« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

北の国から(の辺りで)2011年夏 その4

 北海道2日目。一路富良野に向かう私は、日高・占冠を経由し通い慣れた金山峠を越えて根室本線に沿って北上。

Dsc01348c 途中で立ち寄った金山駅。『かなやま』の名前の通り、縁起が良いのです。今では無人駅ですが、かつて駅員がいた頃には入場券がよく売れたとか。

Dsc01353c この駅には今でも上下線のホームの行き来には橋を渡らずこのようなホーム中ほどの踏切?を使っています。最近、このようなホームはなかなか見かけなくなってしまいました。特に関東近辺ではね。遮断機もないし、危ないことには間違いないけど、少ない列車本数ならこれで十分なのでしょう。田舎風のレイアウトには是非取り入れたい風景です。

Dsc01356c 富良野観光の定番ですが、やはりファーム富田は外せないでしょう。ラベンダーの時期は終わっていましたが、その他の花で十分楽しめます。かつて富良野のラベンダーが全滅寸前まで追い込まれた時に、最後まで栽培をやめなかったのがこの農場だとか。たまたま国鉄のカレンダーだと思いましたが、この農場のラベンダーが咲く風景が取り上げられて人気に火が付いた経緯があります。現在のラベンダー栽培の先駆者なんですね。入場料もタダですし、是非お立ち寄り下さい。

Dsc01355c メロンその2。今度は富良野メロンです。富良野メロンは夕張メロンよりも少し時期が遅いので、楽しめました。1カット250円。独断と偏見ですが、夕張よりも甘く感じます。いうならば、夕張はあっさりとした甘さ、富良野はドギツイ甘さかな。好みの問題でしょうから、どっちが良いとは一概には言えるものではありません。ちなみに私はどっちも大好き!売り手のサービスが良いのは絶対富良野メロン!知名度で夕張に勝てない負い目があるようで、色々とオマケをしてくれることが多かったです。その点、夕張はねえ、プライドが高いようで…。

本日は富良野の北の峰にあるコテージピノキオさんに宿泊。コテージというものに始めて泊まりました。2階建ての木造アパートのような感じで、一人で泊まるにはあまりにも勿体ない広さ、と言うより一人では寂し過ぎる!回りが静かだから特にそう感じます。食事もおいしかったし、設備も良かったしで言うことはないのですが、まわりにコンビニも酒屋もない!富良野スキー場は近いのですが冬の賑わいがウソのような夏の静けさには参りました。酒を買いにセブンイレブンまで歩きましたよ、私は。帰りに道に迷いましたけどね…。

3日目は十勝の奥座敷、糠平温泉を目指します。

次回に続く・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

北の国から(の辺りで) その3

北海道旅行2日目の今日は晴れ!やっと晴れた!

Dsc01332c 朝のさわやかな大通り公園。気持ちよいです。レンタカーを借りに行く途中のほんのひと時ですが、素晴らしい町中の景色です。テレビ塔も行きたかったけど、時間がないので割愛・・・。

Dsc01327c 札幌市電にも乗りたかったけど、乗る前にこの塗装を見てがっかり。しばらく見ていたけど、オリジナル塗装車は1両もやってこなかった。カラフルなのは良いのだけれど、ここまで身売りしなくてもよいのでは?ちなみに手前は不動産屋さん、奥は某旅館の宣伝塗装になっています。札幌らしい電車を見たかったです。

この先はレンタカーで移動。今回のお供は日産ティーダ。前回のインプレッサに比べると、ちょっと見劣りするような感じ。まあ、走ってくれれば良いので、文句なく拝借いたしました。国道274号を一路東へ。今日の宿は富良野なのだ。しかも石勝線沿線まわりで。

Dsc01342c ということで滝ノ上駅にて。昨年は川端駅を紹介したので今年はこの駅を。何の変哲もない駅です。が、ドライバーの方は要注意!この駅前周辺はネズミ取りの名所です。追い越ししやすいストレート区間なんですね。パトカー停まっていることが多いので気をつけましょう。特に札幌方面に向かう方は注意です。

駅に入ってボーっとしていたら、札幌行きのおおぞらが進入してきました。動画を撮ったのでどこかで紹介したいと思います。

国道274号は自衛隊の行軍が多い道路なのですが、通い慣れたこの道路でまさかこんなものを見ることになるとは…。

Dsc01343c 『戦車輸送中…』しかも4~5台連ねて。白昼堂々とこんな運び方するんですね。扱いは建設業の大型資材とまったく同じで前後に先導車を配置するもの。(右奥の青回転灯の2台がそれ)

戦車って、トレーラーで運ぶものなんだ、というのを始めて知りました。しかも民間のトレーラーでね。夕張の駐車エリアに停めてあったけど、だれも見張りもおらず。いたずらされたりしないんだろうか?防衛上の機密がばれたりしないんだろうか?色んな意味でちょっと不安…。

Dsc01345c 不安になったあとは、となりのメロン即売所でカットメロンを食べましょう。楓駅近くのお城みたいところです。1カップ300円だったような。夕張メロンももう最終時期を迎えており、ギリギリセーフで間に合った感があります。でも美味しかったですよ!夕張まで来た甲斐があったと思います。

この後も石勝線伝いにとりあえず富良野方面への分岐となる占冠を目指します。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

北の国から(の辺りで) 2011夏 その2

幌駅に着いたのは16時前。宿には17時ごろ入れば良いのでまだちょっと時間がある。本当はあと1時間ほど早く着いてJRタワーやテレビ塔、大通り公園といった名所をゆっくり見たかったのだが、本日は遅れに加えて雨。しかもかなりの雨で、石勝線の特急は運休になっているほどだった。それならば、ということで札幌駅で列車ウォッチングをすることにしました。

Dsc01310c まず最初に出迎えてくれたのは731系。駅構内は暗いので、コンデジで撮った写真は白飛びしてしまっていますがご容赦を。通勤時間帯にはまだちょっと早いみたいなので、731系の輸送能力はちょっともてあまし気味に見えました。

Dsc01312c 続いての登場は釧路へ向かうスーパーおおぞらキハ283系。先日の火災事故で大変な目にあった特急です。が、何事もなかったように走っておりました。

Dsc01313c 反対側のホームには785系のすずらんが。登場から年数は経っているものの、古さは感じません。

Dsc01317c そして北海道のエーススーパー北斗キハ281系が到着。ほんの10分たらずの間に今をときめく車両達の多くを見ることができました!

あとちょっと待てば上野に向かうカシオペアも見ることができましたが、それでは外を回る時間が無くなってしまうので本日は断念することとした。

Dsc01320c

雨の札幌駅。かなり降っていますが、写真ではわかりません。

Dsc01322c 雨の赤レンガ庁舎。雨のお陰で人がいない写真を撮ることができました。運が良いのか悪いのか…。

Dsc01324c 雨の時計台。こちらは雨でも人だかり。写真を撮るのも大変です。

大急ぎでここまでまわって早くも17時前。とりあえず宿に急ぐ私でした。晩飯にジンギスカンを食べると決めていたのですが、ひとり者がジンギスカンや焼き肉屋に入るのって結構勇気が入ります。なんか、入り難いのです。まあ、それでも入りやすい店を見つけましたけど。そして締めはラーメンと決めていたので、こちらもGO!目的地は、かつて通っていた新ラーメン横丁のつばさ。ここの究極のみそラーメンが大好きなのです。出汁に野菜が効いていて美味しいのです。ただし、コッテリと塩辛いのが苦手な方には決してお勧めしませんけど。いつもなら楽勝で平らげるラーメンもジンギスカンの後となるとさすがにそうはいかず、ペースダウン。それでもスープ以外は完食させていただきました。血圧が高めなので、どんなにおいしいスープでももう全部飲むことは避けるようになりました。

このあと夜の街に消える…、予定だったのですが、あまりにも食べ過ぎて気持ち悪くなり敢え無くダウン。明日に備えてさっさと寝ることになりました。

次回に続く

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

北の国から(の辺りで)2011夏 その1

 今年の夏休みはとにかく長ーい!11連休なのだ。如何に不景気かよくわかる。せっかく長い休みが取れるのだから、思いっきり楽しみましょう!ということで、恒例の前日突発企画による北海道旅行に出かけました!今回は、日程に余裕があるので3泊4日の旅です。8月16日に出発し、19日に戻ってくる予定でプランニング。3泊4日分の飛行機・レンタカー・宿・列車等の手配が済んだのは出発当日の16日未明でした。この時点ですでにクタクタ…。以前飛行機に乗り遅れた経験がある私にとっては、寝坊せずに無事に出発できるか不安でしたが、何とか朝は起きることができました。

まず、拝島から東京に青梅線直通の快速で出まして…

Dsc01298c

中央線233系

東京からは東海道線に乗り込み品川へ。

Dsc01299c

                東海道線231系

品川駅の乗り換え途中でNEXと横須賀線を見送り、

Dsc01301c

横須賀線217系とNEX259系

京急品川駅に到着

Dsc01303c_2 京急派の私としては、ここに来てやっと『出発するんだ』という気持ちになります。ごちゃごちゃしてますが、この雰囲気が好きなんですよね。

京浜急行は多分関東で唯一横方向のGを感じることができる私鉄だと思います。品川~羽田空港は距離は短いけど400円と運賃がちょっと高め。でもこの私鉄特有の加速感を味わえるなら安いかも知れません。私が到着した時間帯は不運にも空港行きの快特がない時間帯。京急と言えども急行はちょっとノンビリしたところがあるので迷わず三崎口行きの快特に乗車。蒲田で乗り換えになります。この日も蒲田に近づくにつれて120キロ近くまで速度を上げてくれました!期待に応えてくれます、さすが京浜急行!

Dsc01304c 京急1000形

蒲田で乗り換えて、羽田へは都営地下鉄の車両で到着

Dsc01306c                  都営5300形

羽田に着いて気が抜けたのが飛行機の遅れ。札幌の天候が悪いんだとか。すでに45分遅れ。もう少しゆっくり来ても良かったんですね・・・。飛行機はこれがあるのであまり信用できません。

Dsc01307c 今回はJALで往復となります。ANA・AIRDO派なのですが、JALしか空いてなかったので仕方なし…。乗り込む飛行機を見てみると、何やら5人組の顔が…。嵐の面々らしい。北海道の嵐のおかげで飛行機が遅れているのに機体に嵐とは…、洒落にもならん!若い女の子を気をひくのはこんな子供だましみたいな宣伝方法で良いのでしょうけど、おじさんたちにはねえ…。気持ち悪いよ。人の顔の入った飛行機なんて。以前にあった空飛ぶクジラのほうがまだ可愛があってよい思います。

遅ればせながらも新千歳空港に到着。日本初の本当の意味での空港直下駅らしいのでJRへの乗り換えは楽ちん!

Dsc01309c

新千歳空港駅の顔と言えば、やはり721系でしょう。いつ行ってもいます。

結果論ですが、1本待てば旭川直通の789系に乗れたんですが、せっかく席も取れたのでそのまま721系で札幌へGO!私のまわりには多分関東から来たと思われる乗客が数名おり、『この電車、速いよ!』と驚きの声をあげておりました。関西あたりでは当たり前なんでしょうけど、関東ではね…。比較できるのはつくばEXPとかろうじて京急が挙げられるくらい。地元の西武線はと言えば、遠く足元にも及びません。それにしても、雨でもガンガン飛ばすのですね、JR北海道…。京急より飛ばしているのに横Gなんか感じない。なぜなら急カーブがないから。それが北海道。でも快速なのに停まり過ぎだ。かつては恵庭なんか通過していたのに…。快速は15分間隔でキッチリ走っているのに、各駅停車はいつ来るんだかわからないような不思議なダイヤ。緩急接続もあったり無かったり…。特急も貨物も走っているからしかたないのかもしれないけど、もう少し何とかならないものか?以前、白石や苗穂に住んでいた時には本当に不便でしたよ。そんなことを思いつつも、列車はあっという間に札幌到着。この時点ですでに予定の1時間遅れ…。雨も降っているから、おとなしく宿に行くとしますか・・・。

次回に続く・・・

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

ああ、夏休み

夏休み、今年はなんと11連休。そこに到達するまでには、徹夜2回を含む苦闘があったわけですが、ここでは割愛。

さて、しばらく前ですが手元にキハ82系10両が届いていたのです。Dsc01269c

私は、学生時代に買った旧製品(キシがM車のものです)を持ち合わせていますので、どれだけ進化したかを確認すべく並べてみました。

もう、お分かりですね。左が旧製品、右が今回発売の製品。旧製品はおでこのヘッドライトが4灯とも点いてしまうのですね。しかもヘッドマークは光りません。

Dsc01270c

先頭部を側面から見ると、新旧の差が結構目立ちます。頭の信号煙管の有無や運転室まわりの窓ガラスの表現。ビミョーに甘い屋根上機器類の表現方法…。でも全体的には、間違った表現をしていないのはこの時代であっても素晴らしいことだと思います。旧製品のキハ82は、現行の室内灯システムを最初に採用した車両だったと思います。動力もこの製品から変わったんじゃなかったろうか?その甲斐もあってこの旧製品は今でも走行性能は絶好調なんです。大した手入れをしているわけでもないのにね。

Dsc01271c 最後に、時代の差を感じてしまう表現がこれ。車体の長さが違うんですね。20m級と21m級の差みたいになってしまっています。旧製品は短く、現行製品は21m級を忠実に再現したと思われるロングボディー。まあ、こうやって並べてみない限りは全く問題になりませんけどね。気になる方は気になるかも知れません。

今回のキハ82系。基本6両セット+キハ82+キハ80×3両の10両編成で購入しました。キハ82全盛期には、7+7のような長大な編成も存在したようですが、今の私にはそこまで揃える元気もなく10両止まり。これでも、古きよき時代の北斗・おおぞら・北海・おおとりのいずれかの編成を再現することが可能です。この4本の特急、全く同じ編成内容だった時代があるんですね。おおぞらは旧製品で名乗っているので、北斗あたりの編成にしようかと思います。ヘッドマークは別売り品を買ったけど、サボが無いんです…。カトーさん、どうせならヘッドマークと一緒に発売してください。中途半端です。このままでは行き先不明の特急北斗になりそうです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

レッドアロー1

日、レッドアロー製作開始の話をしたのだけれど、画像を一切載せていないことに気づきました。今回は、その証拠となる画像付きの報告です。

Dsc01272c_3レッドアローと言えば、この顔!製品ではライト類は一切非点灯ですが、今回は点灯仕様にしてみたいと思います。ヘッドライトは0.8㎜、テールライトは0.4㎜のピンバイスで穴開け。ずれないように要注意です。写真に見える運転室窓のバリこの時点で綺麗にやすりがけ実施します。なお、おでこの急行灯はこのまま非点灯としています。わたしの加工技術では表現不可能なので、塗料を塗って誤魔化そうと思います。

Dsc01274c_2 ランナーから切り離して、とりあえず仮組みを終えたところ。隙間があっても気にしませんが、接合部で修正を必要とする箇所はこに時点ではっきりさせておきます。少しずつですが、完成後の形が見えてきました。

Dsc01277c_2 クハを本組みしたところ。瞬間接着剤で内側から仮止めした後、がっちりと接着。接着剤がはみ出るくらい思いっきりよく接着します。このとき、外側は接合部に隙間が開く場所が殆ど。そこで外側から瞬間接着剤を塗布。2~3回同じところに塗布します。これは、パテ代わり。よーく乾燥させてからやすり掛けを実施します。こうして見ると、結構いい形に仕上がりそうです。

まだ2両しか手を付けていませんが、今後も残り4両の製作を進めて行く予定です。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

やっと

 カトーからC62-2北海道型が出るとのこと。当然ですが、即、予約しました。当鉄道には4両のC62がいます。(カトー2両、マイクロ2両。)今回のC62はD51に準じた動力に改良されるとのこと。期待大です。今からニセコを牽く姿を想像しております。現行のC62はルックスは良くなったのですが、走りではもしかしたら旧製品に負けているかも・・・、という製品だったのでこんなに早く動力改良になるのが複雑な心境です。まあ、素直に喜んだほうがよいのかも知れませんが。機関車が出るということは、それに見合った客車も出るのでしょうか?そうなるとニセコも発売になるのでしょうか?私はマイクロのニセコがあるのでもう買うつもりはないですけどね。年末のサプライズ商品で出すつもりなのかなあ。

 レッドアローの近況を。先日3両分の洗浄を終えたレッドアロー。本日午前中にパンタあり中間車1両の仮組みをしてみました。とりあえずランナーから外して適当にヤスリ掛けしてマスキングテープで箱型に仮組みしただけですけど。ひずみもゆがみもなく素直に組み上がりそうな感じです。古い製品だけどまだ金型には異常はないみたいです。ついでに鉄コレ動力のおさまりを確認しみましたが、こちらは調整が必要のようです。車体との間が開いておりガバガバの状態。素直にGMの動力にしたほうが良かったかな?とも思いましたが、2M方式で重たい走りのGM動力にはイマイチ馴染めません。無理をしてでも鉄コレ動力のほうがよいでしょうね。

 さて、次は何をしようか・・・。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »