« 登坂能力テスト | トップページ | 駅の様子 »

2014年9月27日 (土)

登坂能力テスト2

今回は気動車・電車編です。

1発目は、手持ちの在来線電車で最長となる12両編成を誇るスーパーあずさです。

Dsc03562_2

予想はしていましたが、ここまで登らないとは・・・。E351系って、山道に強いはずなんですけどね。模型の世界ではまったく正反対でした。基本8連なら何とか登ってくれます。2M化するしかないかも知れません。

続いては、こちらも山道に強いはずのキハ283系10連。

Dsc03564_2

噂では聞いていましたが、これもだめです。そんなにキツイかい、30‰って。こちらも8連程度なら何とか登ってくれました。E351とメーカーが一緒ですから、似た様な特性になるのもうなずけます。

カトー勢は一旦止めまして、トミックスを試しました。正確に言うとトミックス8両+カトー2両なんですけど。

Dsc03565_2

485系10連ですが、なんと楽々と登り切るんですね。動力はスプリングウォームですよ。ちゃんと登るんですよ!25年以上前の製品が、登れるのに前2つの車両達の情けないこと・・・。

続いてグリーンマックスの西武2000系8連。

Dsc03566_2

西武を代表する平坦線区の車両です。実は私、新旧取り混ぜて8連×3本を所有しております。ただし、動力はすべてバラバラで、カトー、鉄コレ、GM2モーターとなっています。それぞれ試してみましたところ、意外な結果が出ました。
まずカトーの動力。8連で楽勝です。続いてGM2モーター。まったく期待していなかったのですが、これもなんと楽勝で登りました。最後の鉄コレ。やっぱり駄目でした。軽すぎですね。GMの車両は他社製品と比べると軽いです。車体が薄いですよね。室内灯つけると透けて提灯みたいになるぐらいですから。でもその軽さが山道には幸いするんですね。GM2モーターは、モーター2つだけに重量があるので空回りしないのでしょう。平坦区間ではトラブルだらけですが、山道では幸か不幸か力強い走りを披露する結果に。

この他にも色々と試してみました。トミックスの165系8連はアウト。同社455系7連では無事通過ということで、近年のトミックス車両では7連まではほぼ通過することが可能であると言えるでしょう。それ以上の場合は、メーカー推奨のように2M方式で対応することになります。

カトーの車両は7連まではOKで車種によって8連までいけるものも。室内灯の有無も重量的に関係してきそうです。

マイクロエースはこれまた以外で、東武のTJライナー10連でテストしましたら、普通に登り切るのですね。正直言ってこれもまったく期待していなかった車両でして、良い方に期待を裏切られてしまいました。最近のマイクロエースの動力の実力は侮れません。

当鉄道は、ホームの延長が8連対応なので、設定的にはOKなんですけどね。たまにはイレギュラーでフル編成のブルトレや特急を走らせたいですよね。最近はどのメーカーもフル編成を目指したセット販売ばかりなのですから、坂道が多いレイアウト向けにもう少し動力ユニットやM車の単品販売を増やして欲しいものですね。見た目はグレードアップしていることは認めますが、牽引力に関しては昔の製品のほうがずっと良かったです。メーカーさんには、もう少し動力の性能アップを期待したいところです。



どれか、おひとつポチりとしていただくと大変うれしいです!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

|

« 登坂能力テスト | トップページ | 駅の様子 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

がんぼやさま
はじめまして!
4%勾配って結構きついですよね。2作前の600×900のレイアウトで確か4%の勾配を作った気がします。ジェットコースターみたいな走りになってしまったという苦い記憶がありまして、今回はなるべく緩くなるように作った次第です。
動画を参考にさせていただきます。今後もよろしくお願いします。

投稿: 管理局長 | 2014年9月28日 (日) 14時41分

はじめまして!
「てつもけのページ 鉄道模型レイアウト~しろうと製作~」の管理人がんぼやと申します。
ほんとにレイアウト製作で登坂は苦労しますよね。
うちも4%弱の勾配でM車1両なら8両が限界です。フル編成はほんとに厳しいです。
M車を追加もしくは自主製作したりしてます。
ご参考になるかどうかわかりませんが、
先日YouTubeに登坂動画をアップしましたので、もしよろしければご覧ください。

投稿: がんぼや | 2014年9月28日 (日) 13時22分

大佐さま
1Mで40‰って、そんなに厳しいのですかね。見た目優先
の商品ばかりで、力不足になっては本末転倒だと思います。でも、メーカー推奨の組み線路の勾配もカタログどおりに組んだとしても、フル編成だと登れないというのは釈然としません。日本は狭い家が大半でレイアウトも当然小さくならざるを得ない状況で、勾配も作らざるを得ません。ということは、本来重視しなければいけないのは見た目ではなく、牽引力なんでしょうね。

投稿: 管理局長 | 2014年9月28日 (日) 11時58分

登坂テスト2お疲れ様です。

なかなか思っていたような結果が出ませんね(ノ_<。)

KATOもTOMIXもフル編成を1Mで4%の勾配をのぼるようにして欲しいです。

2Mにするには余分な出費になります。

485系で言うと・・

KATOはASSYパーツで動力ユニットを追加。
TOMIXは別途動力付製品を追加。

後で追加するならKATOのASSYが良いかなあ?

困ったもんだ!

因みに我が家は2M化したのは383系だけ!!

これは2+4で運転するために動力ユニットを追加。

6+4運転時には2Mになります。

投稿: 大佐 | 2014年9月28日 (日) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/57509299

この記事へのトラックバック一覧です: 登坂能力テスト2:

« 登坂能力テスト | トップページ | 駅の様子 »