« 北の国から(の辺りで)2011年夏 その4 | トップページ | 北の国から(の辺りで) 2011夏 その6 »

2011年9月 4日 (日)

北の国から(の辺りで)2011 その5

 北海道旅行3日目。今日の行程は富良野~美瑛~麓郷~狩勝峠~糠平温泉。結構長距離だ。

Dsc01379c びばうしってどんな牛?私は初めてこの地名を聞いた10数年前にそう思ったものです。ちなみにそんな牛、いません。美瑛の隣の小さな駅です。

Dsc01381c 美馬牛の駅はローカル線の王道を行く上下線の位置がずれたタイプ。是非レイアウトに取り入れてみたいタイプのひとつです。

Dsc01392c 美瑛の四季彩の丘にて。ラベンダーは終わってしまっていたけど、その他の花はまだ頑張ってました。最近、都会ぐらしで綺麗な物を見る機会が極端に減ってしまっていたわたしは、しばらくこの景色に見入ってしまいました。

Dsc01390c 四季彩の丘からは、遠くの景色も良く見えるんです。レイアウトの背景に使いたいですね、こういう景色。でも残念なことに曇り空なんだよなあ・・・。美瑛に行くといつも曇りか雨。最近雨男呼ばわりされる機会が多くなってしまった私、この日も曇り時々雨でした。

Dsc01398c 美瑛に行ったら、やっぱりここにも寄らないと。風景写真の巨匠、前田真三先生の拓真館。小さなギャラリーだけど、素晴らしい作品が展示されています。館内は当然ですが、撮影禁止。マナーは守りましょう。

Dsc01408c さて、次は本当の北の国からの観光地、麓郷の森へ。美瑛からだと距離もそれなりにあり、素人さんだと国道をまっすぐ南下してしまい勝ち。結構、富良野市街は混むので迷わず裏道を突っ走ります。

まずは拾ってきた家。この写真の周りには産廃を集めて作った家が数件あります。ドラマの北の国からの内容にあまり詳しくないもので、なんでこんな家に住まなくてはいけないことなったか根本的なことが理解できておりません…。

Dsc01407c 多くの建物の中には入ることができます。その中ではこんなものを見つけました。

普段、仕事で愛用しているトラロープ…。変わり果てたお姿になられてしまっておりました。でもこんな使い方があったとは、勉強させていただきました。

Dsc01416c お次は石の家。この建物は拾ってきた家からちょっと離れたところにあります。クルマじゃないと行けません。この家、物語の最後のほうで出てきたやつですね。なんとなく覚えてます。美瑛にいた時には曇り空だったのここまで来たら見ての通り青空が…。やっぱり雨男なんだろうか…。

風力発電の風車、勢いよくまわってましたよ。

次は山越えが待ち構えています。つづく・・・。

|

« 北の国から(の辺りで)2011年夏 その4 | トップページ | 北の国から(の辺りで) 2011夏 その6 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/41506157

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国から(の辺りで)2011 その5:

« 北の国から(の辺りで)2011年夏 その4 | トップページ | 北の国から(の辺りで) 2011夏 その6 »