に、ここまでトドメを刺すのかい…よーく、お祓いしてもらったことは言うまでもありません。

 暗い話題が多いので、鉄道模型ぐらいは明るく、ということで明るい車両ばかり並べてみました。

Dsc00972c 781系

 トップバッターは、先日手元に来た781系。マイクロエースの電球色室内灯を付けてみました。とにかく明るいのが特徴のマイクロエースの室内灯。ちょっと黄色が強すぎるかも知れません。白色LEDとどちらにしようか悩むところですが、国鉄時代の古い車両には電球色が似合うようです。ちなみにホワイトアロー:苫小牧行きに設定しました。

Dsc00977c キハ183系100番台登場時

 昨年の発売と同時に購入していましたが、この3連休でやっと整備することができました。ついでに室内灯も取り付け。こちらはトミックスの電球色を使用しています。国鉄時代の設定にしているので、時代を考え電球色としています。マイクロの室内灯より蛍光灯に近い色かも知れません。実車は蛍光灯なのでしょうが、国鉄色の車体にはやはり電球色かと…。この列車はおおぞら:釧路行きとしました。

Dsc00978c キハ183系100番台登場時

おなじ編成を反対から。明るいヘッドマークとさりげないJNRマークが泣かせます。

Dsc00973c 489系

 夜行列車ではないけれど、特急はくたかにも室内灯を!頑張って付けてみたけど、効果はイマイチですね。カトーの室内灯はあまり明るくありません。室内の成形色や車体の色の関係で、取り付けた時の効果がある車両と無い車両の差がとても大きく出るのが特徴です。この列車の場合は完全に失敗といえるでしょう。ブルトレのように暗い色の車両には室内灯は非常に効果的です。

Dsc00975c_2 373系

 国鉄色の特急は終了し、ステンレス車の登場です。トミックスの373系にマイクロエースの白色室内灯をつけました。とにかく明るい!ビカビカです!私が所有する中で、785系と並んで明るい車両と言えます。気分が沈んだ時には、こういう車両を走らせると明るい気分になれるかも知れません。

Dsc00976c 205系

 八高線色の205系。2月の異動でこの車両を見る機会が多くなりました。なぜなら、仕事場のすぐ脇を八高線が走っているのです!ということで、1時間に最低4回は見かけるのです。最近はちょっと見飽きた感もありますが、計画停電ではすぐにとばっちりを喰らって運休になってしまう可哀想な八高線。存在感も薄く、営業的な貢献度も低いのだろうけど私はその存在を認めてやるよ。(1回しか乗ったこと無いけどね…。)頑張れ、八高・川越線!

 少しは明るくなれたかなあ。東北で大変な思いをしてる人達からは「何ふざけてやがる!」なんて怒られてしまいそうですけど。

 最近テレビや新聞を見て疑問に思うのです。それは被災者に向かって『頑張れ』と言う人があまりにも多いこと。これ、絶対おかしいです。なぜなら、『頑張れ』という言葉は頑張っている人達に対して使う言葉ではないから。頑張っている人に対して『頑張れ』と言うのは、『お前死ね!』というに等しい残酷な行為です。そこまで考えて言っているのだろうか?アナウンサーや新聞記者と言えば『言葉のプロ』と言ってもいい存在のはずなのですが、必ずしもそうではないようで残念です。被災された方たちは皆さん『生き残る』という人間にとっては究極の頑張りをしている方々なんです。そんな人達にさらに『頑張れ!』なんて口が裂けても言うものではないでしょう。少なくとも今の時点では言うべきではない。今本当に頑張らなければいけないのは、被災地の周囲で無事でいることができ、援助出来る立場である我々のほうです。非力ではありますが日本人のひとりとして、一人でも多くの人が、少しでも早く、元の暮らしに戻れるように出来るだけのことはしてあげたいと思う今日この頃です。節電にも協力したいので、今日はこの辺で失礼します。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

報道関係者並びに東電の皆さん・・・

※鉄道模型関連の内容を期待されている場合には読み飛ばして下さい。今日は震災関連ネタなので、鉄道模型とは一切関係ありませんので・・・。ここ最近の出来事に関する、独断と偏見による100%私の私見のみの記述です。

私は今日ほど、報道関係者並びにのあなた方の『無能さ』、『存在のくだらなさ』を感じたことはありません。

午後5時前、仕事場でテレビを見ていました。(仕事をさぼっていた訳ではなく、その時間帯が停電予定の時間帯だったのでパソコンの電源を切って待機しておりました。)NHKだったと思います。『今夜は寒くなるので電力の消費が多くなる。関東で大停電の恐れがあるので、東電からJRや鉄道各社に列車本数の縮小を求める申し入れがあった』とアナウンサーが特ダネでも得たかのような得意顔で告げました。文句は多々ありますので気持ちを抑えながら順番に・・・

①報道する時間を考えろ!  17時前です。多くの会社は間もなく終業時刻を迎えます。そんな時間帯にこんな報道したらどうなるの?よほどのバカでもない限り、一斉に帰宅するサラリーマンが駅に押し寄せて交通機関がパニックになるのは予想できると思いますが、報道関係者の皆様方には理解してもらえないようです。今日の南武線や田園都市線はひどかった。久々に電車の中で身体が宙に浮きました。私は67kgの成人男子です。肺炎を完治してはおりませんが、人並みの体力はあると思います。でもさすが今日の電車はきつかった。こんなラッシュは学生の時以来かも知れません。 こんな場合に私が求める報道の仕方ですが、『停電に備えて帰宅時間に列車の本数が減る可能性があります。決してあわてず、帰宅時間の分散化にご協力ください。』はどうでしょう?『混雑するので、気を付けてください…』という言葉はよく聞くことができますが、聞くたびに何に気を付けるの?と不思議に思います。まあ、パニックを誘導する能力にかけては天下一品であると言わざるを得ません。騒ぎを起こしても、『ごめんなさい』のひとことで済ましてしまう人たちに反省を求めるだけ無駄というものでしょうね。

②いつまで被災地の実況中継をやるの?  最初の1~2日は仕方のないことだと思います。が、TV全局で金太郎飴のような同じような報道番組をやる必要性があるのでしょうか?しかも、今日のように被災から数日たってからの番組の内容は極めて薄い…。電波の無駄遣いを極めていると言えるでしょう。その内容はといえば、現地の実況中継とアナウンサーの聞くに堪えない幼稚な感想、専門家?(本物かどうか不明)のあやしい解説、総理や官房長官等の記者会見、現地の天気予報、天気予報より当たらない停電情報…一日中、ひたすらこれの繰り返し。テレビを見るのが嫌になります。被災翌日のある局の番組で報道ヘリからの実況中継がありました。たまたま病院の屋上にSOSマークを見つけ、孤立している人々を発見したのです。そこまでは良かった。ただその後がいただけない。テレビ出演者が言った言葉と言えば、『報道ヘリなので助けに行けない。(そんな決まりいつからできた?)早く自衛隊等の救助隊に行って欲しい・・・』 出演者に向かって、あんたらバカか?とつぶやいたことは言うまでもありません。相手は水も食べ物も無くて困っているんだぜ!あんたら、空から高見の見物で終わりかい?それってものすごく残効だよ。せめてテレビを通じて『○×地区の○×病院で○○人の避難民あり』ぐらいのことを、救助部隊がわかるように言ってやってくれよ!こんなテレビ業界だけど、いざという時に機転の効いたことの一つも言えないような阿呆なアナウンサー連中が1千万近い年収取ってるなんて信じられますか?でもこれ現実なんですよ…。

③どうせ被災地に行くならさ・・・  テレビカメラだけじゃなく、緊急物資も持って行ってくれよ!みんな大変な思いをして、被災地に乗り込むのです。報道関係者だけが特別扱いで良い訳がありません。某局のアナウンサー、被災地からの中継の割にはずいぶん見た目がイイじゃん?カッコ付ける余裕があるなら、乗り込む時に自分たちの食糧だけじゃなくて、水の入ったペットボトルやすぐに必要になる薬や医薬品のひとつでも持って行ってやってくれよ!決してたくさんとは言わないよ。でも一人5~10キロぐらいの物資を背負って行くぐらいの覚悟はあっても良いのでは?一番乗りに近いあんたらの目の前で死んでいく人達はたくさんいるんだ!本当に人のためになりたいと思えばやるのが当たり前なんだけど。今のあんたらがやっていることは、報道ではない。ただ現地の画像を映して傍観しているだけだよ。

④テレビは有意義に使おうよ! 某局が福島の原発の爆発シーンをスクープしました。東電の対処は確かに遅かった。当然のことながら記者会見でも東電の連絡の遅さは報道機関から格好の餌食になっていました。でもね、よく考えてみてよ。爆発が起きて、間髪いれずに報告が来る会社なんて世界にどれだけあるの?おそらく現場は大混乱していたと思う。たまたま実況していたのだから、気が付かない東電に通報してやったってイイじゃないか!スクープ合戦や視聴率稼ぎのためだけにテレビがある訳じゃないんだ!それなのに各局のやっていることと言えば極めて幼稚。自分の局の映像が良ければそれでいいんだろうか? せっかく各地の避難所にテレビカメラがお邪魔している訳です。もっと、被災者たちの連絡に協力してやってくれよ!電話も通じなくて全国各地の身内と連絡が取れない人がたくさんいます。自分たちが無事であることを心配してくれている人たちに知らせたい人達がたくさんいるんだ!そんな人達の姿た言葉を全国ネットで流してやってくれよ!もしかしたら、身内の人達がテレビ見てくれているかも知れないし、それを見た身内の人から返事が来るかも。テレビ局が橋渡ししてやったてイイじゃないか!NHK教育では文字で同じような情報提供をやっている時間帯があるけど、せっかくテレビで映像が使えるのだから顔ぐらい映してやってくれよ!身内だったら映像ですぐにわかるんだから。

⑤東電、いいかげんにして!  東電には無計画停電と原発問題でここ数日振り回されっぱなしです。あなた方は、日本をつぶす気ですか?このままでは、日本地図から福島県の名前が消えてしまいます。今回の地震の被災地は茨城県が含まれるものの、主に東北地方です。東電の守備範囲外が被災してこれだけの影響ですから、万が一関東大震災が発生した場合には東電からの電気は一切期待できないと考えるのが妥当でしょう。 原発は安全だ、と言って今まで国とグルにになってここまで原子力行政を推し進めてきたわけですが、これでもう終わりです。東電社員のみなさん、どうか原発のまわりに一戸建てを建てて集団移住してください。原発の怖さを思い知ってください。私が大学生の頃、『発電工学』という講義がありました。当然のことながら原子力発電についても講義があり、試験にも出ました。当時から安全性に疑問を抱いていた私は、試験の答案に『本当に原発が安全なら、推進派や電力会社の人達が原発のそばに住めば良い…』と書いてやりました。当時の先生からの返事はありませんでしたが、単位だけは頂戴することができました。原発のまわりに、推進派や電力会社の社員が移り住んだという話は、これまで聞いたことがありません。やっぱり、現在の技術力じゃいざという時に手に負えないジャジャ馬なんでしょうね。

最後に・・・ 東北地方で被害に遭われた皆さんの苦しみを考えれば、電車の混雑なんて屁みたいなもので、文句を言うつもりもないんです。計画停電だって本来なら心から協力したいです。緊急地震速報だってとても役に立ってますし。でもね、あまりにもリーダーシップがないこの国の政府って何なんだろう?見ているだけでとても不安になります。混雑するのが判っているなら、学校なんか少し早目の春休みにしても良いのでは?不要不急のサービス業なんて強制休業でも良いのでは?時差出勤を呼びかけても良いのでは?自宅の新築の際には自家発電機や蓄電池の備え付けを奨励しても良いのでは?首都圏におけるガソリンの買い溜めがどれほど馬鹿げているかもっと強く指示を出すべきでは?やらなければいけないこと、工夫次第でなんとかなること、呼びかけなければいけないこと等もっとたくさんあるような気がします。私と同い年の某大臣さん、今頃コンビニを視察して物がないことに驚いている場合ではないのですよ、国家の緊急事態なんだからさ…。正直言ってこのブログ書いている電力も勿体ないぐらいだろうから。

| |

2011年3月14日 (月)

臨時休業・・・

 計画停電…、わかってましたよ。多分電車も相当影響を受けるだろうと思ってました。昨夜は24時ごろまで起きて電車の運行予定情報を探していたのですが、結局発表せず。総理や官房長官に対して翌日の交通問題に関して質問する記者もなし…(地震関連記者会見等での記者さん達の質問内容を聞く限り、日本のマスコミの低レベルさは誰が見ても明らかかと思われます。)東電も発表遅過ぎです!高い給料をもらい過ぎで、脳ミソがふやけてるんとチャウ?誰がどう困るのか、肝心なところを理解されていない方があまりにも多過ぎです。こんな茶番のような記者会見を見て寝て、朝起きてみればJRの大半は止まっているというありさま。始発近い電車なら何とか仕事場までたどり着くかな、という淡い期待も木端微塵です。まだ体調が万全ではないので、今日休みになってしまったことは私にとってはイイ身体休めになりましたけど。ただ、明日からが心配です。

 原発についても言いたいことが山ほどありますけど、まあそれはいずれということで。ここまで大ごとになってしまったということは、もう国策として原子力化を進めることは無理でしょうね。いざという時に人の手に負えない設備なんて人殺しの機械と一緒ですからね。効率は悪くても、風力や太陽光に頼るほうが無難だと思います。新築する家にはソーラー発電を付けたいなあ。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

素直に喜べませんが…

不明になっていた遠い親戚と連絡がとれたとの知らせがまいりました。とりあえず一安心。だけど、まだ多くの方が行方不明になっておられます。素直には喜べません。一日でも早く、一人でも多くの方が助かることを祈るばかりです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

地震です

 このたびの震災で被害に遭われた皆様方には、心よりお見舞い申し上げます。

川崎市内に住む私でも突然の地震にびっくりしました。鉄筋コンクリートの3階に住んでいますが、揺れること…。思わず高く積んだ荷物を押えました。こんなの初めてです。船酔いしそうな感じの揺れで、本当に怖かった。と、ブログを書いている今も揺れています。いつになったらおさまってくれるんだい!

 地震のあと、すぐさまテレビを点けると、私の遠い親戚の住む宮古や田老がピンチとのこと。田老に限らず三陸全体がヤバイ。テレビでは津波が来る前の状態を写し続ける。どこかで見覚えのあるような街並み。まだクルマも動いてる、人もいる!こんなに海のそばなのに、頼むから早く逃げてくれ!思いも虚しく来るべきものはやってきてしまった。流されて行く街。人間の力なんてちっぽけなものだ。連絡のつかない親戚…、今は無事であることを願うだけです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

781系登場

病院で点滴を受けて帰宅したら、781系が届いておりました。平日の真昼間に、通販の鉄道模型をいじくりまわすのも、一社会人として気が引けますが、とりあえず不良品かどうかのチェックだけはしなくてはいけませんので開梱。さて、どんなもんでしょ?

Dsc00962c 『北海道のエース、ライラック』?

マイクロの製品には不思議なキャッチフレーズがついています。781系はいつから北海道のエースになってしまったんでしょう?多くの人が思うのはおそらく、北海道のエースはスーパー北斗のキハ281系か日ハムのダルビッシュでしょうね。まあ、くだらん話は置いといて製品はまずまずでした。再生産だけあって、最新の仕様ではありません。

Dsc00965c 先頭部

イイ感じです。ライトも明るく光る方だと思います。おでこのデフロスターも785系と比べると適正なサイズではないでしょうか?残念なのはスカートまわり。こんなに口を開ける必要性が判りません。交換用のカプラーが付属していますが、なんのために付いているのやら理解不能です。Nゲージは顔が命です。どうせ併結運転なんかしないのだから、スカートまわりはきっちり作って欲しかったです。中間車の貫通ドアの塗り分けはいつものとおり見事。

Dsc00964c 先頭車側面

JNR標記や号車札、エンド標記などは綺麗に印刷済み。車内のシートカバーも白く塗り分けてあり視覚的に大変効果的です。室内灯を入れると、コレ大変目立つのです。他社の高額なHG仕様にも大いに見習って欲しい項目です。

Dsc00967c 屋根上の様子

同社の北海道車両は屋根上のランボードを水色に塗り分けている製品が多いのですが、国鉄時代のこの製品はライトグレーに塗り分け。しかも滑り止め感まで表現できています。なかなか芸が細かい。メリハリがついていて良いと思います。

さて走行性能ですが、ちょこっとテストランをしただけですが特に問題は見られません。スローから常識的な範囲の高速域までソツなく走ってくれました。療養中ということで、本格的な走行や整備は後日となります。ヘッドマークには、さちかぜ・ライラック・ホワイトアロー・いしかりが付属。影が薄かったホワイトアローが良いかも…、と思ったりしている次第ですがどうなることやら。

それにしても、国鉄特急色は見ていて落ち着きます。ステンレス車全盛のご時世ですが、やはり特急と言えば赤+クリーム色が一番のような気がします。派手過ぎず、飽きも来ずどこでも似合う色ってこういう色のことをいうのでしょうね。かつては全国で見られたこの塗装も、今ではごくわずかを残すのみ。寂しい限りです。そう思う自分もずいぶん歳をとってしまったのかも知れないと思う今日この頃です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

肺炎はつらいです

 肺炎で休業中です。熱が下がった頃をみてジョーシンのHPを久々に覗いたら781系が売ってました。先日発売の『N』誌で札幌駅特集があって妙に気になる存在でした。2月は新車を増備していなかったので、ポッチッとやってしまいました。医療費、結構かかっているんですけどね…。

 さて、2月22日に発熱がはじまり28日に肺炎と診断され早一週間。熱も収まって今日からは社会復帰できるかな?と思いつつ早朝に体温を測ると37.5度…。一週間寝ても駄目なのね…、とがっかりしつつ医者へ。最寄りのこれまでかかった医者の治療に疑問を抱き、2番目に近いと思われるちょっと大きめの病院に鞍替えしてみました。先生は、症状と事情を聴くなりレントゲンやCT、血液検査をすぐ段取りしてくれました。まあ、これが私の求めていた病院の姿なのですが、これまで通ったところはインフルエンザだけ検査してくれただけ…。今日の先生曰く、『これ、一週間前だったら相当ひどかったでしょう?入院させられなかったの?』と言われる始末。私は入院させて欲しいといったのに断られたんですよ。これで死んでいたら誰が責任とってくれたんでしょう?レントゲンもCTも素人の私が見ても真っ白の肺炎。特にCTは明らかに白い部分がはっきりするんですね。これをやらずに薬を出す病院ってどんなもんなんでしょう?今日の先生には『お気の毒に…』と何度言われたことやら。親身になって診てくれた女医さんに大感謝の一日でした。

 皆様も病院選び・医者選びにはくれぐれもご注意を…。なめてかかると、本当にひどい目に遭います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

近況です・・・

 2月14日の以来、更新が滞っております。異動先の職場までの通勤時間が長いこと、勤務時間が長いこと、等により鉄道模型に触れる時間が極端に減っています。さらに追い打ちをかけるように肺炎になってしまい、現在自宅療養中です。気力・体力ともに鉄道模型どころでは無い状態にあります。高熱が続く中、朝から夜まで昼飯も抜きで外に出ずっぱりのような仕事を数日続けたのですが、これでトドメをさされたようです。下がらぬ高熱と全身の痛み、苦しい呼吸う…。一人暮らしの私としては久々に生命の危険を感じざるを得ませんでした。ここはいましばらくお休みを頂いて、完全に復調してから戻ってきたいと思います。たかが『肺炎』ですが、日本人の死因の第4位だそうなので皆様も油断なされぬように…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »