« 快速エアポートに新車 | トップページ | バラスト散布 »

2014年7月25日 (金)

夏の工作(その2)

 夏の電気工作の続きです。100均に走りまして、ザル、ではなくプラスチックの入れ物を買って来ました。電気の部品を入れる訳ではありません。とある方のブログを参考にしまして、これを基盤代わりにしてコントロールボックスにするのです。脇のアミ状の部分は電子機器の通風孔と考えればそれらしく見えてくるものです。

Dsc03000


この入れ物ではなく、基盤に線路の形状を模した蛍光テープを貼ります。今回はとりあえず暫定開業区間のみ製作してみました。右にあるのは配線図。これがないと、おバカな私はなにもできません。おバカと言いつつも、コレぐらいの図面は自分で書かないと何がいくつ必要かさっぱりわからなくなるので、これから作ってみたいと思われる方も、是非自分の頭で考えていただきたいものです。
Dsc03010


表面はそれらしく見えるようになりましたが、裏面は・・・。
配線でゴチャゴチャです。今後さらに配線やスイッチが増えるのでウマく色分けしてやる必要があります。コンデンサーはとりあえず両面テープで貼り付けたけど、今にも落ちそうです。
Dsc03016


パワーパックにつないで、出発進行!と、簡単には行かないのですよ、コレが。動力系は+-の極性を繋ぎかえるだけの調整で簡単なのですが、ポイントがねエ、ややこしいんです。間違えるとポイントが逆に動いたり、動かなかったりで随分時間がかかりました。
Dsc03017

まあ、とりあえず運転できる状態になったのでヨシとしよう!


|

« 快速エアポートに新車 | トップページ | バラスト散布 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/56893260

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の工作(その2):

« 快速エアポートに新車 | トップページ | バラスト散布 »