« 北の国から(の辺りで) 2011夏 その7 | トップページ | 人身事故 »

2011年9月17日 (土)

快速海峡、入線

この夏、私のもとで快速海峡がデビューしました。手元に来たのは盆休みに入る前。カトーのキハ82あたりとごちゃごちゃになって届いたので、全くといっていいほど整備していない状態でした。

Dsc01292c マイクロエースから再販された製品は8両編成。全盛期の頃には8両編成の列車もあったことでしょう。末期は製品に添付された説明書の写真の通り短い編成だったような気がします。

模型は随分前に発売された製品構成なので、つくりが近年の製品に比べて見劣りします。車体をバラすにも台車のネジを外さないと駄目とかネ。

Dsc01293c

この車両のお相手は、当然のことながらED79。海峡の再販と同時にマイクロからもED79が発売されたのですが、値段が高いことや台車の形状が他の2社とは異なること等の理由からマイクロ製ED79は買う気が起きません。幸いにしてトミックスのED79を持っておりますので、何とかなるのですけどね。ただ、現在所有するED79は北斗星・はまなす用となっています。単にヘッドマークを両側に貼り付けているだけなのですが、牽引車両を交換するたびにヘッドマークを張り替えるのも面倒です。両面テープもそのうちくっつかなくなっちゃうだろうし・・・。もう一両買っちゃおうか、ED79。

ヘッドマークの問題もあるのですが、もうひとつ問題があります。連結器なんですけどね、コレが一番厄介です。アーノルドカプラーで確実な連結を保つのも良いですが見た目が悪すぎる!ED79にはトミックスの自連を付けているので、海峡側を何とかしないといけません。実車はED79との連結だけでしたが、私は個人的に色々な機関車と組み合わせたいのでシンキョーのカプラーを付けることにしました。簡単に付くはず・・・、と思ってはじめた工作でしたが、カプラーを組み合わせてすぐにバラけてしまう有様。カプラーポケットからも抜け落ちてしまうことも多数。結局2分割になっているカプラーは瞬間接着剤で固定。これでバラけなくなました。この状態でカプラーポケットに取り付けるとなんとか抜け落ちない状態を保つようです。機関車との連結・開放は充分慎重に行う必要ありです。

こうして徐々に整備されつつある快速海峡。走行状態も確認したのですが、ブログに載せる段階で編成写真を撮っていないことに気付きました・・・。秋も近くなっているというのに、残暑の暑さで頭がうまく回っていません。室内灯も付けてみたいけど、いつになることやら。

| |

« 北の国から(の辺りで) 2011夏 その7 | トップページ | 人身事故 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

シンキョーのカプラーは便利なように思えるのですが、今回のように上手く取り付けが出来ない場合もあります。まあ、相手がマイクロエースですからさもありなん、と言ったところでしょうか。それでも何とかくっついたので良しとしましょう。
貨車にも何両かシンキョーのカプラをつけたものがおります。機関車がどこのメーカー製になるかわからないのでこれはとても便利です。

投稿: 管理局長 | 2011年10月 5日 (水) 03時47分

こんにちは
海峡入線おめでとうございます
シンキョー、マイクロとの相性でしょうか
それとも当たり外れですかね
ワタシの今まで入れたのはおかしいのなかったので・・・

とはいえ
雑多な貨物は仕方ないとしても
客車列車はどうしてもカプラー変えたくなりますよねぇ(苦笑

投稿: KEBO | 2011年9月29日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快速海峡、入線:

« 北の国から(の辺りで) 2011夏 その7 | トップページ | 人身事故 »