« キハ143が入線したんだけれど・・・ | トップページ | 車両接触限界標を設置してみました »

2014年10月14日 (火)

丘陵地帯を作り始めました

 北海道を舞台としたレイアウトを作っていますので、当然のごとく美瑛や富良野のような丘陵地帯を再現したいなあという願望を持っています。前作でもラベンダー畑を作っていたのですが、今回はさらに完成度の高いものを目指すべく思案中です。思案しながらでも土台となる発泡スチロールベースの造成工事ぐらいはできます。

Dsc03586_2

 当然ですが、発泡スチロールを貼る前に何となくでもよいので作りたい地形を考えておかねばなりません。私の場合、右奥を高めにして手前が低くなるようにしています。地面を高めにして木を植えるとエンドレスを周回する列車が向こう側に回るのを視界から遮ることができます。長編成が走行する際の不自然さを少しでも少なくすることに寄与できる訳です。
 ついでと言ってはなんですが、丘陵地帯のすぐ下を通る線路に仮乗降場を設置しました。トミーテックから出ているやつをそのまま置いてみただけですが、いい味を出していると思います。この乗降場はメインの駅のすぐ向かいに位置します。この立地条件からすると、ラベンダー開花時期だけの臨時乗降設備とも考えられますし、もともと私鉄であった地方交通線と国鉄駅との乗り換え駅とも考えることが出来そうです。
 空想の世界の話ですけどね、大真面目に色々な物語を考えながらレイアウトを作っていくのはとても楽しいです。

ブログ村に参加しております。どれかおひとつ押していただけると嬉しいです!!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

|

« キハ143が入線したんだけれど・・・ | トップページ | 車両接触限界標を設置してみました »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
仮乗降場の位置は結構悩みました。第一候補は写真の木工ボンドの後ろあたりだったんですが、30‰勾配区間で不自然になってしまうので止めた経緯があります。直線で勾配がない区間は限られるため、このあたりしかなかったのが本音です。
実はこのレイアウトには東西南北も決まっておりまして、植生や建物、道路についても方角を考慮した配置になる予定なんです。そのうちブログで書くつもりですが、北海道らしさを表現する場合には、方角を考慮した配置が重要なんです。本州との多きな違いですね。そんなところも含めて物語を作っていくのはとても楽しいですよ。ただの妄想かも知れませんけど・・・。

投稿: 管理局長 | 2014年10月14日 (火) 22時57分

おはようございます。

仮乗降場設置場所いいところだと思います。

情景が浮かんで来ますね(^。^)y-.。o○

空想の時間って大事だと思います。

投稿: 大佐 | 2014年10月14日 (火) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/57669075

この記事へのトラックバック一覧です: 丘陵地帯を作り始めました:

« キハ143が入線したんだけれど・・・ | トップページ | 車両接触限界標を設置してみました »