« 快速海峡、入線 | トップページ | 山の神、降臨 »

2011年10月 6日 (木)

人身事故

まったく模型とは関係ない話なんですけど。

10月3日のことだったと思います。

運悪く人身事故を起こした列車に乗り合わせてしまいました。

お昼前の拝島駅でのことだったんですけどね。

先頭に乗っていたわけではないので、状況がイマイチわかりかねますが、テレビの報道によれば目が悪いお年寄りが線路内に転落し、それを列車が跳ねてしまったようです。急ブレーキ掛けたけど、間に合わなかったんですね。この方は残念ながらお亡くなりになられてしまったようです。お気の毒さまです。

ホームにはそれなりに乗客がいたみたいだけど、運転手以外に目撃者がいないのはなぜだろう?本当に見てないの?他人事なのかなあ。だとしたら寂しい世の中です。

人身事故の列車に乗り合わせるのはこれで2回目です。

1回目は西武線の踏み切りで飛び込み自殺。

パジャマ姿で犬を連れての飛び込みでした。(犬は飼い主を見捨てて逃げましたけど・・・)列車に向かって合掌する姿が今でも記憶に焼きついてますよ。少し心を病まれていた方なんでしょうか、そんな風に見受けられました。

この時は、見通しの良い直線区間で駅が近かったことが幸いし、自殺された方は助かりました。けど、先頭に乗っていた私は列車に人が当たった時の感触やあの時の殺伐とした雰囲気が今でも忘れられません。もちろん、それからしばらくの間は電車に乗るのが憂鬱でした。

拝島のような田舎の駅にホームドアが付くのはまだずっと先の話なのかも知れません。健常者にとっては端さえ歩かなければ危険ではないプラットホームも、端がわからない目の不自由な方にとっては死と隣り合わせの場所なんですよね。ホームドアなんて過保護だなあ、と思っていた私も、その必要性を多少なりとも実感した出来事でした。

| |

« 快速海峡、入線 | トップページ | 山の神、降臨 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人身事故:

« 快速海峡、入線 | トップページ | 山の神、降臨 »