« 最近・・・ | トップページ | 無いよりはあったほうがイイ »

2015年1月18日 (日)

ポイント配線工事

年明け1発目のレイアウト工事がこんなに遅い時期になるとは思ってもみませんでした。遅い稼働ですが、ポイントの配線工事を少しだけ行いました。

配線を行う前にポイントマシンの開口を塞ぐ必要があります。
Dsc03845

まず、上の写真のようにトミックスの車両セットの外箱の厚紙で現物合わせで型紙を作ります。ポイントマシンと線路の取り付け位置とロッドの可動範囲に穴を開けます。

Dsc03846

線路に上手くマシンが設置できることを確認します。

Dsc03847

実際にレイアウトに設置してみて、うまく開口部が隠れるか確認します。
ここまでやってプラ板の出番です。

Dsc03848

昔なら、そこらのおもちゃ屋で売っていたはずなんですが、居住地である狭山市ではもう販売している姿を見ることができなくなりました。寂しい限りです。こんなものを買うにも池袋のお店に出向かねばならないという事態を20年前には予想できなかったですね。人口減が進み、ひたすら過疎化が進む狭山市です。私もいつまで暮らしていられることか・・・。でも、家建てちゃったんだよね・・・。
今回使用したのは厚さ0.3ミリのもの。はさみで簡単に切れて、加工がしやすいです。

Dsc03852

駅の右側の3か所の開口養生をした具合。仮閉塞状態ですけど、これでバラストをまいたらもうわからないでしょうね。
では、このポイントの裏側がどうなっているかというと・・・
Dsc03850

こんな感じのポイントマシンが下にくっついています。前回のトミックスのポイントを使用した時と大きく変更となった点は、コンデンサーをレイアウト側に取り付けることにした点です。この写真ではポイントマシンにぶら下がっていますが、もちろんベースボードの下に固定します。こうすることで、ポイント制御盤の裏側が、コンデンサーが減った分すっきりと配線できるはずなんです。前回は、配線の煩雑さに泣かされましたが、今回2か所分のポイント配線を行った限りでは、作業が単純化されたように感じました。私のような電気知識ゼロの人間でも、見様見真似で何とかなるもんです。

今回、駅右側の内・外周線のポイントを電動化しました。試運転の結果も良好です。なんといっても、バチンッ!という切り替え音がいいですね。確実に切り替わっている!というのが実感できます。見かけ倒しのトミックスのポイントの動作の不確実性とは実に対照的です。続けて施工したい気持ちはあるのですが、既存のパーツをばらして再構築するのは結構きつくて、1日2か所程度の施工が私には限界のようです。次の工事はいつになることやら・・・。そういえば、まだポイント設置もすんでいなとところもあったんだよねえ。

ブログ村に参加しておます!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへにほんブログ村にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へにほんブログ村

|

« 最近・・・ | トップページ | 無いよりはあったほうがイイ »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

大佐さま

本当に、やっと進みました。ポイントが無事に切り替わったのを見て救われたような気がします。
開口閉塞の方法は、本当に色々ありますね。0.3ミリのプラ板で、走行中の振動が心配でしたが、特に問題ないようです。
昔の雑誌を見ると、ポイント開口を塞いでいないものが多いですね。初期のレイアウトではどう処理してよいのかわからなかったのかも知れませんね。私の開口はちょっと大きめなので、閉じるのが結構面倒です。しかし取り付けやメンテは楽なのでこれでヨシとしています。

投稿: 管理局長 | 2015年1月19日 (月) 12時25分

進みましたね!

ポイントマシンの設置の為の開口分は、色々な塞ぎ方が有りますね!!

プラバン、コルク道床をカットして塞ぐ等。
中にはそのままって人もいるようです。

投稿: 大佐 | 2015年1月19日 (月) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182716/58626982

この記事へのトラックバック一覧です: ポイント配線工事:

« 最近・・・ | トップページ | 無いよりはあったほうがイイ »