« 登坂能力テスト2 | トップページ | 嗚呼、西武新宿線・・・ »

2014年9月29日 (月)

駅の様子

 期待外れな登坂能力に一喜一憂しつつも作業を止めるわけにも行きません。
ここまでレール配置を決めてしまった後ですが、線路勾配の微調整を行ないました。具体的には、駅の右手に出発する内周線の勾配を一部区間で緩くしました。一定勾配で作ったはずなんですが、所詮は素人の発泡スチロール切断技術。若干勾配がきつくなっていた箇所がありまして、これを改善した訳です。改善とはいっても、劇的な改善は望めるわけもなく、【ギリギリで通過していた車両がやや余裕をもって通過できる】程度の改善でしかありませんでした。写真で説明するほどのことでもない(見てもあまりに微妙な調整なのでわからない)ので、割愛しました。

 話は戻って、駅について。言葉で言うより見たほうが早いですね。まずはハイアングルで。

Dsc03571_2

 やっと1番線のホームと駅本屋を見つけ出しましたので並べて配置を確認しています。引越ししたときに、どこに保管したか行方不明状態だったのです。捨てた記憶はなかったので、絶対あることを信じ、新規での購入はしませんでした。ということで、当鉄道の駅は3番線の対向式ホームの延長部を除き既存のリサイクル品ばかりです。
 架線柱もリサイクル、と言いたいところですが、駅に掛かる4本の大架線柱は新規購入品です。秋葉原のポポさんで見つけました。トミックスの繋げて伸ばせるやつですね。この駅は通常使用の場合、3・4番線が電化されている設定です。が、3・4番線だけに架線柱を建てようとすると、3・4番線の線路の間に柱を建てるか、島式ホームと対向式ホームのど真ん中に柱を刺すかのどちらかになってしまいます。線路の間に柱を建てるのは大した手間ではないですが、ホームに刺すのは後々のメンテを考えた場合にも不利になることが予想されたので止めておりました。現実の中規模の駅でもこのように幅の広い架線柱は存在しているようなので、これはこれでアリかと思います。設置してみたところ、碍子の位置が線路と合っていないので、ゆくゆくは碍子を移動させる必要があると考えています。また、電化区間じゃなくても、こういったビーム類が駅や信号所をまたいでいることもあるようです。この場合には、構内信号が貼り付いていたりしていますね。

 続いてローアングルで。

Dsc03572_2

 運転手目線とまでは行きませんが、このぐらいの高さから見る駅の様子を自分は気に入っています。車両を少し並べておけばよかったです。架線柱とビームが目立ちますね。それ以上に、レイアウト上の資材やゴミが目だっているかも。みっともないので、少し片付けよう・・・。

ブログ村に参加しております。どれかおひとつ押していただけると大変嬉しいです!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

|

« 登坂能力テスト2 | トップページ | 嗚呼、西武新宿線・・・ »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
コンデジで写しているんですが、カメラのレンズ位置の関係でこれ以上低い位置から撮れないんです。でも気づいたんです。レンズの位置が高いのであれば、カメラを逆さまにして撮って、画像を逆さまにすれば運転士目線のような低いアングルで撮れるんじゃないかと!ということで、今度やってみます。もちろん、レイアウトを掃除した後にですけど・・・。

投稿: 管理局長 | 2014年9月29日 (月) 22時28分

鉄道模型って上から見る事が多いのでローアングルは実感的でいいです。

因みに我が家のモジュールもゴミや資材だらけですよ(^o^)

投稿: 大佐 | 2014年9月29日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/57514712

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の様子:

« 登坂能力テスト2 | トップページ | 嗚呼、西武新宿線・・・ »