« 103系を実感的にしよう② | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2013年12月31日 (火)

103系を実感的にしよう③

 今年も本日で終わりですね。ただただ忙しいだけで終わってしまった感がありますが、後半になってやっと少しですが時間が取れるようになりました。今回も103系ネタで攻めます。 

Dsc02442


ざっとですが、10両分の屋根の汚しをほぼ終えることができました。残るは、右から3両目のモハのパンタの塗装ぐらいでしょうか。クーラーはとりあえず地のままの状態を活かしております。が、周りの汚れ方と比較するとやはり不自然感は否めないようです。これについては年が明けてからの対応となります。10両それぞれに汚れ方を変えてみましたが如何でしょうか?汚れ方は走る線区によっても変わるでしょうし、車齢によっても大きく変わります。川越線のように田んぼや畑の中を突っ走る山手線のお下がりの103系では、もっと茶色が強くて正解なのかも知れません。 

Dsc02449

 10両つなげるとこんな感じに見えます。光線の具合で茶色が強調されていますが、肉眼ではもう少し控えめに見えます。つや消しを塗って、妙なテカリを抑えればそれなりに見えることでしょう。 

Dsc024471~3両目


Dsc024462~4両


Dsc024455~7両目


Dsc024448~10両目

 屋根がコレだけ汚れたのだから車体も・・・と行きたいところですが、ウェザリングマスターが最も苦手とするのが車体の汚し。手で触ると落ちてしまうし、指紋のあとが残ったりしてしまいます。ということで、車体に関してはエナメル塗料の出番となりそうです。次に手を付けたいのは下回り。ここはウェザリングマスターで対応可能です。Nゲージのおもちゃらしさを強調してしまうピカピカの下回り。年明けはコレをなんとかしたいと思います。工場出場時ぐらいしかこんな状態はないわけで、普段は黒というよりもサビ色に近い汚れ方。そりゃ、不自然に見えるわけだヮ・・・。

 まあ、今年はここまでということで締めたいと思います。

 どなた様も、良いお年をお迎え下さい。

|

« 103系を実感的にしよう② | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/54443596

この記事へのトラックバック一覧です: 103系を実感的にしよう③:

« 103系を実感的にしよう② | トップページ | 今年もよろしくお願いします »