« 円度杭の打設 | トップページ | 夏休みよ、さようなら »

2014年8月11日 (月)

サブテレインシステムもどき

・ひとつでもポチっとしていただけると、励みになります!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村


 何とか盆休みにたどり着きました。死ぬかと思われるほどのここ数年の猛暑はたまったものではありません。
 さて、レイアウト製作は順調に(?)進んでおります。外周線を先行開業させて、一部内周線のレール敷設に着手したのですが、平地の部分だけで工事がストップしておりました。当レイアウトでは、立体交差があるため必然的に勾配区間が発生します。設計における勾配は30パーミリです。電車専用の線区であればこの程度の勾配は普通に存在することでしょう。ちなみに私の手持ちの車両で動力的に1番厳しいと考えられるのは、カトーの特急つばめ。客車13両のフル編成をC62単機で牽引するのです。メーカー推奨勾配は4%(=40パーミリ)だったと思いますのでなんとか行けるのかと、甘い考えでおるわけです。
 実際にレイアウトでどうやって勾配を作ろうか?と考えたときに耳にしたのがサブテレインシステムなる発泡スチロールの勾配土台。外国のメーカーでこんなものを発売しているのですね。便利そうなのだけれど、幅が68ミリと広過ぎ、かつイイお値段するんです!ケチな私は当然買わず、自作の道を選んだのでした。

 

 行きつけのホームセンターで発泡スチロールを購入。厚さ30ミリで1枚200円程度のもので十分です。丁寧に30パーミリ(=3%)の勾配になるように、発泡スチロールに下書きして、この線に沿ってまっすぐに切るだけです。切れ味のよいカッターナイフを使うことを忘れずに!そうしないと、発砲スチロールがグチャグチャになります。
 Dsc03082_2


 次にカーブの外側になる側に2cm間隔で切り込みを入れます。緩い曲線では必要ないかも知れませんが、R300程度では綺麗な曲線を描くためには絶対に必要です。
Dsc03084_2


 切り出したサブテレインもどきの底面に両面テープを貼り、ベースのスタイロホームにべったりと貼り付けて完成!誰でもでもできますね、多分。
Dsc03088_2

 

 更に2本目のサブテレインを延長するとこんな感じになりました。少しずつ内周線のイメージがつかめてきます。
Dsc03089_2


 実際に製作してみて思うのですが、コレ高いお金を出してまで買う必要ないです。恐らく世界的にも器用と言われる日本人なら誰でも簡単に作れます。浮いたお金は、その他の部分で有効に使いましょう!ということで本日はここまでです・・・。
 

|

« 円度杭の打設 | トップページ | 夏休みよ、さようなら »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

 KEBOさま。
 ご存知かと思いますが、サブテレインはウッドランドシーニックスから発売されております。ご指摘のとおり、忙しくてかつメンドクサガリ屋さんには最高の代物です。なおかつ、綺麗な勾配を作ることが出来るのが取り柄ですね。
 最近、ホームセンターと100均に入り浸っております。どちらもレイアウト製作に必要なものの宝庫ですね。想像力を鍛える上でもなかなか役に立っているのではないかと思います。

投稿: 管理局長 | 2014年8月17日 (日) 22時51分

おつかれさまです^^
ワタシレイアウトに勾配つけていないのでわからなかったんですが、
今回ねサブテレインシステム?は
どちらかというと時短グッズ的なものなのでしょうか??

模型屋さんで売ってるレイアウト用品見るよりも
ホームセンター眺めて妄想(苦笑)も楽しいですよね

投稿: KEBO | 2014年8月15日 (金) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/57056260

この記事へのトラックバック一覧です: サブテレインシステムもどき:

« 円度杭の打設 | トップページ | 夏休みよ、さようなら »