« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

所属車両の写真を追加しました!

こんにちは。世間はGW突入ですが、私は仕事。ちょっとサボって書いてます。

さて、北海鉄道所属車両の写真を3枚追加しました!最近入線した車両ですが、何が追加になっているかわかるかなあ?

まあ、お暇なら見てよね、ということで。鉄道好きの人ならば、多分そんなに飽きないと思いますので。

さて、私はこのGW中に引越しを行います。鷺沼から拝島へ移動です。都心を離れて少し田舎の方になりますが、おかげで今度はクルマを活用できる生活になりそうです。今までは渋滞が酷い場所だったので電車+徒歩で生活。したがって今年はまだ2回しかガソリンを入れていません。極めてエコな生活でした。都会暮らしにも飽きていたし、なによりも遅れやトラブルが頻発する東急田園都市線沿線での暮らしはもううんざりです。半年住んだけど、なんでこんな路線が人気があるのか私には理解できませんでした。駅前は確かにオシャレなんですけどね。ただそれだけなんですよね。渋谷に近いと言っても、あそこは女・子供の街。今年40になるオッサンが仕事やアソビに行く街ではありません。

今度の拝島はどうなんでしょう。見た感じ、想像以上に田舎です。仕事で昭島に通っていますから、上辺だけはわかるのですが、生んでみないと判らない点も多々あることでしょう。馴染めればよいのですが、必ずしもすべての場所で、とは行かないのが人間の悲しいところですね。でも新生活に少し期待している今日この頃です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

派閥

先日、電車の吊り広告を見ていて『派閥』について考えました。会社や政治には『派閥』がつきものですよね。色々と取り上げられていました。これを鉄道模型にあてはめるとどうなんだろう?私の場合は以下のようになると思います。

①車両…カトー派。競合作はカトー製品を選ぶことが多いです。例として103系、カシオペア、NEX。安い割には良くできており、走りも良いような気がします。

②レール…制御機器も含めてトミックス派。ポイントの種類が多いのが魅力です。常点灯もあるし。店頭での品切れも少ないような気がします。

みなさんそれぞれにこだわりがあるのでしょうね。だから楽しいのかも…。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

実車は運休中ですが・・・

某模型店に行って製品を見たら買ってしまいました。(本当はE233を買いにいったつもりでした…)

Dsc01065c EF510カシオペア色

どことなく日本車離れした外観はその塗装もあって、ミストラルやアムトラックの車両を彷彿とさせます。ステンレスとは異なる銀塗装の質感、形状、ガイシの緑色等結構イイ感じです。510号機に仕立ててさっそく運転開始です!

Dsc01072c カシオペアフル編成!

なんとかしてヘッドライトが点灯した状態を撮りたかったのですが、トミックスの常点灯コントローラーではダメでした。走行性能はと言えば、スローは超低速からスムーズに走行。高速もおまかせで、全速度域で問題ない性能を発揮します。ただ勾配路線については不明です。この製品はフライホイールが効き過ぎます。トミックスのED79もフライホイールの効き過ぎる車両として有名ですが、EF510はそれ以上に感じます。十分に速度を落としてから停止させるのであれば問題ありませんが、緊急停車させる場合にはすぐには止まってくれませんのでご注意を!

(おまけ)

ネタは変わって桜情報。

Dsc01061c 桜坂

『桜坂』とは私が勝手に呼んでいるだけで、鷺沼駅に通じる坂道のことです。本当の坂の名前は知りません。この桜の道を横切って毎日通勤しています。早朝はだれもいないので、この桜風景を独り占めです。歩いているだけで楽しくなりますよ!都会にもこんな風景があるのかと。桜坂と言ってはいるものの、秋には素晴らしい紅葉が見られます。ここの桜ももう大半が散ってしまいましたが、とっても綺麗です。何のイベントもやらないのがおかしいぐらい綺麗。もうすぐ引っ越しすることになる予定なので、私にとっては最初で最後の桜坂でしたがとっても良い思い出になりました。

今年も花見に行けなかったなあ…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

オール電化・・・

私の鉄道模型は、北海道を主たるテーマにしているのでディーゼル主力です。したがって、オール電化、などということは永久にありえません。

今回の震災を受けて、以前職場で一緒だった電機屋さんに言われた言葉を思い出しました。それは、『家を建てる時に、オール電化なんて、絶対選んじゃ駄目だよ!電機屋の俺が言うのだから間違いない!電気が無ければなにもできないんだから…。あれはバカが選ぶものだからね!』というものでした。電気の用途には向き不向きがあり、『熱もの』には限りなく不向きなのだとか。確かに電気ストーブは局所しか温められない割に電力を喰いますね。逆に明かりを灯したり、動力源としては最適なのだとか。では、電気会社がなぜオール電化を勧めるのか?良く考えればわかりますが、ただ単に原発で余った電気を売りたいだけなんですね。逆に言うと、電力需要を無理やり増やして、原発を作る口実にしたかった。電力会社だけが悪い訳ではないです。国策で原子力行政を進めた国も悪者なのです。怖いですね…、日本という国は。だまされるほうもバカですけどね。オール電化の方々、夏の計画停電をどう過ごされるんだか…、合掌…。

ついでに、今回千葉の浦安あたりでも液状化による被害を受けましたね。地質学をかじった私からみると、あんなところに高額な費用をつぎ込んでマンションや一戸建てを購入して住む人の気が知れません。なおかつオール電化であったりしたら、はっきり言って、真性のバカですね。頭をかち割って、どんな脳みそをしているのか拝見したいぐらいです。以前、新潟でも液状化現象は起きていました。やはり今回のようにドロドロでした。地震になったらどうなるかわかっているのに、なにを基準にしたらあんなところに住む気になるんだか…。ディズニーランドに近いのがそんなに嬉しいことなんだろうか?断じて言いますが、埋立地なんて、人間の住むところではありません!プリンの上に建物を建てているようなものですよ!不動産屋が何と言っても絶対だめです。埋立地に住むぐらいなら、船の上に住んだほうがマシです!ついでに崖の上・下も絶対ダメです!それでもそんなところに住んじゃう人、いるんですよね。借家ならまだしも、買ってまでして。私には出来ないなあ、自分の財産を大事にしたいから…。

テレビのCMでは、電気の無駄遣いをやめよう!と訴えかけています。このCM自体が電気の無駄使いのように思えます。みんなで下らないテレビ番組を見るのを止めるのが一番の節電になると思いますが…。それに、輪番停電があるのなら、輪番放送休止があっても良いのでは?テレビ局が1局ぐらい放送を休んでも、生活には何も不便はないと思いますし、放送に必要な電力を確実に削減できると思います。やっぱり何か間違えてますね、この国の進む方向って。世界中の人達が見ているのに…。

今私にできることって何だろう。これまで通りの生活をしつつ、かつ無駄なエネルギーを使わず、生活に無理のない程度の範囲で被災者の皆さんを支援することぐらいなんだろうか?正解はないと思うけど、みんなに良かれ、と思う方向に協力するしかないんでしょうね、きっと。大幅に脱線した話になってしまったけど、次回からは元々の路線に戻したいと思います…。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

スーパーとかちを明るく!

Dsc01034c キハ261系スーパーとかち

見ての通りです。先日購入したF MODELSの白色室内灯を付けてみました。明るい、の一言に尽きます。マイクロのように青みがかった白色ではなく、トミックスのような自然な感じの白色です。静止状態では問題ありませんが、動き出すとチラつきが発生するのは電球色と一緒。やはり構造的な問題なのでしょうか?

さてこのキハ261系ですが、先頭に写るキハ261への室内灯の取付には注意が必要です。なぜなら、照明のスプリング位置が、車体側の穴の位置に合わないのです!完全なメーカー側の欠陥設計によるものであり、私のせいではありません!こんな商品が出回ること事態がびっくり仰天です。とりあえず、スプリングを無理やり曲げて集電することができました。床板パーツのリコールがあってもおかしくない製品です。近々、再生産されるらしいですが改善されるのだろうか見物ですよ。

お次の話題は…

Dsc01011cバーベキュー列車

買ってしまった…。最初は買うつもりなかったのに、渋い茶色に引き込まれました。キハ40は動力で初期製品から大きな進歩が感じ取れます。そして片側のカプラーはダミーとなりました。キハ40のT車についてはアーノルドカプラー側は先頭に立つことはあり得ないはず。ならば、ヘッドライトなんか省いて欲しかった。その分値段を下げてもらったほうが良心的です。ダミーカプラー側のスカートもぽっかりと大きな口を開けており、とてもマヌケです。このへんが、マイクロエース的な手抜きと言えるでしょう。まあ、こんな車種を製品化するのはこの会社だです。 他社には出来ないその勇気は褒め称えましょう。この車両の細部については、いずれレポートしたいと思います。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

我が家で多分、唯一の被災車・・・C62

週末、実家に帰省しました。2週間前にも帰省する機会があったのですが、時間の都合で部屋の中の震災による被害を確認することができませんでした。今回は時間に余裕があったのでじっくりと家中見て回ったのです。埼玉と言えど、震度5程度の揺れはあったのですが、特に何も問題なしかと思って私の部屋を見ていますとC62の様子に違和感アリ…。倒れている訳ではないのですが、見事に脱輪!ダッシュボードの上に置いた24分の1の金属モデルですが、重量は相当なのも。これが落ちていたらと思うとゾッとしました。とりあえず無事だったので、超久々に色入れをしてみました。

Dsc01018c 御無事でなにより…

まだ完成していません。細かなパーツはまだ付いていないのですが、素人ならこれでも十分誤魔化せるレベルの姿かたちになってきました。

Dsc01019c 鉄道写真によくある構図

ボディーの白ラインと、赤ロッドが素敵でしょ?エナメル系塗料を筆で塗っただけなので、近くで見るとムラだらけなんですけどね。

Dsc01024c 蒸機と言えばこの構図!

SLだからできる構図ですね。力強さが最高!電車でこのアングルから見ても、何ソレ?の一言で終わってしまいますけどね、蒸機はこれができるんですね。それにしても、組み立て用のネジが無ければ、もしかして実車かい?と疑いたくなる見栄えなんですけどね。ネジがねえ…。なんでこんな組み立て方法にしてしまったの、デアゴさん?

Dsc01032c 103系

安全点検と虫干しを兼ねて久々に引っ張り出した103系。当然のことながら、震災の影響うはゼロ。手元に来て20年は経過していると思いますが、最近の車両と比べてもさほど見劣りしないのはさすがカトーさんの製品です。ウグイス色で6連はちょと寂しいので10連にしたいところですが、最近は単品販売がないのが残念なところ。だれか4両分けてくれないかなあ…。

最近、JR東日本でC61が蘇りました。久々の大型蒸機復活はうれしい限りです。D51が牽く客車列車も良いですが、旅客列車はやっぱりC形だよね…。一度見に行きたいけど、一体どこを走る予定なんでしょうか?今から楽しみです。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »