« レイアウトの走行音にこだわってみる | トップページ | 快速エアポートに新車 »

2014年7月17日 (木)

夏の工作

 梅雨は終わっていないようですが、もう夏ですね。暑くなりすぎですね。学生さんはもう夏休みですね。夏休みって、私の学生時分には【一研究】なるものが存在していましたが、現代はどうなんでしょう?研究なんて大それたことはする頭がなかったですが、その分、工作は結構やりました。
 今回は、電気工作第1弾ということで書いてみます。下の写真をご覧下さい。袋に入った怪しげなパーツ類。1度でもやったことがある方なら何をしたいのかすぐわかりますね。ポイントスイッチの自作です。今回のレイアウトはデュアルキャブコントロールを採用しますので、操作盤をそれらしく作るつもりです。それなのにポイントスイッチがパワーパックの左側にずらりと並んでいたら・・・、格好悪いですよね。ということで、当然ですがポイントスイッチ類も操作盤に収めます。その前段階として、本当にこんな部品でポイントが動くのか実験です。

Dsc02881

 配線については電気の知識が無いに等しいので下の写真をご参照下さい。某サイトや某ブログを参考に繋げてみました。簡単ですね。さて緊張の一瞬です!スイッチを切替えると、ちゃんと動きました!ちなみに、スイッチは1個100円、コンデンサーは1個50円程度で秋葉原の電気屋さんから通販で買いました。これに電線代を加えても原価200円程度・・・。ポイントコントロールボックスっていくらだっけ?純正品を買うのがバカらしくなります。
Dsc02883

 電気の知識もないような人間が簡単にできるわけですから、誰でもつくれるのだろうと思います。ということで、盤の材料探しの旅に100円ショップに出かけるのでした・・・。つづく。

|

« レイアウトの走行音にこだわってみる | トップページ | 快速エアポートに新車 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/56816011

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の工作:

« レイアウトの走行音にこだわってみる | トップページ | 快速エアポートに新車 »