« 報道関係者並びに東電の皆さん・・・ | トップページ | キハ183‐100をいじる »

2011年3月22日 (火)

明るく、明るく・・・

 世の中、暗い話題ばかり・・・。私のまわりも、自分の力ではどうにもならないような不可解な出来事ばかり起こります。先日の肺炎でトドメを刺されたと思った私は、先日、川崎大師に厄払いに行ってきました。考えてみれば前厄でした。人間、節目には何かあるようです。ちなみに、この日ひいたおみくじは『凶』…。厄払いに来た人間に、ここまでトドメを刺すのかい…よーく、お祓いしてもらったことは言うまでもありません。

 暗い話題が多いので、鉄道模型ぐらいは明るく、ということで明るい車両ばかり並べてみました。

Dsc00972c 781系

 トップバッターは、先日手元に来た781系。マイクロエースの電球色室内灯を付けてみました。とにかく明るいのが特徴のマイクロエースの室内灯。ちょっと黄色が強すぎるかも知れません。白色LEDとどちらにしようか悩むところですが、国鉄時代の古い車両には電球色が似合うようです。ちなみにホワイトアロー:苫小牧行きに設定しました。

Dsc00977c キハ183系100番台登場時

 昨年の発売と同時に購入していましたが、この3連休でやっと整備することができました。ついでに室内灯も取り付け。こちらはトミックスの電球色を使用しています。国鉄時代の設定にしているので、時代を考え電球色としています。マイクロの室内灯より蛍光灯に近い色かも知れません。実車は蛍光灯なのでしょうが、国鉄色の車体にはやはり電球色かと…。この列車はおおぞら:釧路行きとしました。

Dsc00978c キハ183系100番台登場時

おなじ編成を反対から。明るいヘッドマークとさりげないJNRマークが泣かせます。

Dsc00973c 489系

 夜行列車ではないけれど、特急はくたかにも室内灯を!頑張って付けてみたけど、効果はイマイチですね。カトーの室内灯はあまり明るくありません。室内の成形色や車体の色の関係で、取り付けた時の効果がある車両と無い車両の差がとても大きく出るのが特徴です。この列車の場合は完全に失敗といえるでしょう。ブルトレのように暗い色の車両には室内灯は非常に効果的です。

Dsc00975c_2 373系

 国鉄色の特急は終了し、ステンレス車の登場です。トミックスの373系にマイクロエースの白色室内灯をつけました。とにかく明るい!ビカビカです!私が所有する中で、785系と並んで明るい車両と言えます。気分が沈んだ時には、こういう車両を走らせると明るい気分になれるかも知れません。

Dsc00976c 205系

 八高線色の205系。2月の異動でこの車両を見る機会が多くなりました。なぜなら、仕事場のすぐ脇を八高線が走っているのです!ということで、1時間に最低4回は見かけるのです。最近はちょっと見飽きた感もありますが、計画停電ではすぐにとばっちりを喰らって運休になってしまう可哀想な八高線。存在感も薄く、営業的な貢献度も低いのだろうけど私はその存在を認めてやるよ。(1回しか乗ったこと無いけどね…。)頑張れ、八高・川越線!

 少しは明るくなれたかなあ。東北で大変な思いをしてる人達からは「何ふざけてやがる!」なんて怒られてしまいそうですけど。

 最近テレビや新聞を見て疑問に思うのです。それは被災者に向かって『頑張れ』と言う人があまりにも多いこと。これ、絶対おかしいです。なぜなら、『頑張れ』という言葉は頑張っている人達に対して使う言葉ではないから。頑張っている人に対して『頑張れ』と言うのは、『お前死ね!』というに等しい残酷な行為です。そこまで考えて言っているのだろうか?アナウンサーや新聞記者と言えば『言葉のプロ』と言ってもいい存在のはずなのですが、必ずしもそうではないようで残念です。被災された方たちは皆さん『生き残る』という人間にとっては究極の頑張りをしている方々なんです。そんな人達にさらに『頑張れ!』なんて口が裂けても言うものではないでしょう。少なくとも今の時点では言うべきではない。今本当に頑張らなければいけないのは、被災地の周囲で無事でいることができ、援助出来る立場である我々のほうです。非力ではありますが日本人のひとりとして、一人でも多くの人が、少しでも早く、元の暮らしに戻れるように出来るだけのことはしてあげたいと思う今日この頃です。節電にも協力したいので、今日はこの辺で失礼します。

| |

« 報道関係者並びに東電の皆さん・・・ | トップページ | キハ183‐100をいじる »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBOさま
こちらこそ、大変ご無沙汰しております。
489系、なかなか良いですよ。能登セットは人気があったみたいですぐ売り切れてしまったところが多いみたいですけど、ほかのセットならあるかも知れませんね。
お払い中も地震があったんですよ。建物は鉄筋コンクリートなので崩れません、と言ってました。外に出ると、瓦が落ちて当りますので危険だとか…。
サリンの時は、春休みでバイト中だったので助かりました。いつものように通学していたら、丸の内線の先頭車の中で、アウトだったでしょう。そう考えると私は相当運が良いのかも知れません。
鉄道模型を、心から楽しめる日が早く戻ってくると良いです。私は無理やり楽しんでますけど、やはり気持ちに無理があるように感じます。

投稿: 管理局長 | 2011年3月28日 (月) 11時50分

やっぱボンネットの489イイナァ・・・ボソ
欲しくなりましたわ(苦笑

ご無沙汰しております
肺炎の方はもう良いのでしょうか
ワタシも今年本厄なので初詣と同時にお払いしてもらいました。
て、実は前回25の厄年の時は・・・
お払いも何もせずにいて阪神大震災に遭い、
さらにサリンのときも東京で電車乗ってました。
(地下鉄ではなかったですが乗り入れてる路線です)

ほんまに一日も早く普通に模型楽しめる日々に戻りたいですな。
「普通」の日々がどれだけ大事で貴重なものか
よくわかった気がします。

投稿: KEBO | 2011年3月27日 (日) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明るく、明るく・・・:

« 報道関係者並びに東電の皆さん・・・ | トップページ | キハ183‐100をいじる »