« 複線化とシール貼り | トップページ | 103系を実感的にしよう⑥ »

2014年6月 8日 (日)

起工式

2014年6月8日(日) 

レイアウト架台の補強が完了し、ベースとなるスタイロホームの加工を開始しました。 

レイアウト製作の準備が一応整ったということで、今日は勝手に起工式なのです!

Dsc02880_2_3
補強が完了したレイアウト架台。

スタイロホームを架台に載せたところ、たわんでしまうことが発覚したため、急遽縦地方向にブレスを1本追加しました。ブレスと外周の骨組みには、スタイロホームの受け材となる部材をところどころに設置しました。

Dsc02877_2
スタイロホームの加工状況。 

今回用意したスタイロホームは、サイズが600×900×30のもの。モーリンで販売しているもので高密度・細目というもの。通販で買ったけど、予想したものより目が粗いものでした。これなら、ポポンデッタで扱っているスタイロホームのほうが、つるつるとした感触でよかったと思う。前にも書いたけど、ゴミの出方が違うんだよね。      

残念がってもいられないので、あるもので工作を進めることにしました。このサイズであるから、4枚をつなげなければならないのです。コレがレイアウト製作の第1歩。つなげるだけなんて簡単だ、と思う人が多いだろう。が、やってみればわかるが綺麗につなげるのって結構難しいものです。(つなげるのが嫌なら、はじめから定尺ものを使うことをお勧めします。部屋まで運び入れるのが大変だけど。)私のやり方は、木工ボンドと両面テープを併用するもの。スタイロホームの両端は両面テープで瞬着させ、中間部分はボンドでじっくりと接着する。両面テープは仮止めのようなものであり、本命はボンド。ボンドが乾燥するのに時間がかかるので、その間は両面テープに頑張ってもらおうという考え。この辺の作業の要領は前作(札幌で作った)の仮設レイアウトの経験が役に立っています。 

4枚一気にやるのは大変なので、とりあえず2枚ずつの施工で本日は終了。2枚ががっちり接着が完了してから、4枚一体にすることになる。焦っても良い結果は出ないので、基礎工事はじっくりと進めることにします。

|

« 複線化とシール貼り | トップページ | 103系を実感的にしよう⑥ »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/56443049

この記事へのトラックバック一覧です: 起工式:

« 複線化とシール貼り | トップページ | 103系を実感的にしよう⑥ »