« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

キハ24を汚してみよう

Dsc020391 ちょっと前に入線した綺麗過ぎるキハ24。まるで博物館の展示車両のようで、生活臭が一切感じられません。よく出来ているのですが、おもちゃ的にしか見えません。そこで、軽くですが汚してみました。 

Dsc02043  

光線の加減で少々薄暗く写ってしまっています。今回は車体をメインに汚しています。使用したものはタミヤのエナメル塗料、フラットブラックのみ。薄く溶いた塗料を汚したい部分に筆で流し、めん棒で適宜ふき取るだけ。これが基本作業。もう少し、汚れを強調したい場合には、面相筆に塗料を取り、ティッシュペーパーで筆を拭いてかなり乾燥状態に近い状態で車体にブラッシングします。すると、風でなびいたような自然な感じの汚れになります。いずれの方法も非常に簡単でやり直しが可能な方法です。 

Dsc02040

Dsc02042

ドアまわりのクボミやサボ受け・雨どいといったところは、実車もかなり汚れています。どこまで汚すかはあなた次第ですが、ディーゼル車はやはり汚い方が迫力が出るように思います。屋根周りも少しだけ汚しているのですが、まだお見せできる段階にありません。下回りについはノータッチ。今後の課題ですね。いい感じに汚れてきたらご紹介したいと思います。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

485系まさかの10両化へ

 数年前にマイブームとなった485系1000番台車やまびこ。8両で満足していたのですが、先日本川越のポポさんを歩いていたら・・・、あった!!。今までいくら探してもまともな中古品に出会えなかったMM‘ユニットがありました。即購入したことは言うまでもありません。 

Dsc02029a 購入品の数々 

私の485系は旧製品ながらも、現行仕様に少しでも近づけるためLED照明取付や色差し等の加工を行っております。今回入手した製品をよく見ると、ほぼ未使用?なのでしょうか。車輪の汚れがまったくと言ってよいほどありません。窓ガラスあたりに付いていそうな手垢の類もなし。唯一古さを感じるのが屋根に積もった微かなホコリのみ。これ、どこかの模型店の展示品じゃないだろうか?車番は当然のことながら手持ちの車両とダブってしまうので、そのうち交換の予定とし、今回は手をつけません。 

 Dsc02031a

 この時代のトミックス製品で一番気になるのが、塗装の甘さ。見てのとおり赤い色があちらこちらで途切れています。ドア周り、酷いですね。ということで、赤を差すわけです。 

Dsc02035

 今回は、単純に赤色を使いました。気になる方は、赤2号を使用してください。上の写真のように、若干色違いとなりますが、私は気にしません。なぜなら、この部分を汚す予定だから。墨入れをした時に、真っ先に汚れるのがドア周りです。こげ茶色で隠れて、多少の色違いはまったく目立たなくなります。 この時点で靴ズリも銀色で塗装してもよいかも知れませんが、時間が無かったので本日は見送りました。

Dsc02032  

 続いて連結面の加工を行います。当然ですが、貫通扉は車体色と同色のまま。ですから、ここも色差しを実施します。 

 Dsc02033  

 私が、貫通扉の塗装に使用するのはMr.メタルカラーのアルミ。これ、乾燥させたあとで磨くやつです。上の写真はとりあえず塗装した状態。よーく乾かしてから磨くと、普通のシルバーとは違う趣になるので気に入ってます。おっ、そうだ、カプラーも交換してますよ。カトー製に。カプラーポケット内を一部削る必要がありますが、これは安くて効果的な改造。 

 このあとのメニューとしては、貫通幌の取り付けや室内灯の取付けがあります。そしてウザリングも。早く10両編成で走らせたいものです。

| | | コメント (2)

2013年5月 4日 (土)

はまなすが呼んでいる・・・

早いもので、もう5月。

仕事以外にこれと言ってやっていない私にとっては時間が過ぎるのが早すぎる。

5月2日夜、クタクタになりながら仕事から帰宅し眠りに入りました。夢の中で、なぜか急行はまなすが走っている。あっ、そうだ。トミックスから夏に発売予定になっていた。けど、高いし、マイクロの持っているから、予約していなかったんだっけ。でもカトーから出たら考えちゃうな・・・。と寝ぼけながら夜中の3時にパソコンをスイッチオン!通販サイトを見ていると・・・、なんとカトーからはまなす発売!の文字が。トミックスと比較することしばし。めでたく予約となりました!

トミックスとの相違点はいくつかあります。まず、セットの構成。カトーは基本7+付属3の10連。トミックスは基本7+付属4+バラ1の12連。はまなすの12連なんて、夏場ぐらいなもんでしょ?いくらなんでも多すぎる、ということでカトーを選択。値段も当然ながらカトーのほうが割安です。次に比較と対象となるのは、マイクロエース。ずいぶん前に発売となった製品ですから、外観等の細かなツメが甘いのは仕方なし。マイクロは通常編成の7両セットのみ。これはこれでよいと思う。カトーとトミックスとの違いは寝台車の車種。マイクロはスハネフ・オハフともに14系だが、トミックスとカトーはスハネフは14系、オハフは24系となるらしい。言い換えると、マイクロエースは全車白帯だが、カトーとトミックスはオハフが金帯になる。北斗星用の車両が入る訳ですね。トミックスの単品発売1両はこの寝台車。

まったく同じ編成が発売になるのなら、今回予約はしなかったのですが、異なるなら話は別。ついでに、シングルアームパンタのED79もカトーから発売になるので、フルセットで購入します。このED79にはカシオペアも牽引させる予定。以前からあるED792両と合わせて、3両の体制になるっことになり、それぞれの棲み分けがやっと可能となりそうです。トミックスの0番台車は北斗星と海峡を担当。カトーはカシオペアとはまなすを担当。50番台車は貨物とピンチヒッターということで。ちなみにマイクロのはまなすは前後で違うカプラーをつけているのでトミックスもカトーもOKです。

車体も老朽化し、新幹線開業時には引退も予想される急行はまなす。今年の夏ははまなすで盛り上がりそうです。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »