« サボっているわけではないのですが・・・ | トップページ | あっちも、こっちもだめ・・・ »

2014年11月29日 (土)

ポイントについて思うこと

最近の悩みの種であるポイントの不調。
やはり固定式レイアウトに道床付きレールのポイントを使うことは不向きだったのかと考えさせられるばかりです。ネットで色々と調べてみますと、同じような悩みを抱えるお仲間さん達の記事を多く拝見することができました。当レイアウトは、まだまだ発展途上の状態にあり、今であれば涙を呑んでポイント交換することも可能な状態です。仮に、今使用しているトミックスのポイントを分解整備して復旧しても、今後のメンテを考えると頭が痛くなります。数ヶ月後か数年後かわかりませんが、同じような事態が発生するのでしょう、多分・・・。

では、PECOを使っていたらどうだったか検証しましょう。ポイントマシンは外付け式であり、結構大きいためベースに埋設する形となります。ポイントの線路自体が故障した場合はトミックスのポイントの場合同様に総取替えが必要ですが、マシンが故障した場合にはベースの下からマシンだけ交換すればよいことになります。外付けであることが逆に利点になる訳ですね。おまけにポイント自体の構造もシンプルです。トミックスのように分解清掃してみたら、何この裏側の配線は!なんていうこともありません。20数年前に1度だけレイアウトにPECOのポイントを仕込んだことがありましたが、故障は一切ありませんでした。PECOのポイントマシンが壊れてしまって手動で切替えにしたいとしても、ロッド1本を延長すれば簡単に手動切替に変更できますが、トミックスではポイント付近まで手を伸ばさないとダメ。やっぱりPECOのほうが上なんでしょうか?

今の時点では、トミックスのポイントを使ったことに大変後悔している私・・・。色々理由はありますが、一番は切替の不確実さから来る脱線の多さ。これ大問題です。切り替わる線路の先端部分の厚みが厚過ぎなので直線側の線路にピタリと張り付かないわけです。おまけにポイントマシンの力も頼りなげであるため、切替不完全である状態がよく見受けられます。今設置済みで問題なく動いているポイントでもたまにこのような状態になります。同じ道床付き線路でもカトーはポイントにおける脱線・故障が少ないと聞きます。そのためポイントの種類が少ないにも関わらず、ユニトラックでレイアウトを作る人もいるとか。私もポイントはユニトラックにしたほうが良かったのかも知れませんね。

とは言え、文句ばかり言っていても話が前に進みません。久々にPECOのポイントを購入して本当に交換できるか検討してみようかな、と考えています。

ブログ村に参加しております。どれかおひとつ押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

|

« サボっているわけではないのですが・・・ | トップページ | あっちも、こっちもだめ・・・ »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま
ポイントの話って、ホントに盛り上がっちゃいますね!皆さん色々と悩まれているようで。おかげで色々なアドバイスが聞けたりするので、私は幸せ者です!
私もPECOのポイントを採用しなかった理由のひとつが、入手しづらいことです。埼玉の田舎に住んでいますので、近隣には取り扱い店がないっ!都内で探すか、通販に頼るかということにならざるを得ないので止めた次第です。大体、日本の代理店が機芸出版社(鉄道模型趣味を出しているところ)なので拡販なんてまったく考えていないんでしょうね。ポポさんあたりに変わってもらって、トミックス並みに入手しやすくなれば良いのですけど、夢のまた夢ですね。
それにしても、大佐さまのPECOでまとめられたレイアウト、イイですね、綺麗ですね。憧れちゃいますね。

投稿: 管理局長 | 2014年12月 2日 (火) 12時17分

ポイントの問題ですね!!

自分はTOMIXのレールとポイントは使用したことがないので何とも言えませんが、友人の話ではあまりよくないと聞きました。

モジュールレイアウトを作成してますが、ポイントは悩みました。
レイアウトのスペースの都合でどうしてもカーブポイントを使用したい。その時点でカーブポイントのないKATOは選択から外れます。

残りはTOMIXとPECO。

試しに1本PECOのカーブポイントを購入しました。

色々と試してみて問題がなかったのでた導入を決定。

ポイント以外もPECOのフレキを使用する事にもしました。

PECOの欠点は、高価な事と配線が手間な事とでしょうか??

後は、取り扱ってる店舗が少なく気軽に購入出来ないことですね。

投稿: 大佐 | 2014年12月 1日 (月) 14時08分

8001レさま
固定式レイアウトにはやっぱりPECOが合うみたいですね。道床付きは構造上どうにもならないみたいですね。
先日、PECOのポイントを試しに1つ買ってみたんです。中型ポイントをトミックスのポイントの上に重ねると大体同じような分岐形状なので、交換可能と判断しました。ただ、ポイントを消耗品と考えるならば、いつでも交換できるようにしておく、という考え方は大正解だと思います。8001レ様のご意見のとおり、私もポイント付近のジョイントは一部可動式としておりましたが、少しツメが甘くポイント取り外しに難儀してしまいました。レンタルレイアウトのポイントの寿命がそんなに短いとは思ってもみませんでした。わかっていれば最初からPECOを使っていたでしょうね。ということで、私の気持ちはPECOに交換、という方向に傾き始めております。

投稿: 管理局長 | 2014年12月 1日 (月) 12時16分

ご無沙汰しております。

ワタシの経験上では耐久性において多少の差違はあれどTOMIXもKATOも長期間は使えなかったです。
使用頻度はともかくとして、レール下にスイッチなどの接点が存在する以上、スパーク汚れ等の通電不良に始まりコイル線の断線による不動などのトラブルと常に隣り合わせであり悩ましいところです。

ワタシの活動圏内にはかつて数店舗のレンタルレイアウトが存在しましたが、現在頑張っておられるのは2店舗程になってしまいました。
あるオーナーさんに伺ったところ、商業ベースとして"ちゃんと走ること"を大前提として、バラストは撒かずに交換出来るようにしているとのこと。
実際、KATOのレールで統一されており、ポイント周辺はレール交換が出来るよう一工夫されていました。
これはユニジョイナーを使用せずフレキ用のジョイナーを使用し、片側のレールにジョイナーがスライド出来るよう加工してありました。

頻度にもよりますが駅の本線、副本線の振り分けなどのポイントは半年ももたないのだとか。
また使用頻度の低いものであっても1年程で怪しくなってくるそうです。
コレは構造上どうしても解決出来ない問題だそうです。

なお、廃業してしまった店舗はそのようなメンテナンスがしっかり出来ておらず「このポイントは使えないんです」と説明されて放置状態。脱線多発で利用することは以降なくなり、他のユーザーも離れたと考えられます。

ストレスなく運転出来ないレイアウトというのはやはり良くないという例だと思います。

逆にPECOのポイントというのはどうかと言えば、レール同士がバネで押し付けられる構造でレール自体が接点を兼ねているので非常にシンプルです。
また動力機構を別に用意する必要がありますが、裏を返せば動力機構のみを交換出来る仕組みが確立出来れば線路が磨耗しない限り永久に使用できるとも言えます。

配線がやや難しくはなりますが一度組んでしまえばレールの接点箇所のメンテで末長く遊べますので、ワタシはPECOのポイントを使用しています。
会社の先輩(まもなく定年)が高校生の時に買ったPECOのポイントが未だに現役で使えているという信頼性の高さが何よりの魅力と言えます。

結論としては固定式レイアウトにおいてはPECO製品がオススメではないかと思われます。

なんだかまるでTOMIXとKATOの製品がまるでよろしくない様に読めてしまいますが、あくまで私8001レの一個人の主観であり、他のユーザーさんが素晴らしいメンテナンスのアイデアをお持ちである可能性は大いにあります。
そもそも道床付レールと固定式レイアウト前提のポイントではその性格も構造上利点もその出発点からして違うのでそれぞれのシチュエーションに応じた選択が模型運転ライフを楽しいものにしてくれると思います。

長々と失礼いたしました。

投稿: 8001レ | 2014年12月 1日 (月) 00時41分

凡人オヤマダさま
はじめまして。
ポイント問題に見事にぶち当たりました!まだ出口は見えません。PECOに総取替えしようか、調子が良いものはそのまま残して一部をPECOに交換するか、素直にトミックスの新品に交換するか・・・。結構難しい問題です。メーカーさんも固定レイアウト用の道床付きポイントを考えてくれればいいのにと思うのですが無理なお願いなのでしょうね。壊れてもすぐ交換できる構造が実現すれば大変喜ばしいのですが、バラストを撒くことを考えるとやはり難しいのだろうと思いますね。やはり各自で工夫するしかないのかという結論に到達してしまうようです。

投稿: 管理局長 | 2014年11月30日 (日) 21時49分

がおう☆さま
はじめまして。こちらこそよろしくお願いいたします。
ポイント不調のイライラは、本当に精神的に良くないですね。私は血圧高めの人間なのでイライラが頂点に達することだけは避けたいのです。日ごろからレイアウトの清掃をしていればよいのでしょうが、製作中ではなかなかそうもいきません。
ポイントはやっぱりPECOのほうが良いのですかね?今私は非常に心が揺れ動いております。

投稿: 管理局長 | 2014年11月30日 (日) 21時42分

初めて投稿させていただきますが、やはりポイント問題でぶち当たりましたか?

うちのブログで情報交換をし合っている方々もポイントの不調に悩まされているという話をいくつも聞きました。

とにかく固定式レイアウト用のポイントは悩みが多いです。
うちの場合はPECOを採用しましたが、それでも実際に運転を開始したときにどれぐらいの耐久性や動作確実性が保障できるのか気になっています。

できることは万が一壊れてもポイントレールを交換しやすい構造を考えることとポイント切り替え機構の簡素化が必須となりそうです。正解はまだ見つかっていません。

投稿: 凡人オヤマダ | 2014年11月30日 (日) 11時12分

初めまして。がおう☆と申します。

私もレイアウトをこれから製作していこうと思っていますが、おっしゃる通りポイントについては大いに悩みました。現在はPECOを使う事に決定しています(イギリスより購入済)。コストは嵩みますが、後の故障時の取り換え作業も金額の内と考えれば、却って安くつくのでは無いかと思っています。ポイント切り替え不調ではレイアウトで運転することも嫌になっては大変ですから(笑)
ゆっくりご検討されるのが良いと思います。

これからもよろしくお願い申し上げます。

投稿: がおう☆ | 2014年11月29日 (土) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/58124183

この記事へのトラックバック一覧です: ポイントについて思うこと:

« サボっているわけではないのですが・・・ | トップページ | あっちも、こっちもだめ・・・ »