« 下町めぐり1 | トップページ | 登坂能力テスト »

2014年9月20日 (土)

ポイントの件、お騒がせいたしました!

ポチッとおひとついただけると、大変嬉しいです!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村


 本当に、ようやっとポイント不調の件を片付けることができました。いろいろご意見を頂戴し、考えられることを確認してみたりして随分と時間がかかりました。せっかく組んだ線路ですが、一度この部分を分解してポイントの清掃と点検をしてみました。

Dsc03549_2

 上の写真のように、3個とも分解して清掃を実施。通電テストを行うと中線以外の2個についてはパチパチと気持ちよく動くようになりました!内部に微小な埃でもあったんでしょうか?配線関係は一切いじっていませんので、ポイント側が原因としか考えられない結果となりました。残るは中線のポイント。組んでバラしてを繰り返して点検を行っていると、何となく動作に引っかかりがあることに気づきました。直線側に切り替わるときに、何かが引っかかって綺麗に切り替わらないことがあるのです。どんなに清掃しても直らず、かつ何がひっかかっているのか分からない状態です。無念ですが、このポイントはあきらめまして、手持ちの他のポイントと入れ替えることとしました。

Dsc03550_2


 
  ポイント側の問題を解消しましたので、再度通電試験を実施。ほとんどの場合、問題なく動くのですが、まれに切り替えが中途半端になることがありました。切り替え音も他のポイントと比べると、やや元気が無いような気がします。残る原因はコンデンサーの不調のようです。たまたまなのですが、秋葉原に出向く機会がありましたので、一回り容量の大きいコンデンサーを購入することができたのでコレに交換しました。

Dsc03551_2


 これまでに使用していたコンデンサーは2200uFのものでしたが、この中線の部分だけ
3300uFのものにして容量アップを図り、動作の確実性を増やしました。予備のコンデンサーも1個購入して、万が一のコンデンサー障害に備えてあります。2200と3300の金額の差はさほどではありません。ポイント駆動力に確実性を持たせるのであれば、最初から3300を使用するほうが正解なのかも知れません。



 ようやっと、ポイントのトラブルが落ち着きました。中断気味だったレイアウト製作を再開できそうです。が、駅右側のポイント付近はしばらくの期間は試運転期間という扱いにして、色々な車両の走行を行い、走行に支障が無いことを確認したいと思います。

 

|

« 下町めぐり1 | トップページ | 登坂能力テスト »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/57442155

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントの件、お騒がせいたしました!:

« 下町めぐり1 | トップページ | 登坂能力テスト »