« 第2章の幕開け | トップページ | 103系を実感的にしよう⑤ »

2014年5月20日 (火)

架台製作

長らく更新せずに時間が流れてしまった訳ですが、遊んでいた訳ではありません。

引越し後の片付けと、庭整備が忙しかったのですよ。毎週のように庭の砂利敷きをやりまして、すっかり日焼けした次第です。そんな中でも、ゴールデンウィークを利用してレイアウトの架台作りを行いました。

 Dsc02830_2_2

上の写真のようにイレクターと呼ばれる鉄パイプを組みまして2400×900という寸法に仕上げました。ジョイントは金属のものを使用しました。プラ製ジョイントもありますが、接着剤で固定しなければならず、分解が不可能になってしまうので今回は却下。これらの製品はケイヨーD2等のホームセンターで普通に売られているものです。足元にはキャスターを付けて移動しやすいようにしました。写真のように架台の下は将来荷物置き場になる予定です。高さ方向は60cmのパイプを1本使用。これにキャスターが付いて65cm程度の高さを確保しています。椅子に座って運転するにはちょうど良い高さかと思います。                

この上に載るレイアウトボードは現在入荷待ち。モノはスタイロホームの高密度のもの。以前粗密のもの(一般的な仕様)を使って屑が部屋に拡がって大変な思いをしました。体中がチクチクとかゆくなって結構大変なんです。高密度のものは、ボロボロになるようなものではありません。触るとその違いは明らかなんで、高価ですがこちらにしました。5月末には届く予定となっています。

さて、そんな中ついにあいつが手元にやってきました! 

それは西武の5000系レッドアロー!以前トミックスから発売されていた時には、私鉄シリーズ第1弾として人気が非常に高かったのですが、カトーから発売された今回は地味なデビューとなりました。

Dsc02822_2_2

写真のように面構えはレッドアローの特徴をよく表していると思いますね。トミックスのは面構えが好きになれないのと動力車に室内灯が付けられないことが許せなくて最後まで買いませんでした。グリーンマックスのキットを数年前に買って作りかけたところで挫折していたのですが、これで完全に事業中止となりました。こんな製品がこの値段で出たら、もう作る必要ないでしょ!と言わんばかりの出来ですね。M車の屋根上配管の表現はイマイチな点ですが、その他の点については申し分ないものです。動力にフライホイールが付いていなくたって、きちんとスローが効く走行性能はさすがと言う他ありません。フライホイールって、無理に付ける必要あるのでしょうか?それよりも、お手ごろな価格で製品化してもらうほうが私は嬉しいです。

今回は先頭車の写真だけですが、そのうち編成の写真を載せたいと思います。室内灯をつけたんですが、綺麗なんですよ、これが。

カトーさんには、このまま西武の車両を続けて製品化して欲しいものです。台車が流用できる新2000系あたりをお願いしたいのですが駄目ですかねえ。他社の粗悪品をぜひとも追放して欲しいのだけれど・・・。

| |

« 第2章の幕開け | トップページ | 103系を実感的にしよう⑤ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

KEBOさま
お忙しいようですね、大丈夫ですか?
レッドアローはやっと出てくれました、という感じですね。トミックスからHGで出ることを期待していたのですが、KATOも決して悪くないですよ。
レイアウトのほうは、長い道のりの第一歩を踏み出した程度です。のんびりとやりますよ。

投稿: 管理局長 | 2014年6月 9日 (月) 07時12分

ご無沙汰しております
着々と建設が進んでおられるようで何よりです^^

レッドアローはついに決定版ですね!
あの気品あるスタイルを本当によく表現していると思います。

投稿: KEBO | 2014年6月 7日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 架台製作:

« 第2章の幕開け | トップページ | 103系を実感的にしよう⑤ »