« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月 4日 (日)

最近のJR北海道が心配だ

徹夜仕事がほぼ一ヶ月続く間に、JR北海道ではいろいろとあったっみたいだ。 

北斗から発煙?スーパーとかちも発煙?釧路のほうでもなにやら・・・・。挙句の果てには、運転手の薬物中毒って、どうしたんだろう? 

発煙については、キハ183系を使用する北斗は仕方ない。古いからね、車両が。でもキハ261系のとかちはマズイだろう。一応北海道の最新型気動車だし。いままでちゃんと走っていたのだから、整備不良だね、ありゃ。ちょっと前にはキハ283系燃やしちゃっているんだから、もっとしっかりしないと!北陸トンネル事故の再来になってしまいそうで怖い。 

少し前の雑誌でDD51の整備の話が特集されていた。あの古い車両を手入れして走らせられるのだから、新しい車両の手入れも出来ると思うのだが。技術的について行けない訳でもあるまいし。 

車両が古い、と記者会見していたけど、古くてもちゃんと走っている会社はいくらでもある。金が無くても頑張っている会社もいくらでもある。地方の私鉄なんてみんなそうだろう。要は、やる気だよ。薬中の運転士が列車を走らせているようではどうしようもない。点呼の時に、まわりも気づかないのだろうか?               

高速道路網が整備されて、非常に苦しい立場にあるJR北海道。関東から見ていると、とっても地味。対極的なのがJR九州。こちらも立場的にかなり苦しい会社だったけど、とっても頑張っている。新幹線開通だけが躍進の理由ではない。九州には乗ってみたくなるような列車がどのJR会社よりもたくさんある。それらは、必ずしも新造車ではなく、改造車が多数を占めるのだ。もちろんかなり年数がいっているものもある。けど北海道のような事故が続く訳ではない。鉄道にしかない良さと、どこにもない自然観光資源をもっと活かせばいい会社になると思うのだけどね。頑張ってよ、JR北海道!

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »